<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
忘れんうちに
手っ取り早くまとめておこう。

典型的な負けパターンなので、どうにもなぁ、という。
こちらの予想を良い意味で裏切るほどには、まだ成長してないという事なんでしょうね。

前半は良い、というか、千葉があまりにも何もなくて、とりあえず守って奪ったら前に蹴ってくるだけという状態だったから、こちらとしてはそれを拾ってビルドアップしてシュートしときゃ良い、という生ぬるさ。惜しいのもあったけども、ツキが足りてなかったな。
ただもう、その時点から不安な予兆が出ていて、ひとつにはやっぱり急造である那須のところが。
那須自身の能力ではなく、福西とかもいない状況で、しかもあんまりチームに連動してやる風のないレアンドロをコントロールしながらアンカーやれってのは、やはり無理だなと。
中盤でボール持った時に、千葉の守備がマンツー気味に食いついてくれるから、そこをディエゴが押し込むと、割と大きくバイタル開いたりするわけですけど、那須がそこに顔を出せない。やっぱり菅原はそういうところが本職なので、いっこ詰めて押し上げて波状攻撃の起点になれる。地味だけど厳然たる差があって、そこはチームのリズムを作れなかった大きな要因。結果として回せてはいるけど、ゴールに近付く角度での詰めが出来ないのが、手数の少なさに出たな、と見てました。まぐれで良いから前半に入れときゃ、ゲームとしては楽なもんだったと思うんですけどね。

後半に入って、工藤をつかまえられずに流れを持っていかれてしまったわけですが、まあ失点のシーンもそうなんですけど、中盤での攻防になったときに、球際でガシャっとぶつかるような局面で、相手のほうが気持ち乗せてる分、半歩前に出てきてたなーと。そこで負けちゃいかんよと。こちらは中盤で人に強いタイプの選手がこぞって欠場という中で、結局はレアンドロの適当さと柴崎の線の細さが悪い方に出てしまって。リズムが破綻していたのは自明なのだから、もっと早いタイミングでレアンドロか柴崎のどちらかをあきらめるべきだったと思うんですよね。PK取られたシーンもレアンドロのミスが起点になってしまったし。最終的には雑な攻めになり、長いボールは全部ボスナーに跳ね返されてるにも関わらず、接点を作れない大黒をあの時間帯まで引っ張ったのも解せない。全体としてゆるかったな、ちょっとシビアさに欠けたな、という感じ。モチベーションの差に加えて、チーム状況の悪い面がそのまま乗っかってはね。前半0-0で終わった段階で、勝ち点3持って帰れる確率は良いとこ2割か?ぐらいに思ったから、結果自体にはそれほど落胆してないんですが。
ただなぁ、監督にしてもチームにしても、もう少しこちらの予想を上回るものを見せて頂きたいわけです。負けるにしても、「こういうチャレンジをしましたが失敗でした」ならまだ良い。今回の負けは「とりあえず形を整えましたが全然ダメでした」という感じで、ドラスティックにやる事がすべてじゃないと思うにしても、新しいエッセンスを出さなければ、普段の劣化バージョンになるのは当たり前じゃんか、というのが率直な気持ち。萩村退場後に服部をボランチに置いた形で少し違うリズムが出ていただけになおさら。
まあ、負けないと分からんこともありますから。手痛いですが、焦らないように。
切り替えて、次も頑張りましょう。
[PR]
by eixeix | 2008-09-15 00:24 | サッカーとか。
リーグ戦再開らしい。
のろくさとまあ、しかし。

なんぞ適当に箇条書き。
・レッズ戦も見ましたよ。
・惜しかったねぇ。
・あれだね、シュートを「決める」事に関して、つまりそのイメージを持てるかどうかは、やはり重要であると。
・富澤とか柴崎にはその辺が足らんなぁ。
・レッズの選手にそれがあるのは、つまり成功体験の結果かも知らん。
・明日は千葉戦。
・ここに来て怪我人ラッシュとか。
・向こうも必死だからね。結構難しいぜ、こういうゲームは。
・勝ったとしても負けたとしても予想外だな。
・予想外とは言うにしても。
・まさかモーニングでとり・みき読める日が来るとは思わなんだ。
・あとジャイアント・キリングが嫌いなわけではないんです。「サッカーマンガ」としては。
・ただ、「サッカー監督マンガ」としては、どうにも・・・。
・まあ、サッカーは結局選手がやるのだ、といえば、そりゃその通りなんであるが。
・日本代表の皆さんも、とりあえず最終予選の初戦を勝ち。
・良いゲームをした、とは思う一方で・・・、
・フランスW杯最終予選の初戦ウズベキスタン戦が、軽くフラッシュバックしたり。
・もう10年も前なのか、あれ。まだ学生だったな、そういや。
・そういえばこないだ、大学時代の友人とかと飲んでて、なんでかルネサンスの話とかになる。
・お勧めの本と言われてもなぁ。
・ダ・ヴィンチとかの15~16世紀頭あたりを切り取るだけだと、あんまり意味ないかもだし。
・んー。
・やっぱブローデルとブルクハルト読んどけ、という話になるのか。
・いきなりそれか。
・翻訳がアレだけどな。
・っていうか分量多すぎて無理だろ。話が長すぎるだろ。
・おおそうだ。
・塩野七生センセのルネサンス萌え語りでも読ませておこう。
・結局それか。
・そんなようなわけで、なんか大学時代の本を引っ張り出してみたり。
・ロルトの「工作機械の歴史」はエロ過ぎて困る。何と言う母機械萌え。
・モーズレーのねじ切り旋盤とか、今見ても鳥肌が立つ。
・そもそも19世紀中盤から後半にかけて、なんでアメリカが欧州を逆転して工業国としての地位を築いていったかと言うとだなぁ(この話は長いので略
・ちなみにダ・ヴィンチもルネサンス期に工作機械を色々と考案してる。
・自動調心チャック付き中ぐり盤とか、ほとんどオーパーツの領域。
・このオッサン、頭おかしいだろ、マジで。
・チェーザレにも出てくるかな、そのうち。
[PR]
by eixeix | 2008-09-14 00:18 | サッカーとか。