<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ホーム開幕戦
ということで、ざっくりと感想。
1-2での敗戦は、内容と現時点での力量から考えて妥当なもの。
惜しいと言えば惜しいけれども、惜しくないと言えばまったく惜しくない。そんな具合。

個々に見せられる部分はある。守備面でもそれなりに整理されてるところは垣間見える。高橋が判断やコンタクトの部分で物足りないところは見せたが、それでも評価されるだけの仕事はしていただろう。和田にしても藤田にしても、堂々たるプレーぶりと言っていい。
前半は狙いもきちっと嵌めて、点を取れてもいるわけで、まあ、そんなレベルなのかなぁ、と。
ただ一方で後半、セレッソが前への圧力を強め、プレッシングも最後までこなしていたのと比較すると、やっぱり攻撃に晒される時間が長い中で、消耗するにつれ、プレーの精度がはっきりと落ちていってて、そこが若かったり、あるいは控えで長く試合に出てなかった選手とかの質の部分なのかなぁ、と思う。
レアンドロはどうすべきかなぁ・・・。キープ力はある。単調になりがちな今の攻撃陣の中でアクセントにもなっている。でもパス判断は遅い。シュートも打たない。あれであのポジションを任せるのは厳しい、と思う。意識付けの問題か、前の部分の整理で解決されるのか。
滝澤にしても、キックの質は見るべきものがあるが、攻めにかかるところでは役割が整理されず、後半はただ漂っていただけという印象。サイドバックの若い2人が前へ前へと来るのであるならば、もうちょっと役割を整理すべき。少なくとも4-5-1のやり方で、河野と滝澤を並べて攻撃面で十分な機能性が発揮できるのか?という点は不明瞭だった。河野もゴールシーンはともかく、ドリブルの実効性という辺りで、例えばペナ角あたりで効いていたセレッソの乾などと比べると見劣りする感は否めない。まだ「ドリブルのためのドリブル」になってる感じ。
そうした色々な様相の結果として、大黒に課されているタスクが多すぎる。如何に大黒にゴールを奪うためのプレーに専念させられるかが肝心だと思うが、現状ではポストも守備もボールの引き出しもシュートも何もかにもやらにゃならん、という状況であり、マークを集めすぎている。ここはもう、林の台頭を待つしかないのか。平本はまた違うタイプなわけだし。
いずれにせよ、今の面子で今のやり方のまま、今回のフォーメーションを継続するには、やや無理があるのではないか。
個人的な印象として。
高木監督がきちんと理を詰めてやってるのは理解できる。それは少なくともピッチに出ている。守備から入る、という意識も分かる。ただ普段のトレーニングをあんまり見てないのでどうこう言うのもあれなんだけども、選手の評価基準はどの辺りなのだろな、という興味はある。
大型の選手がセンターラインに揃うセレッソと比較し、ヴェルディのフィールドプレーヤーは総じてサイズでは不利だ。ゾーンで守るセレッソのセットプレーディフェンスにはチラチラと穴が開いていたのだが、結局、そこにつけこめなかった事実は残る。
藤田を見ていて思ったのだが、左右どちらの足でもきちんとフィードできるのは見て取れた。スタミナもあり、精神的にもタフだ。判断力もいい。ただ、左サイドバックの守備としては疑問点もあったし、スピードや抜く技術に恵まれているわけでもない。やはり中央でプレーさせるべき選手なのではないか?土肥がゴールを面で守る力に秀で、リーダーシップを発揮して守備グループをまとめていることは確かだ。しかし一方で、彼のプレーエリアの狭さ、フィードの質の低さが、チームとしての限界を引き下げている印象が強くなってきている。土肥に「頼って」いるために、彼の欠点にチームが引きずられている事も問題視すべきなのではないか。
厳しい見方をすることも出来るが、時期を考えればそれなりに前進のあとが伺える。楽観は難しい情勢だと思うが、もう少し見守っても良いのかな、と思わせるだけの内容は提示しているので、とりあえずまずは、精神的にも、勝利が欲しいなぁ、と思った次第。
[PR]
by eixeix | 2009-03-17 01:47 | サッカーとか。
今日になって
モーニング読んだわけですけど(木曜日にここのブログは読まない。ネタバレするからw)。
アトさんも触れてるんですが、サッカーファン的には一応読んでおります「GIANTKILLING」に関しては、「何か足りない」みたいな感じがどうしてもしちゃうわけです。
嫌いってわけでもないんですけど、アトさんが前に言ってたみたいに、サッカーてのは「監督」がより前面に出てくる、「監督の技量」を競うスポーツって側面が、他の競技よりも強いと思うわけですね。だとすると、翼くんみたいなのではなく、「普通のアスリート/普通のスポーツ」(?)としての選手・サッカーを描きたければ、反面として監督の思想や哲学や持ってるメソッドを丁寧に描かないと「チームが強くなる/弱くなる」事の説得力がなくなる。それには周囲の環境が「そうさせてる」面も描き出す必要が出てくる。でも何でかそこんところはこれまでのサッカーモノと大して変わらず「通り一遍」ていう印象がずっと拭えないので。目先が違うだけなら能田の「ORANGE」の方がよほど画期的だったと思うんですけども。
普段はJリーグとか見ない人には、むしろ「タイガーショット」とか「ファントムドリブル」とか出ない分、画期的に映るのかなぁ、と。そして普段からサッカーを観戦することに慣れてる人にとっては、「そういう感じ、分かるなあ」みたいな共感を得るのでしょうけれども。

何が物足りないって、タツミという監督に、名将である(あるいはこれから名将になる)人物としての「説得力」が決定的に欠けてる、と思うんです。ぶっちゃけ、タツミの言う言葉に論理性が乏しいから。
選手に「なぜ?」と思わせる監督では、絶対にチームを強く出来ない。
チームとタツミとの関係描写で、常にそこに違和感がある。
納得しなければ人は動かないけど、納得させる言葉に論理性が乏しい。そこが不満。
スタメンを相手に合わせてサカつくかWCCFよろしく並べて、相手の弱点をビデオとホワイトボードで説明して、「オマエラの力があればやれる!」ってハッパかければ強くなるなら、どんな監督もクビにはならないし、一度や二度ならともかく、長丁場のリーグ戦ではマンネリだし。「弱いチームが強いチームを如何に倒すか」という話をコネても「強いチームを如何に作るか」という話にはならないんだよなぁ。
個人的意見として、監督の力っていうのは、3つの能力、つまり、効果あるトレーニングメソッドを構築する創造力と、そのバックボーンにあるサッカーの捉え方・考え方の論理性、その結果として生まれてくる選手の力をどのように判断するか、という評価基準に集約されると思うんですね。選手起用なんて、半ば結果論でしょうよ。
で、そういう部分を、思わせぶりなタツミの「印象」で描いてるけど、そこはすでに飽きてきてて。「実は作者も考えてないだろ」と思い始めてるんですね。それこそシーズン前のキャンプを丁寧に描きもせずに、どうやってチームが強くなってることに説得力を持たせる気だよ?という連載開始当初の疑念が払拭されないまま、今日にいたって深まるどころか浅くなってきてるので、ツラツラこんな事を書いてみた次第です。
まあ、凄い難しいと思いますよ、サッカーの監督業を描くのって。だからこそ期待して見てるんですが。せめてもう少しハッタリを効かすとか。詳しく描き過ぎて突っ込まれるのがイヤなのかなぁ、とか。どうなりますやら。

違和感と言えば。

More
[PR]
by eixeix | 2009-03-13 23:14 | 日常とか。