前進と後退
つまり社会の中において、企業とか組織とかの必要性というのは、時代によって要求される中身が当然に変遷していくものであって、その中で新しい順位付けなり、淘汰なりが起きるのは当然の事であって。
で、あるからして、ヴェルディのサポーターとしての僕は、クラブの存続を強く願いつつも、一方で「しかし、社会に必要とされなくなった企業に存在意義はあるのか」と思ってもいた。サポーターという「優良顧客」が熱望する唯一無二の商品を生産する企業が無くなるとすれば、それを悲しむのはごく当たり前なのだけれども、しかしその商品がこの国において、あるいは世界において、すでに陳腐化し、その必要性を消失し、内発的な刷新の可能性をも失っていると看做されたとすれば、果たして救うに足る企業であるのか、と問い直さずにはいられないのも、また当然の事なのではないか。
幸いにしてヴェルディは男子サッカーという唯一の商品だけを販売する企業ではなく、日本一の女子チームや優れた下部組織、他競技を含めた、日本でも特殊なラインナップを持つクラブであったが故に、その必要性を社会に再び認めてもらえたのだと思う。まだこのクラブが「社会にとって必要である」と認めてくれる人がいたという事に僕は率直に安堵した。それは長い時間をかけて蓄積してきた、字義通りの「資産」であって、「財としての人」の重要性を思うと共に、そうした可能性をもたらしてくれた先人達の功績と記憶(あるいはノスタルジー)を、まだ慈しみ、再生の原動力に変える力になりうると看做してくれたのだろうとも思う。
例えば日テレによる経営体制があのままで、この破綻劇が5年遅れて発生していたならば、こうしたチャンスはなかったのかも知れない。そこもまた巡りあわせなのかと思いもする。

とにかくも、ひたすらクラブ存続のために尽力して頂いた関係各位ならびに、新たなスポンサーパートナーや出資者の皆様方には、謹んで感謝と尊敬の意を伝えたく思います。

そうした状況にあって、チームもまた戦いを継続していくわけですが、残念ながら大分には0-1での敗戦。
いくつか持っていた懸念材料が出てきてしまっているのかな、という辺り。
序盤、平本に当てて展開という形から幾本もチャンスを作れていたわけですけれど、そこでなまじチャンスがあったために大分の守勢を強めてしまったというのと、やはり取り切れなかったというのが厳しくなった部分。
前半の大分は不用意なボールロストが多く、ボール運びにもぎこちない部分があり、ヴェルディとしては比較的楽にボールを奪って運ぶ事ができていたわけですが、結果的に大分が早いリトリートを見せるようになり、やはりカウンターをもらわないようにという意識が働いたのか、攻め手が遅くなってしまったな、というのが残念なところ。一方でコンディションも難しくなってきたな、というのも見えてきていて、もちろん、研究されて対応されている部分もあるんだろうけれども、それでもアクションが一歩二歩遅い感じがするし、球際でももう一押しが出せなくなってきていて、運動量が上がらないとゾーンの距離感が悪くなってくるわけだから余計に悪循環になってしまったなと。
後半、先制された後、大分はもう完全にリスクある攻めを放棄したかのような振る舞いで、しかもそこでの成功が(短期的にであれ)自信になっているのが伺える堅実な守りを敷いていて、ちょっと付け込む要素がないな、と思っていました。(多分、先制点以降の大分って、シュート撃ってないんじゃないかな)
そういう要素が絡むと、後はもう、確率の低いプレーになってしまうのは、ある意味仕方が無いんじゃないかと。ワンツーを使う、ピッチを広く使う、運動量を上げていく、それはそれで全部その通りだけども、大分のサイドまで深く引いた堅陣を破るには、単に普段のやり方の延長だけではダメで、何度も動きなおしたり、寄せられた状態でもボールコントロールのところでアイデア出したり、そのアイデアを信じて一歩早く動いたりとか、スタミナやアジリティの部分で高いものが要求されてくる。今のチームスタイルはそういう前提に立って構築されているはずで、十分な運動量が出せなければ、結果的には停滞してしまうのが目に見えているのだから、戦術的な停滞感とコンディショニングの問題は、かなりイコールな関係のように思う。
だから個人のスキルや、選手の入れ替えの影響というよりは、むしろ全体で統一感を出して運動量を上げていけるようにしないと、やっぱり苦しい。それが「可能か?」と聞かれると、今のチームでは「厳しい」というのが現実なんだろうと。でもそこであきらめずに前進していかないと、やっぱりチームとしては進歩が無いわけだから、むしろメンタルの部分はそこに使うべきものだと思う。「気合がないから試合で動けないんだ」とかいうレベルではなく、「試合で動けるように気合を使っとけ」という話。
そういう内容を再確認しなきゃいけないのは、ある意味で後退なんだけど、でもそこを大事にしないと、チームとしては向上できないわけだし。

現実的な勝ち点だけを見れば、昇格の可能性というのは非常に小さくなった。それは認めなきゃならない。もっと厳しい言い方をすると、「来年も今の戦力で継続強化できれば今度こそ昇格を狙える」という考えも甘い。というより、むしろ今年の方が昇格の可能性は高かったかも、ぐらいの話になると思う。積極的な補強が出来ないという事は、現有戦力が敵チームの対応スピードを上回れないと早晩手詰まりになるという事で、まして金銭による選手の繋ぎ止めすら困難な状況では、戦力を上積みするのは容易な話ではない。
ただそれでも、選手達がこのクラブに愛着を持って、自分達の可能性を信じて戦ってくれれば、サポーターはついていけるし、賛同してくれる人々もきっと現れると思う。

とにかく、困難でもやり続け、やり抜くしかない。
与えられた可能性を、今度は自分達で守るしかない。
シーズン最後までやり抜いて、そこに何か残るものがあれば、またそれを大事に育てるチャンスが来年また巡ってくる。
それは、嬉しい事だと、今は思う事にする。
[PR]
# by eixeix | 2010-11-02 01:48 | サッカーとか。
さてと。
かなり長くほったらかしにしてたので、少しは書くかと。せっかく勝った試合の後だし。
しかしスパムコメント増えてきたなぁ。どうにかならないものかと。

この試合までのそれぞれの内容についても少し。個別というよりは全体の印象で。
ようやくチーム的にもスタイルが「手馴れてきた」感じが定着してきていて、それはそれで良いことなんだけれども、一方でちょっと忠実さを欠くとか、雑な部分が出るとか、そういうところが目に付いたりもし始めてるな、というところ。試合結果が凸凹してる感じがするのも、そういう「こぼれた」部分が失点や悪い流れに直結してるからだなぁ、とそういう風にも思う。
これを精神的な問題にだけフォーカスしちゃうとネガティブに映るけど、むしろフィジカルかなぁ。疲労とか細かい故障とかが溜まってきている印象は否めない。層の薄い中で色々とやりくりしていて、それでもチームというかサッカーの質が落ちるどころか、むしろ少しずつ良くなっているというのは非常に驚くべき事だし、それはスタッフの仕事を大いに賞賛すべきだと思うけれども、やっぱりこう、見てるこっちとして心配にもなるところで。
数字上の可能性を追求する事がモチベーションになるのであれば、とにかく最後まで走らせて欲しいと思うし、それに値するだけのサッカーをやっているとも思う。結果の重要性はもちろんだけど、中身を見ていれば、シーズン終盤にかけて、これだけチームが仕上がってきたのだな、という感慨があるし、その中で若い選手が自分達の長所、ストロングポイントを積極的に出して戦えているというのは、やっぱり良いものだな、頑張ってるな、と率直に思うわけで。

岡山戦もそういう流れで、結果としては福田のJ初ゴールで1-0の勝ち。ただ点差以上に内容的には押したゲームだったし、あと1つ2つゴールが見たかったなとも思うけれども、土屋が出場停止の中、復帰した富澤を中心にきちんと守りきれたし、全体としては良かったんじゃないかな。
ボランチが攻守のバランスで良く、アシストになった柴崎のパスもそうなんだけど、やっぱり佐伯がボールを奪ってから、意外と小粋なパス(笑)を見せたりとかしていて、ああ、こういうところもやっぱりクラブの遺伝子なのかなぁ、と思ったり。
高木兄弟は2人してチャンスをいくつも外してしまったので悔しかろうけれど、岡山が非常にしつこくプレス戦を仕掛けてくる中でフィニッシュに顔を出すところまでの仕事が出来ていたのは評価すべきかな。
河野も平本も菊岡も、もう少しコンディションあげて欲しいかな、ぐらい。和田と高橋は雑っぽいしミスも目に付くが、必死に食らいつく感じが揺らいでないので、まあ大丈夫だろうと思っている。福田は攻撃参加多かったし、それが結果に結びついたのも良かったけど、前線4枚が非常に流動的にポジションを変えていく中で、上手く絡んでいけてるのは、練習の賜物だなぁ、やっぱトレーニングは嘘をつかないなぁ、という感想。飯尾と土肥についてはいつも通り、ちゃんとタスクをこなしましたね、という。
岡山は非常に頑張ってプレスをかけてきていたけど、率直に言ってあれはどうなのだろう?と。いや頑張ってるけど、頑張りすぎというか、「寄せる・ボールを奪う」という意識はすごく重要でそこで奪って攻撃への切り替えを速くしていくのが常道なのもその通りなんだけど、「奪う」ところへのエネルギーのかけかたが強すぎる感じが最後までしてた。2枚いく必要のないところで2枚寄せて、その間を通されてまた追っかける、とかいう場面が何度もあって、それは恐らく「ヴェルディはパス回しが上手いから寄せを早く」というイメージがあるからなんだろうけど、そこで裏をかかれると脆いな、というような。本当に最後まで、それこそ最終ラインまでしつこく追いかけ回していて、「凄いな」と率直に思う一方で、「それをあきらめてリトリートした方が捕まえやすいんじゃないのかなぁ?」とも思ったり。
ヴェルディの良い時は、だいたいパスとドリブルの使い分けが上手くバランスしていて、常に相手が対処する場合に二択を迫るような状況を作れてる。なぜそうなるかと言えば選手間の距離感が整ってるからで、そうなれば楽につなげる状況をチラつかせながらボールを運べると(ドリブル得意な選手がそれをやってるから効果がある、と言える)。またそれが可能なのは、パスを両サイドまでテンポよくつなぐ中で、割と細かくアングルの修正をしたりとか、サイドバックやボランチがポジション取り直して全体に厚く攻めのゾーンを敷けていたりするからで、要は下がり目で何気なく回してるように見えるパスを、ミス少なく、かつ速いパススピードでやる事にはそういう意義があるんだと。「布石」というか、何本か先までのパスの流れを全体が共有してボールを動かせているかどうかが、割と全体の流れを決めてる感じ。
ただこの試合に関して言うと、そういう「回し」に相手が食いついてくる状況をかいくぐりながらパスつないでフィニッシュまで行けてたので、段々選手達がそこに拘っちゃうというか、あまりにプレス掛けられてはそれを抜く、みたいなのを繰り返して楽しくなっちゃったのか、やや中に中に、という状況が出てきちゃったのは残念。和田や福田が顔を出しても使い切れないとかね。もったいないなと。
岡山もスキルのある選手、小林や喜山もそうだし、途中から出てきた千明なんかもそうだけど、そういう辺りが使いきれてないという感じがしたのはもったいないかなー。

まあ、反省材料もそれなりに出る試合だったけど、にしても勝ちきるな、強いな、とも思わせた。俊幸のFKは良いな。若いのにたいしたもんだと思う。ちょっとオフサイドへの引っかかり方がワンパターンな感じがしたので、FWの時はもっと動き直しに細工が欲しいかなぁ。最終ラインとパスの出し手を見ながらのサイドステップとか工夫すれば良いのに。ていうか親父からリードの仕方とか習った方が良いかもね(笑)。

だいたいそのような感想。

そろそろ秋めいてきたけれど、とにかくできることを、最後まで。
[PR]
# by eixeix | 2010-10-16 23:35 | サッカーとか。
日々育つ緑。
と、いうような感じでしょうか。
FC岐阜戦。気温は夜7時をまわってなお30度を越え、風はなく、べっとりとした湿気が西が丘を覆うという、まあ、今年のいつもどおりのコンディションというか。
部分的には苦労した印象もあるんですけど、終わってみれば2-0で勝利。途中出場した阿部の2ゴールで久々の2点差勝ちに冨樫くんがドヤ顔ですマジで。
さて。
前半最初から良い出足でした。前節の負けを引きずる雰囲気はまるでなく、スッといつものリズムで入っていけるところに、今年のチームの統一感を感じます。飯尾がキレてましたね。ちょっと怖いぐらいに。
ただビッグチャンスを立て続けに決められずに、少し向うがリズムに慣れてしまうと、こちらもちょっとペースが落ちてしまうという。難しいところですが。ただ全体に、守備の距離感がズレる場面はほとんど見られず、高さを使われる部分で落とされた後の処理を間違えなければ、まあそこまで危険な事にはならないのかな、という印象でずっと見ていました。
先発の左サイドバックに吉田ではなく高橋を起用したのが変化のあるところでした。岐阜は大型選手の多いチームで、特に右サイドのMF西川、SB新井どちらもサイズがあると。その辺も恐らくは意識した起用だったのではないかな、と思います。本人的にもまずまずだったんじゃないのかな。決定的に悪い部分はなかったですかね。攻めの部分ではもう一工夫欲しかったとも感じましたが。
菊岡は故障かな?次男が先発でしたが、開いてボールを受けて欲しいようなところで、駆け引きの中で狭いところに入っちゃう場面がいくつか見られて、そこはもうちょっとシンプルな形でボールに絡んであげると、みんなラクになるのにな、と思うようなところがありました。まあ、点取りたいんでしょうから、悪いとまでは言えないんですけど、今回の岐阜のように、忠実にしっかり付いてくる相手にはやや無理があった気がします。
岐阜は前に大型選手もいますが、雑に蹴ってくるような事はあまりなく、しっかりと狙いを持った攻めをしてくるな、という印象。攻めも守りも真面目だな、というか。ただ精度の部分では少しズレたりして、こちらとしては助かってた部分もあるかな。
そういう内容の中で、やはり攻めてる時間帯に先制点を決めきれないと苦労するのは当然、という感じでした。0-0の予感が競技場に漂いだす中で、しかし途中出場の阿部が縦への速さと積極性をゴールに結びつけたのは、当然ですが、非常に大きかったな、と。でも、やっぱり偶発的なものじゃなく、中央に寄せて、さらにサイドまで意識させた上でのミドルという先制点の形は、ヴェルディがこの数試合、ハッキリと意識して作ってきている形が出たものと見えます。
つまりそういう一貫性、統一感が、このチームには整備されつつあり、それは昨年とは明瞭に違う点であると、そう断言して良いと思うわけですね。バウルなんかも言及してましたけど。
まあ、勝ち点とか経営体制とか、色々と目や耳に入るものもあるんですけども、ひとまずしっかりと結果出して、後のことは後のこと、という感じでひとつ、最後まで頑張ってやりきって欲しいと思います。

追記
ベレーザの試合は最後の方だけ。文字通りの猛暑の中で、ちょっと見たことないぐらい走れない、ミスが多いベレーザを見てしまって、何かこう、非常に居た堪れない気持ちになりました。
コンディション的に難しいのは当然ながらも、やはり開催形式についてもうちょっと考えたらいいのに、と思わざるを得ないですよね。
ユースは東京都サッカートーナメント(兼天皇杯東京都予選)決勝にて横河武蔵野FCと対戦。延長の末、2-1で勝利し、天皇杯出場権を得たとの事。すげえなあ、とひたすらに感嘆。横河はなかなか天皇杯に縁がなく、そういう意味では非常に悔しい敗戦だろうと思いますが、やっぱりこういうのは、勢いもあるのかなぁ。逞しいよね。
天皇杯1回戦は駒澤大学と。関東大学屈指の肉弾派チームですが、さて、どうなりますやら。

追記2
それにしても、ザックが来ちゃうとか・・・。
[PR]
# by eixeix | 2010-08-31 21:43 | サッカーとか。