<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
まずは安堵感
ですかね、今感じてるところとしては。
愛媛FCに2-1で辛勝した我らが東京ヴェルディ1969は、勝ち点を88まで伸ばして、試合のなかった札幌をかわし首位浮上。3位京都との勝ち点差は3ですが、残り1試合で得失点差+33という分厚い鎧のおかげで、とりあえずJ1昇格をほぼ確保いたしました。はい。

試合前には、なんかこー、静かな炎と申しますか、内から沸き出るテンションがありましたね。さすがに。珍しく開始1時間前ぐらいに行ってたし。
あのゲーム前に流すモチベーションフィルムというか、観客向けのPRムービーというかですね、あれをゴール裏が静まり返って、みんなでじっと見つめる感じが好きです。
ああ、一体感があるな、と。みんな同じ方向、同じ思いでいるなと。そういう実感が得られるので。特にこの試合では、お客さんの出足も良く、ゴール裏が埋まるのも早かったので、そういう感じが余計に強まったように思いました。幸いなことに、僕はこの年になっても目が良いので、大抵は逆サイドのスクリーンを見ているわけですが、多くの人が後ろを振り向いて頭上のスクリーンを見上げてるんですよね。こちらを向いている人たちの中には、もう映像を見ながら涙目になっている顔も幾人か。やはりそういうのは、胸に来るものがあります。

ゲームの内容というか、コンセプトの面で言うと、やはりフッキ不在のところにFWの配置をどうするのかというのが、当然の注目点で。僕はどうしても「シウバ1トップ」という形が頭の中で描けず、「船越1トップか、シウバ・船越2トップかなあ」と思ってました。理由は単純で、要はシウバは後ろを向いてDFを背負うプレーに難があるということ。そしてフッキのように、DFを背負った状態から反転して突破するような力はもっていないな、ということ。そういう弱点の方が思い浮かんでしまったからで、だとすると、ヴェルディではフッキの次に決定力のあるディエゴに、どれだけ前を向いてプレーする状況を作れるか、を考えると、彼を守るためにも、後ろを向いてプレーが出来る船越がいた方が良いんだろうな、という感じで。ラモスはディエゴとの相性や本人のコンディションを考えてたようですね。
形を決めた、という意味では、やはりファーストプレー、ディエゴによるファーストシュートにつながった場面を「出せた」事で、チームとしてハッキリとしたイメージを持てたように思います。つまり後ろからのロビングを船越が落として、それをディエゴが前を向いた状態でもらい、シュートに行く形。結果としてこういう形からは得点が出なかったわけですけど、チームとしては「これでいこう」という形がひとつでもシュートにつながった、意識できたことで、攻撃面での迷いが少なくなったんじゃないかな、と思いました。ラモスの言う「チームを固定したかった」という意味でも。
やや受けるような守備の形から入りましたが、奪ってから攻めに出る意識はそこそこ良かったと思います。そこに愛媛のミスの多さが、こちらの攻勢を誘発する展開だったのかなと。得点シーンもやはり愛媛の中盤ミスを奪ったディエゴが、船越に早いタイミングでのスルーパス。船越が自分のガタイを上手くブロックとして使いながら落ち着いて決めました。はい。
一方で失点シーンは、寄せの半歩遅れ、一歩遅れが少しずつ重なり、サイドから上げたボールが一山越えてFWに「当たって」、さらに高木の上を越える、という流れで。太陽も目に入ったのかな。
ゲーム全体として、愛媛は小気味良くボールを動かして攻めてきており、「らしさ」を発揮していましたが、一方でミスも多く、局面での消極性も目に付きました。ヴェルディとしてはやはり守備面でやや受けに回ってしまった印象があり、どうしても相手のパスに合わせて守備をスイッチしていく後手後手な感じが出てしまったように思います。ただ愛媛がフィニッシュに近いところで迫力がなく、最後を閉めてさえいれば、それほど危険な状況も少なかったなと。
後半も引き続き、ボールを動かす愛媛と、そこを受け止めてカウンターの意識を持ったヴェルディの押し合いになりました。チャンスはそれなりにあり、飯尾のグラウンダーは弾かれ、土屋のヘッドはバーに嫌われ、ディエゴのシュートもポストをかすめていくんですけど。飯尾と広山を、シウバ、井上へと順次スイッチしてサイドを広げ、また大野を柴崎晃に代えて運動量を増やしたいというベンチの意図も出しましたが、逆に余計、ボールを保持しづらくなってしまった感じもしました。フッキ不在で飯尾と広山はシュートへの意識を強めていたように感じましたが、お互いに決定機を決められなかったのも勿体無かったですね。
得点シーンは井上の積極的なシュートをクリアされたCKから。服部がここぞのプレースキックをゴール前に送り込むと、これを中央で船越ドンピシャリ。出来すぎですね。実際。文字通り値千金。ただそこから、愛媛の猛攻を受けましたが、「受けきれるかなー」と思ってはいました。キツそうだったけど、そこで勝ちきる力はついてきてると思ってたし。まあさすがに、残り5分でのあの愛媛のシュートは肝を冷やしましたが。高木のビッグセーブがここでも。いやはや。
シウバが相変わらず絶好機でやらかしたりもしましたが、とにかく勝ちきっての勝ち点3を獲得。
「ほぼ」J1昇格を手に入れました。

ひとつの考えとして。
次節、「優勝」の可能性が残っていることは、モチベーション的にも大きいのかな。こういうのは、口に出していくことで自分の力になることもあるので。それに上位3チームとも、それぞれにモチベーションの置き方が違うとは思いますけど、ヴェルディだけ安穏としてるのは色々危ないし。怪我とかあるし。だからあとひとつ、という気持ちを大事にして欲しいと思います。

でもまあ。個人的には。
シーズンを振り返ったり、来年のことを考えたりするのはひとまずおいて、とにかくホッとしたなと。良かった良かった。まずそういう気持ちでいっぱいで。あとはゆっくり寝てから考えようと。

家に帰ってきたところ、なぜか上着のポケットに、いつの間にやら緑の折鶴が入っていました。折鶴の雨の中で、気まぐれな一羽がこっそり忍び込んでいたようです。どなたが折られたものかは存じませんが、この日の思い出のために、大事にしておこうと思います。
[PR]
by eixeix | 2007-11-26 21:19 | サッカーとか。
もう今年も
残りわずかなんだな、と身に染みる寒さです。

オシム監督が倒れたとの報を聞き、さすがに驚きましたが。
正直に言いますと、やはり予選が始まる前の代表というものに、昔ほどには熱心に肩入れもしなければ、つぶさに見ているわけでもないので、彼の仕事に関しては、表面的な感想以上のものを持ち合わせていないわけですけれど。
ただ一方で、やはり代表のスタイル、目指しているであろう方向性に関しては、徐々に具体化してきていたという印象を持っていたので、ここにおいて病に襲われるということは、とても残念です。
現実的問題として、後任人事を検討しなければいけないでしょうけれど、そこに関してあまり喧しくやる気になれないのは、やはり人の命の問題が目の前にあるからで。
とにかく一日も早いご回復を祈りたいと思います。

J2では、ヴェルディお休みのところ、上位勢がこぞって勝ち点を落とすという、あまりに美味しすぎる展開にちょっと眩暈がしそうです。確かに運の要素もありますが、ただそれは、ヴェルディが勝ち取ってきた勝ち点と、得失点差があったればこそ、優位といえるわけで。前にもちょっと書きましたが、得た勝ち点は減らない。それはアドバンテージなのだと。ここにきて、得失点差で優位にいるというのも、やはり非常に大きかった。今日の時点で事実上3位以内は確定したと言っても問題ないでしょう。
あとは勝ち切ることに集中して。残り2つ。上を見て。ひとつずついきましょう。

五輪予選もベトナムに4-0で勝利と。
サウジがカタールに勝ち、日本は自力進出を確保。次の試合は痺れますね。
国際試合でのビリビリ感はこうでないと。
ここを勝つ、勝ち抜くという経験が力になるのだと。
楽しみですね。

そうこうしていたら、嬉しいニュースも。
私の母校のサッカー部が、全国高校サッカー選手権予選を勝ち抜き、ついに本大会に初出場を決定しました。本当に嬉しいです。おめでとう。
ささやかながら、今大会は張り切って選手権の応援に行けそうです。
[PR]
by eixeix | 2007-11-18 22:40 | サッカーとか。
そんなに悪くない
という事なんですかね。リザルトに関して言うと。
まあ、目下の敵であるところの仙台を相手に1-1のドロー、勝ち点差5はそのまま、という状況においたわけですから、それなりにポジティブに受け止めて良いかとは思います。札幌が鳥栖に破れたりしていますが、やっぱりどこも簡単にはいかないということ。とりあえず次節は、札幌と京都、仙台と湘南という、それにセレッソを加えた各チームによる骨肉の争いを、高みの見物といたす事になるわけですが。
もちろん、フッキ不在で佳境の残り2つを戦うってのは、簡単な話じゃないですよ。でもまあ、別にこっちが10人で試合するわけじゃなし、11人対11人でサッカーやるってことに変わりはないわけですから。そして、簡単じゃないからこそ、サッカーてのは面白いと思うし、何事も楽に成し得ないと思うからこそ、人は日々前進しようと努めるのですから。困難に対してどう立ち向かうか、そこがプロチームとして、あるいはプロのプレーヤーとしての自らの資質を証明する機会であるわけですから。我々としては、そこを期待したいと思うのですね。

ゲームの内容に関して言うと、ヴェルディとしては、やはり入り方が悪かった、としか言いようがないのかな。ゲーム感覚の問題や、プレッシャーもあるでしょうし、さらに想定よりも仙台が守備的に入ってきたという部分も。それはただ後ろに引いて守るというよりは、2列目の選手も含めて、非常に高い運動量を発揮してボールに食らいついてくる。こちらが隙を見せると、がっちりと人数をかけてくる。そこの繰り返しが徹底されていたように思います。ラインも丁寧に上下していて、やはり穴がなかったなと。
失点シーンはボールを前に運ぼうとした局面で、相手に奪い返されたときに、ボランチが同じ高さで並んでしまったこと、そしてバックラインとボランチの距離が開いてしまったことが原因だというのは、映像レベルで見た話で。菅原がボールホルダーに対してアタック、大野が近いゾーンでカバーしているのに、ラインの引きが早すぎた。それが中盤の守備にギャップを生み、濡れたピッチコンディションと、正確なグラウンダーのミドル、というセットメニューを意識していたリャンの知性が噛み合っちゃったなあ、という。
でも一方で、「前半を0-1以内で折り返せればチャンスは来るかな」とは思っていました。カウンター気味にピンチを迎えていた一方で、仙台の守備バランスがどこまで持つのかな、という点があったのと、特に高い運動量を発揮していた2列目が「落ちて」きたときに、ロペスがいない仙台の中盤はカウンターのアクセントをつけ難いだろうと、すでに前半の段階から見て取れていたので。
後半頭からは、ほぼ一方的に攻め続ける展開となりましたが、もちろん意識的に押し込んだということもあるんでしょうけど、特にディエゴがボールを広く動かすイメージを強く持った事も大きいと見ました。
恐らく菅井対策として先発させたと予想される飯尾が、サイド攻撃では十分なアクセントになれなかったことと、最終ラインからあまり出てこない磯崎を対面にした広山が機能性を発揮できてなかったことで、中盤に停滞感が出てたと見えたわけですが、シウバ投入以降、ポジションチェンジも上手く交えて行く事で、疲弊してきた仙台の守備網がバラけてきたのは大きかったですね。そこに加えた柴崎投入が中盤での運動量を補填した。
もちろん、得点の場面としては、フッキの優れたキープ力、服部の技術と知性、そしてディエゴのパーフェクトなボールタッチという、かなりレベルの高い個人技の複合的な要素があったのも確かなんですけど、あの状況を作る過程において、やっぱりベンチの采配が効いたと言っても良いのだろうなと。同点の状況において、土屋や富沢のコンディションを見極めながら、ラモスが自分にとっての「懐刀」であるはずの永井社長には手をつけず、最後の一枚を我慢してた点に、むしろ成長の跡を感じます。
そうしてみると、仙台の望月監督は、結果的に選手交代で後手を踏んだと言えちゃうのだろうなあ。少なくとも中盤が押し上げられずに、カウンターからのキープが上手くいかない状況を座視してしまったのは、仙台の「守る意識」を助長させてしまった気がします。「カウンターで2点目を取りに行く」という明確な意思表示をベンチから示せなかった事で、守ってからロングボールを蹴るだけになってしまったのが、仙台が防戦一方になったひとつの原因ではと。
ただそれでも、GK林を中心とした仙台の守備は素晴らしく集中力があり、逆にヴェルディとしてはそこから攻め抜いて1点をもぎ取った事を、評価して良いんじゃなかろうかと。そりゃフッキのミドルやFKが入ってれば、広山のシュートが正面にいかなければ、勝てたかも知れない、とは思いますけど。そこはそれ。お互い様ですし。
それから特に言及したいのは、途中交代で出た柴崎のプレーですかね。短い時間でしたが、非常にポジティブなものだったと思います。守備面でも体を張れていたし、技術の高さと前に出るセンスも見せた。クラブの将来を担うに足る、才覚の一端を見せたという印象。

ともあれ、あと2つ。
フッキ抜きとはいえ、調整の時間はありますし、他チーム次第という事もありますけど、ひとまず下を見ず、上を見て戦う意識が大事だと思います。
ひとつひとつ、ですからね。悔いのないように。
[PR]
by eixeix | 2007-11-12 01:41 | サッカーとか。