<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
さてと。
かなり長くほったらかしにしてたので、少しは書くかと。せっかく勝った試合の後だし。
しかしスパムコメント増えてきたなぁ。どうにかならないものかと。

この試合までのそれぞれの内容についても少し。個別というよりは全体の印象で。
ようやくチーム的にもスタイルが「手馴れてきた」感じが定着してきていて、それはそれで良いことなんだけれども、一方でちょっと忠実さを欠くとか、雑な部分が出るとか、そういうところが目に付いたりもし始めてるな、というところ。試合結果が凸凹してる感じがするのも、そういう「こぼれた」部分が失点や悪い流れに直結してるからだなぁ、とそういう風にも思う。
これを精神的な問題にだけフォーカスしちゃうとネガティブに映るけど、むしろフィジカルかなぁ。疲労とか細かい故障とかが溜まってきている印象は否めない。層の薄い中で色々とやりくりしていて、それでもチームというかサッカーの質が落ちるどころか、むしろ少しずつ良くなっているというのは非常に驚くべき事だし、それはスタッフの仕事を大いに賞賛すべきだと思うけれども、やっぱりこう、見てるこっちとして心配にもなるところで。
数字上の可能性を追求する事がモチベーションになるのであれば、とにかく最後まで走らせて欲しいと思うし、それに値するだけのサッカーをやっているとも思う。結果の重要性はもちろんだけど、中身を見ていれば、シーズン終盤にかけて、これだけチームが仕上がってきたのだな、という感慨があるし、その中で若い選手が自分達の長所、ストロングポイントを積極的に出して戦えているというのは、やっぱり良いものだな、頑張ってるな、と率直に思うわけで。

岡山戦もそういう流れで、結果としては福田のJ初ゴールで1-0の勝ち。ただ点差以上に内容的には押したゲームだったし、あと1つ2つゴールが見たかったなとも思うけれども、土屋が出場停止の中、復帰した富澤を中心にきちんと守りきれたし、全体としては良かったんじゃないかな。
ボランチが攻守のバランスで良く、アシストになった柴崎のパスもそうなんだけど、やっぱり佐伯がボールを奪ってから、意外と小粋なパス(笑)を見せたりとかしていて、ああ、こういうところもやっぱりクラブの遺伝子なのかなぁ、と思ったり。
高木兄弟は2人してチャンスをいくつも外してしまったので悔しかろうけれど、岡山が非常にしつこくプレス戦を仕掛けてくる中でフィニッシュに顔を出すところまでの仕事が出来ていたのは評価すべきかな。
河野も平本も菊岡も、もう少しコンディションあげて欲しいかな、ぐらい。和田と高橋は雑っぽいしミスも目に付くが、必死に食らいつく感じが揺らいでないので、まあ大丈夫だろうと思っている。福田は攻撃参加多かったし、それが結果に結びついたのも良かったけど、前線4枚が非常に流動的にポジションを変えていく中で、上手く絡んでいけてるのは、練習の賜物だなぁ、やっぱトレーニングは嘘をつかないなぁ、という感想。飯尾と土肥についてはいつも通り、ちゃんとタスクをこなしましたね、という。
岡山は非常に頑張ってプレスをかけてきていたけど、率直に言ってあれはどうなのだろう?と。いや頑張ってるけど、頑張りすぎというか、「寄せる・ボールを奪う」という意識はすごく重要でそこで奪って攻撃への切り替えを速くしていくのが常道なのもその通りなんだけど、「奪う」ところへのエネルギーのかけかたが強すぎる感じが最後までしてた。2枚いく必要のないところで2枚寄せて、その間を通されてまた追っかける、とかいう場面が何度もあって、それは恐らく「ヴェルディはパス回しが上手いから寄せを早く」というイメージがあるからなんだろうけど、そこで裏をかかれると脆いな、というような。本当に最後まで、それこそ最終ラインまでしつこく追いかけ回していて、「凄いな」と率直に思う一方で、「それをあきらめてリトリートした方が捕まえやすいんじゃないのかなぁ?」とも思ったり。
ヴェルディの良い時は、だいたいパスとドリブルの使い分けが上手くバランスしていて、常に相手が対処する場合に二択を迫るような状況を作れてる。なぜそうなるかと言えば選手間の距離感が整ってるからで、そうなれば楽につなげる状況をチラつかせながらボールを運べると(ドリブル得意な選手がそれをやってるから効果がある、と言える)。またそれが可能なのは、パスを両サイドまでテンポよくつなぐ中で、割と細かくアングルの修正をしたりとか、サイドバックやボランチがポジション取り直して全体に厚く攻めのゾーンを敷けていたりするからで、要は下がり目で何気なく回してるように見えるパスを、ミス少なく、かつ速いパススピードでやる事にはそういう意義があるんだと。「布石」というか、何本か先までのパスの流れを全体が共有してボールを動かせているかどうかが、割と全体の流れを決めてる感じ。
ただこの試合に関して言うと、そういう「回し」に相手が食いついてくる状況をかいくぐりながらパスつないでフィニッシュまで行けてたので、段々選手達がそこに拘っちゃうというか、あまりにプレス掛けられてはそれを抜く、みたいなのを繰り返して楽しくなっちゃったのか、やや中に中に、という状況が出てきちゃったのは残念。和田や福田が顔を出しても使い切れないとかね。もったいないなと。
岡山もスキルのある選手、小林や喜山もそうだし、途中から出てきた千明なんかもそうだけど、そういう辺りが使いきれてないという感じがしたのはもったいないかなー。

まあ、反省材料もそれなりに出る試合だったけど、にしても勝ちきるな、強いな、とも思わせた。俊幸のFKは良いな。若いのにたいしたもんだと思う。ちょっとオフサイドへの引っかかり方がワンパターンな感じがしたので、FWの時はもっと動き直しに細工が欲しいかなぁ。最終ラインとパスの出し手を見ながらのサイドステップとか工夫すれば良いのに。ていうか親父からリードの仕方とか習った方が良いかもね(笑)。

だいたいそのような感想。

そろそろ秋めいてきたけれど、とにかくできることを、最後まで。
[PR]
by eixeix | 2010-10-16 23:35 | サッカーとか。