<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
これもまた前進。
と、捉えるよりないかな、というのがジェフ戦の感想。

負けたゲーム、殊にそれが大事なゲームで、かつ逆転負けとくれば、それはチームの現状に対して批判的になっても仕方がない部分はあるかと。
ただ一方で、今のチームに対する評価の基準をどこに置くのか、というのは、やっぱ考えなきゃいけないところでもあるのだろうとも思うわけで。
フォーメーション的な問題、選手交代を含めた采配面、選手のプレーの質など、どこが良かったのか、あるいは悪かったのか、というのを判断するにあたって、その観点については、やっぱりシーズン当初から見てきているわけだから、それぞれの段階を踏まえた上で比較して、良く知っているはずの選手達の現在地について「あれも出来てない、これも出来てない」という減点していく形での評価は、率直に言えばフェアじゃないかな、と思えるのでちょっと差し控えてしまうところがあるんだな、と自分では思う。
もっと砕けて言えば、シーズン頭に昇格の可能性であるとか、あるいは昇格争いに終盤まで絡むであるとか、そういうシーズンを期待はしても、信じてはいなかったな、という自分に対して省みるところがあるからで。
ゲームを見ながら選手個別に「出来が悪い」とか、「期待以下である」とか、「伸び悩んでる」とか、そう感じる事はある。率直にそれはあるけれども、じゃあ一方で「そうは言うけど、現状のプレーをシーズン当初の段階で期待していたか、予想していたか」と自分に問う部分があって、疲労の部分、戦いながらもがいてる部分、脱皮しようと試行錯誤しているであろう部分を無視して「ダメだ」と選手や監督を切ってしまうことは、それはやっぱこう、卑怯な感じがしてしまうわけだ。
プロは結果がすべてと、少なくとも選手達はそれを肝に銘じてやってるであろうと(サポーター個人としての僕はそうは思ってないとしても)。ただ相手のある戦いなのだから、現状の目一杯が通じないことだってある。失敗も、ミスも、間違いもある。あると認めた上で、それはそれで成長の糧とする他はなく、そうした「糧」を許容する事が出来るかどうかは、実はサポーターもシーズン当初には己に問うていた部分ではなかろうか、とも思うわけで。

してみるとこのジェフ戦というのは、ある意味で自分達なりの戦いをやり、通用した部分と通用しなかった部分があり、やっぱり通用していなかった部分、それはひょっとしたらシーズン前から潜在的に抱えていたかも知れない部分において足りていなかったとするならば、ぶっちゃけてしまえば「しょうがない」と受け入れる以外に何かあるんだろうか?と思ってしまったわけだ。

前半、少し飛ばしているかな、と思えた。先制した形は、ある意味で今シーズン磨いてきたスタイルをストレートに出せた。文句を言わせない形でゴールを奪った。そこは十分な評価をされて然るべきだと思う。けれども、ハーフタイムにちょっと嫌な感じがしていたのも事実で、「バランスが悪いな。最後まで持つかな」というところがあった。攻勢を押さえ込む一方で、ジェフの、特に最終ラインとボランチは経験も豊富で技術もあるタフな面子であり、特に両サイドバックに対するケアによる中盤への負荷は非常に大きかったのがハッキリしていたからで。さらに選手のコンディションにも不安感があり、結局、2列目を総取っ替えするしか采配の手がなかったのも現実だと思う。
後半、長めのボールをシンプルかつ積極的に使い、詰められてもサイドチェンジをしながら、球際を強くセカンドボールに執着するスタイルでジェフは押し上げてきた。J2にはそういうチームがいくらもあるし、それが珍しいわけでもないけれど、そこでキープする力、個で押し上げる力では、確かに優位な部分があって、体力勝負に持ち込まれてしまった時にヴェルディの苦しい部分が露呈したとも言える。ジェフのシュート数が多かったわけでもないし、失点シーンはトリックをまぜたセットプレーからと個人技によるミドル。ただそれをあの場面で「出す」力があるところに、つまり選手の経験とクオリティの差があるんだろうと思う(ただそのクオリティを集約して出す力があれば、ジェフはもっと有利な立場でシーズンを過ごせたはずだとも思うが)。
必然の負けとまでは思わないし、もう少し運があれば、と思う部分もないではない。が、一方で後半になってもミスを極力出さなかったジェフの守備中央ブロックに対して抗するほどの個力が出せなかったのも事実で、そこは本当に采配や選手の配置で対抗できたかと言えば、正直、疑問符が付く。
確かに「べき論」を積み上げていく、ないし色んな希望的観測を加える事も可能だろうけれど、「もっと出来るはずだ」という言葉を言おうとすると、「本当にそこまで期待してたか?」という反問も返ってくる。そういう意味で、今シーズンの選手達は、僕の予想以上の戦いをしてくれたと思っている。
満足もしていないし、残念でないとも思わないし、厳しい言葉を言いたい思いもたくさんあるにせよ、少なくともこの内容と結果を許容する事は出来る。
ただ、もっと限界を引き上げる事は十分に可能だと断言できるし、そうしたトレーニングをしていくためには、選手の努力や監督の努力だけでは、やっぱり不足してるのかな。環境やスタッフも含めて、もう少し工夫して整えてあげる事は出来るんじゃないかな、などとぼんやり試合後に思ったりもした。

たくさんのお客さんが見に来てくれて、この試合のヴェルディをどう評価してくれたかも分からないけれど、前半、得点が入ったあの瞬間の興奮とか、負けた時のあの悔しさとか、それでも「頑張れ」と声をかけてやりたくなる気持ちとか、そういうものを少しでも共有できた人がいたとしたら、それはひとつの、チームとしての、クラブとしての小さな前進であろうと。
とりあえず、数字上の可能性は残っているので、そこをモチベーションに最後までやり切って欲しいと思う。
[PR]
by eixeix | 2010-11-16 00:00 | サッカーとか。
前進と後退
つまり社会の中において、企業とか組織とかの必要性というのは、時代によって要求される中身が当然に変遷していくものであって、その中で新しい順位付けなり、淘汰なりが起きるのは当然の事であって。
で、あるからして、ヴェルディのサポーターとしての僕は、クラブの存続を強く願いつつも、一方で「しかし、社会に必要とされなくなった企業に存在意義はあるのか」と思ってもいた。サポーターという「優良顧客」が熱望する唯一無二の商品を生産する企業が無くなるとすれば、それを悲しむのはごく当たり前なのだけれども、しかしその商品がこの国において、あるいは世界において、すでに陳腐化し、その必要性を消失し、内発的な刷新の可能性をも失っていると看做されたとすれば、果たして救うに足る企業であるのか、と問い直さずにはいられないのも、また当然の事なのではないか。
幸いにしてヴェルディは男子サッカーという唯一の商品だけを販売する企業ではなく、日本一の女子チームや優れた下部組織、他競技を含めた、日本でも特殊なラインナップを持つクラブであったが故に、その必要性を社会に再び認めてもらえたのだと思う。まだこのクラブが「社会にとって必要である」と認めてくれる人がいたという事に僕は率直に安堵した。それは長い時間をかけて蓄積してきた、字義通りの「資産」であって、「財としての人」の重要性を思うと共に、そうした可能性をもたらしてくれた先人達の功績と記憶(あるいはノスタルジー)を、まだ慈しみ、再生の原動力に変える力になりうると看做してくれたのだろうとも思う。
例えば日テレによる経営体制があのままで、この破綻劇が5年遅れて発生していたならば、こうしたチャンスはなかったのかも知れない。そこもまた巡りあわせなのかと思いもする。

とにかくも、ひたすらクラブ存続のために尽力して頂いた関係各位ならびに、新たなスポンサーパートナーや出資者の皆様方には、謹んで感謝と尊敬の意を伝えたく思います。

そうした状況にあって、チームもまた戦いを継続していくわけですが、残念ながら大分には0-1での敗戦。
いくつか持っていた懸念材料が出てきてしまっているのかな、という辺り。
序盤、平本に当てて展開という形から幾本もチャンスを作れていたわけですけれど、そこでなまじチャンスがあったために大分の守勢を強めてしまったというのと、やはり取り切れなかったというのが厳しくなった部分。
前半の大分は不用意なボールロストが多く、ボール運びにもぎこちない部分があり、ヴェルディとしては比較的楽にボールを奪って運ぶ事ができていたわけですが、結果的に大分が早いリトリートを見せるようになり、やはりカウンターをもらわないようにという意識が働いたのか、攻め手が遅くなってしまったな、というのが残念なところ。一方でコンディションも難しくなってきたな、というのも見えてきていて、もちろん、研究されて対応されている部分もあるんだろうけれども、それでもアクションが一歩二歩遅い感じがするし、球際でももう一押しが出せなくなってきていて、運動量が上がらないとゾーンの距離感が悪くなってくるわけだから余計に悪循環になってしまったなと。
後半、先制された後、大分はもう完全にリスクある攻めを放棄したかのような振る舞いで、しかもそこでの成功が(短期的にであれ)自信になっているのが伺える堅実な守りを敷いていて、ちょっと付け込む要素がないな、と思っていました。(多分、先制点以降の大分って、シュート撃ってないんじゃないかな)
そういう要素が絡むと、後はもう、確率の低いプレーになってしまうのは、ある意味仕方が無いんじゃないかと。ワンツーを使う、ピッチを広く使う、運動量を上げていく、それはそれで全部その通りだけども、大分のサイドまで深く引いた堅陣を破るには、単に普段のやり方の延長だけではダメで、何度も動きなおしたり、寄せられた状態でもボールコントロールのところでアイデア出したり、そのアイデアを信じて一歩早く動いたりとか、スタミナやアジリティの部分で高いものが要求されてくる。今のチームスタイルはそういう前提に立って構築されているはずで、十分な運動量が出せなければ、結果的には停滞してしまうのが目に見えているのだから、戦術的な停滞感とコンディショニングの問題は、かなりイコールな関係のように思う。
だから個人のスキルや、選手の入れ替えの影響というよりは、むしろ全体で統一感を出して運動量を上げていけるようにしないと、やっぱり苦しい。それが「可能か?」と聞かれると、今のチームでは「厳しい」というのが現実なんだろうと。でもそこであきらめずに前進していかないと、やっぱりチームとしては進歩が無いわけだから、むしろメンタルの部分はそこに使うべきものだと思う。「気合がないから試合で動けないんだ」とかいうレベルではなく、「試合で動けるように気合を使っとけ」という話。
そういう内容を再確認しなきゃいけないのは、ある意味で後退なんだけど、でもそこを大事にしないと、チームとしては向上できないわけだし。

現実的な勝ち点だけを見れば、昇格の可能性というのは非常に小さくなった。それは認めなきゃならない。もっと厳しい言い方をすると、「来年も今の戦力で継続強化できれば今度こそ昇格を狙える」という考えも甘い。というより、むしろ今年の方が昇格の可能性は高かったかも、ぐらいの話になると思う。積極的な補強が出来ないという事は、現有戦力が敵チームの対応スピードを上回れないと早晩手詰まりになるという事で、まして金銭による選手の繋ぎ止めすら困難な状況では、戦力を上積みするのは容易な話ではない。
ただそれでも、選手達がこのクラブに愛着を持って、自分達の可能性を信じて戦ってくれれば、サポーターはついていけるし、賛同してくれる人々もきっと現れると思う。

とにかく、困難でもやり続け、やり抜くしかない。
与えられた可能性を、今度は自分達で守るしかない。
シーズン最後までやり抜いて、そこに何か残るものがあれば、またそれを大事に育てるチャンスが来年また巡ってくる。
それは、嬉しい事だと、今は思う事にする。
[PR]
by eixeix | 2010-11-02 01:48 | サッカーとか。