<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
なんだそーか
もう試合の日なのかと今さら言ってみる。

札幌戦について。

「内容で圧倒されていた。負け試合だった」というのは、やや言葉が足りないかなと。
つまり「攻める」部分では何も出来てなくて、それは個別のミスやらピッチコンディションやら風やらという問題はあるにしても、そういう状況に対応できずに、ゲームを単調に難しくしてしまった結果、相手のプレッシングのリズムが良くなるようなボールの動かし方になってしまっていて、それはダメだよなー、と。
一方で守備面では、「攻められて」はいるけど、「崩されて」はいないかな、というか。結局、常に人数は足りてたし。センターラインをガッツリと外国人選手で固めた編成とはいえ、札幌も若い選手がそれなりに多くて、色々とボールを動かしてはいるわけですけど、結局、最後のところで外人しか見てないような。どんだけ回しても、ターゲットとしてのクライトンとキリノに入れてくるところがミエミエではあるので、そこでズレなきゃそう簡単に点取られるものでもなかろうな、と思ってました。はい。実際のところ、札幌があれだけ見た目にポゼスしてたにも関わらず、打ったシュートは8本だけだもの。風強い前半にボール握ってミドルをばんすか打ってくるかと思いきや、そういうんでもなかったし。ヴェルディとは別の意味で単調な攻め。
まあでも、ヴェルディが点取ったのは、ツキがあったっていえばその通りなんで。
林がダニルソンに押さえ込まれてたのが大きかったのはあるけどもね。それ以上は特に。
でもヴェルディの得点につながる前の場面で、ダニルソンのところでボールがルーズになった瞬間を狙ってつつきに行き、そこから反転してフィニッシュまで決めた大黒スゲエ、とは思います。つか、なんだかんだで、最近、得点シーン前に柴崎が絡むの増えたなぁ。
富澤が退場になったとはいえ、失点してから外人あしらいの上手い菅原を投入して河村リベロの3バックてのは、説得力がありますね。面白いオプションだと思います。どうなるか。
個別の評価は「ダメだろ全部」ぐらいの感じですが、面白かったので良しとします。
勝ちへの執念、てな話をしましたが、ま、そういうものに乗れるだけのものを、少しは見せたかなーと。
ただ大黒1人がそこで頑張ってもアレなんで、他の奴らも頑張りましょう。
[PR]
by eixeix | 2009-05-28 01:36 | サッカーとか。
塩豚丼うめぇwwwwwwwww
ぐらいな試合の感想。
ファジアーノの保坂と小野が並んだ中盤に喜山が加わったり三原が入ってきたりすると、ちょっと涙腺に来そうな30代の夕暮れ、みたいな感じですよ。
まあ、あれですよ。こういう勝ちにも意味はあるってことですよ。たぶん。

という反応なのは、試合の出来、を云々して良いものなのかどうなのか、正直なところ、少し輪郭がボヤっとしてるんですよ。まあ、ハッキリ言うと飲んでたからなんですけどね。

前節と同じスタメンながら、2試合目で富所と那須川がそれぞれ少しだけプレーのクオリティを上げてたという印象があり(相手の問題があるにしても)、その部分では半歩前進、とは思います。
守備の立ち方の話とか色々あったけど、まあいいや。
林は点取ることに対する欲求が素直でよろしい。大黒さんを見て色々と学ぶことです。大黒さんの3点目は余りにも天才過ぎるので「素晴らしい」の一言にとどめます。
晃誠はどうなんだろね。これ以上の怪我人は本当に勘弁して欲しいところですが。
結果的に藤田を45分もボランチとしてやらせたのは、今後を考えれば収穫。守備の強さ、展開の大きさは見るべきものがありますね。色々と足りない部分はあるとしても、そこはこれから積み上げればモノになるな、という感じ。

ただなー、と。まだ少し「薄い」。「背骨が細い」というか。「若い」というのではない。
まだ、そこまで「勢い」や「結束力」が前面に出てる感じではないんで。
「何となく良くなってる」のは確かですけどね。そういうもどかしさを感じます。

次の札幌に勝てると、本気で上が見えてきます。
だからこそ、ここですんなり力負けして、「まだいいや」って感じでは困る。
そこは嫌だと。厳しさが出て来ないと。もっともっと、ね。
2007年のチームは、確かに選手の質は高かったけれども、それ以上に結束力と、飢えにも似た勝利への執念があったんで。
今のチームにも、食らいつくような、岩盤に爪立ててでも進むような、そういう雰囲気が出てきて欲しいんで。

そういうもんを見せて下さい。
[PR]
by eixeix | 2009-05-22 00:10 | サッカーとか。
今週のtoto(主にminiBIG)
何だよ!磐田が川崎に勝ってりゃ1等(約90万円)かよ!!!(血涙)
あーもう、ヴェルディも民主党も豚インフルもどうでも良いよマジで。

なんて事は言いません。ほんとです。大人ですから。頑張れば稼げる金額ですから。
ほんとですってば。ちなみに2等は2万円ぐらいです。

ヴェルディはホームでアビスパ福岡と対戦。
しかしレアンドロが再び離脱しくさった上にバウルまで戻れず、富所と那須川を先発に起用。
おいおい。スタメンにルーキー5人とか。色々凄いな。
福岡もメンバー入れ替えてきてますね。ジャンボ大久保が先発してたら飯田を頭から使ってたのかなぁ。
どうなんだろ。

ともあれ。
一進一退、というのにはやや憚られる感じのある停滞感を醸し出した試合でしたが、まあ6:4ぐらいで勝ち目あったような気もしますけども、内容なりのスコアレスドローという。
福岡は田中佑昌のラン・高橋の上手さと、鈴木惇の賢さなど個別には目立ちましたけども、それ以上の際立ってどうこうという感じでもなく。
ヴェルディはヴェルディで、攻めに出たときにタメが少ないとか、一本調子で中盤が良い角度をつけられないとか、そこをムリヤリ個人技でチャンスにしてみても、だから何よ?みたいなそういう展開。あの流れでもそこそこ決定機を作れるのは、まあそれなりにチームが進歩している証拠かもしれませんが。
個別にいくつか。
レアンドロがいないことで、何だか滝澤の存在感が増した気がしますが、多分気のせいでしょう(いやそれはひどい)。まあ、後ろにいるのが「純正左サイドバック」である那須川なんで、そういう意味では中に入る時の距離感とか連携とか整ってくると、滝澤自身は選択肢が増えてくるのかなぁ、とか。お互いにやりやすいポイントは分かってそう。質は伴ってないけど。
那須川を90分じっくり見れたのは、まあまあ収穫。ディフェンスでの距離感は悪くないかな。立ち方は良いし。そこは本職っぽい。ただ慎重っていうか、抑えすぎな感じはしました。あと、攻撃面での質は物足りなかったなと。意図は分かるけど、精度がなかった感じ。概ね、必要とされる仕事はこなせたかと思いますが。
余談ですけども、サイドバックに向かってすぐに「寄せろよ!」とか「潰せよ!」って叫んじゃう人は何なんでしょうかね。いやそこ、状況によるけど、ボランチのカバー期待できない局面で飛び込むのは単に頭悪いだけだろうと。抜かれたらセンターバック前で2対1か3対2を作られるんですけども。ちょっと萎えたりしますよね、そうゆうのはやはり。
富所は、彼なりに良くファイトしていて、持ってるもんを出そうという意識は感じたんだけど、やっぱり「良い時間」はまだまだ少なかったかな。ドリブルやパスの、個別のプレーには良い部分もあったけども、プレーの判断スピードとかはまだ全然、という感じだし。前半はちょっとお客さんだったかと。後半、短い時間だけど吹っ切れたようなプレーを見せて、それを最初からしっかり続けられれば良いかなーとは思いますが。
全体に停滞がちな基調の中、林と大黒のクオリティはそれなりに維持されてて、まあ点取るだけなら何とかなっていきそうには見えます。選手層の部分でのクォンティティが足りないわけですけども。どーすんだよ。
柴崎が向こうの8番に引っかかって中々行きづらい状況もあった中で、それなりに質を出してるよな。馴染んできたな。軸というにはアレですが、必要な戦力にはなったな、という感じ。
船越は厳しいなぁ・・・。ちょっと。まあ、出し手側の問題もあったですけども。セットプレー時の19番対決の面白さぐらいでしたか。
にしてもひどい風だった。10分おきぐらいに風向き変わってたし。
偶発的な要素で点が入って負ける予感がしてたんで、そういうのがなかったのは良しとしましょう。

話変わって。
次の仕事のタイミングが遅れてるので、少しの合間に滞ってた諸作業をやってたりします。
元々飽きっぽいし無責任なので、そういうのが溜まり易いわけです。だめじゃん。
仕事で大事なのは、始め方より終わり方、と思うわけです。
先日、久々にデスマ案件とかに頼まれて参加したんですけども、徹夜続きの挙句に何も出来上がらない空しさよ。ギャラどうなった。
まあいいや。
大抵、新しい仕事ってのは、良きにつけ悪しきにつけ、それなりにモチベーションもあったりするわけですが、終わりが見えてくるときに、あるいは「終わらせなければいけない」時に、どのようにしてそのクオリティを落とさずに仕上げるか、って事が重要なんだよなぁ、とつくづく思うわけで。

別に民主党の代表代行になった方の事を言ってるわけではありません。

とりあえず、久々に違うプログラミング言語をいじる時間が出来て嬉しかったりします。
[PR]
by eixeix | 2009-05-19 02:49 | サッカーとか。
ゴールデンウィーク
「『GW』って書くと、反射的に「ガンダムウイング」って読んじゃう」って、うちの奥さんが言ってた。

そんな新機動戦記な休日を如何お過ごしだったでしょうか。

仕事のやり残しがあったりしたのですが、PGが休みに入っちゃってどうしようもないからブン投げておくみたいな超投げ遣りな事で本当にごめんなさい。

忌野清志郎が逝ってしまって、何やら呆然とした気持ちになったり。
いや、正直なところ、好きなみゅーじさんで好きなおっさんではあったにしても、そんなに思い入れがあるとは思ってなかったんですよ、実際。アルバムも2枚ぐらいか持ってないし。それも実家に置いてきたし。
なんだけどねぇ。いなくなっちゃうとねぇ。ほんとにねぇ。
夜にやってたスペースシャワーTVの追悼ビデオクリップ集を、風呂上りにたまたまつけたらやってたんで見てたんですけども、そしたら自分でも予期しなかったことに、うっかり涙ぐんでっていうか、完全に泣いてたりするわけです。
すごく歌が上手かったわけでもなく、すごくギターが上手かったわけでもなく、それでもただ清志郎は清志郎であって、その印象は常に強く、心に残っていて。たまにどこかで歌ってるのを見ては、「あはは、おっさん、元気でやってるなぁ」と、それだけでじんわりと嬉しく聞き入っていたりして。自分の好きなことだけやって生きられたら、どんなに楽しかろう、と思う反面、あの人のそういう生き方を周りが認めてたのは、やっぱり音楽性とかメッセージ性とかより先に、きっと人柄だったんだろうなぁ、と思ってみたり。
あの世でも元気でやってるだろうと思うので、特別、悲しいとは思いません。ただ少し、この世が寂しくなってしまったなぁ、と思うだけのことで。

横浜FCとの試合も、すらっと振り返ってみると。
「元気がないなあ」と。ヴェルディじゃなくて横浜FCが。
前半はボールが前に収まらずに、脅威になったのは一番最初と、根占の右サイドキープからマイナス折り返しを打たれたミドルぐらいか。林と大黒の動き出しを止められずにラインがダダ下がりで、そこを巧妙に(っていうか好き勝手に)レアンドロに使われていたなと。滝澤が張り切っていたね。いずれにしても、今のメンツでやる事を考えると、ヴェルディ的にはこれで良いんじゃないでしょうか。問題点、つまり選手の悪い点が出にくい内容だったなと。
確かに土屋が戻って、中央のブロックに安心感が出たことが前への推進力につながったのは事実だと思います。「そんなんでエエんか」とかはこの際ナシの方向で。高橋の左サイドのポジショニングがフワフワしてて怖かったですが、横浜がそこをつけたのは1度か2度。藤田はやっぱり守備の時の立ち方が良いんだろうなぁ。
で、後半。
土屋のコンディションを考慮して岩倉投入したのは良いんですけど、何で岩倉?まあ、相手が横浜FCなんで、精神的な部分での期待値込みだったのかも知れませんけど、じゃあ前節に何で飯田を試したの?ってなるじゃないですか。その辺の評価基準に関する疑問はあるわけです。結局、CBとして入れたはずの岩倉がいきなり難波に裏を取られそうになって、守備ラインを凄くナーバスにしてしまったと。最終的には高橋と中外のポジションを代えてるわけで、CBとして高校生にも劣るっつうなら、土屋のコンディションに不安を抱えてる状態でのベンチ構成がそれで良かったんですか?って疑問も出てくると。終盤の富所投入もそうなんですけど、若い選手の育成も良いけども、ゲームを〆るという前提があるなら、ベンチメンバーの構成から考えた方が良くないですか?どっちにしても飯田と永里入れてれば、そっちの方がずっと状況に柔軟に対応できるんじゃ?と思った次第。
それからもう、繰り返して言ってるんですけどもね。
やっぱり土肥を第1GKから外すべきじゃないのか、と、思うんですが。次は高木でも柴崎でもどっちでも良い。要はGKに対する評価基準を示せよ、という話。
土肥は面に強い、という特徴があって、ビッグセーブがあり、経験が豊富だという事は確かにその通りなわけですよ。ただこれも繰り返しになりますけども、キックの質の低さ、ハイボール処理に対する自信のなさ、何より守備範囲の狭さが、守備ラインが下がりやすくなる大きな原因のひとつなんじゃないですか?と、いう印象はやっぱり拭えない。
この試合での、あの失点シーンと、そこにいたる過程での失態は、そういう土肥の欠点がすべて出ちゃった結果だろと。CKでのボール処理にパンチングを選んだこともそうなんだけど、その前の段階で(富澤の不注意にも言及すべきだとしても)PA前でCBに不用意な弱いパスをした理由は何か、って突き詰めれば、結局、自分のフィード技術に自信がないからでしょ。あるいはその前のタイミングでCBがカブる可能性を考慮してれば、その対応はなかったんじゃないのかと、言われても仕方ないでしょ。
結果として、土屋がいなくなったことで神経質になってた最終ラインの腰がさらに引けてしまった。失点シーンで土肥が肩を落としてしまったことも、チームの雰囲気に悪い影響を与えた。そこは批判されるべき。
勝ったことで一番ホッとしたのは間違いなく土肥だろうけれども、だからといってOKというわけには行かないでしょ。他の選手が自分の欠点を出さないようにプレーしている中で、フィールド上で一番のベテランが誤ったプレーをしたにも関わらず問題視されないとしたら、それは評価基準として正しくない。他のGKがトレーニングしてる意味がなくなるから。そこを認めちゃうのは、チームの前進を阻害する姿勢だと思うわけです。今後の姿勢に注目したいところ。
まあ他にも、途中からレアンドロが規律を守らずに真ん中から左へと流れていくようになって、右サイドの守備バランスが崩れてるとか、そういうのはありますよね。そういう彼の試合中の「波」とか「いい加減さ」をどこまで許容するか、ってのも、ひとつ基準が欲しい。
だけど、中盤が間延びする中で、レアンドロが自分から判断して後ろと前のつなぎに入ってたんだとしたら、それはありうるし、その判断が「ダメ」であるなら、基準はしっかり設けてやらせるべきだし、無理ならベンチワークとしては他に違う判断もあったのでは?という気もします(レアンドロを残したいなら、大黒から井上へのスイッチで、井上を右サイド、レアンドロをトップ下に近い位置での4-5-1シフトを引くとかね)。

でも、やっぱり自分たちの中でいっこずつ解決していかないと。
出来れば勝ち続ける中で進化していけば良いですけどね。
昇格した年よりも、実際の勝ち点では上回ってる。前回のような怒涛の追い上げは無理にしても、焦らずにしっかり改善し続ける事は大事だと思いますよ。
[PR]
by eixeix | 2009-05-07 14:55 | 日常とか。