<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今週のモーニングいきなり。
なんでかってーと、塀内なっちゃんのイカロスの山が終わったから。

それにしても、今年、もっともガッカリした表紙ですね。そらもう間違いなく。駅の売店で買うかどうか躊躇したのは初めて。ちなみに大町さんは余裕で背面キャッチできるぐらい守備範囲内です。ええそらもう。実年齢なんて飾りです。偉い人には(ry

「イカロスの山」は、終わってくれてホッとしてるというのが正直なとこで。
アトさんの仰るとおり、山への興味、好奇心が先にあっただろうと思ってるんです。
でも、だったらそこら辺でもっと格闘して欲しかったと。もっと山とか厳しい自然環境や、そこに向かうための装備や心構えや登攀の一歩一歩を巡って、もっと練ってもがいてジタバタして欲しかったとは思います。高々度無酸素登頂ではホントに1時間かけて15歩しか進めない(ディスカバリーチャンネルか!)とか、いや僕もよく知らんで言ってますけど。端的に言うと、「山が高く感じない」というか。「女神」とかいう単語も頻発しましたが、女神の怖さも優しさもさっぱり伝わってこなかった。そこを見せてくれるんじゃないかなーと期待してたら、なんか山を挟んで過去のことをぐちぐちと回すだけになってしまったという。そこを外したら、つまらなくなって当たり前じゃんとか思いました。

ついでに言うと、ジャイアント・キリングは、むしろ最初からそういうニオイがしてるので、個人的には、あまり関心しません。なんて言うか、本気で「サッカー監督」と「プロのチーム作り」を描く気があるようには思えないんですね。
キャンプ明けのPSM東京V戦wで「去年とは違う!」とかってなサポーターの感想は、正直どうでも良いんすよ。「なぜ去年と違うのか」を見せろよ、みたいな。キャンプの中身も丁寧に描かずに、そこを飛ばして、なんか精神的な事ばかりをチョコチョコつまんで、選手を発憤させて、「よし、戦えるチームになってきた!」とか言われても萎えるわけです。説得力ないだろそれ、と。毎日やってる練習・トレーニングの欠片でも出てくりゃまだ何か、腑に落ちるものもあるかも知れないのに、何でそこから逃げるかなと。試合前の相手チーム対策だの選手交代策だのなんて、枝葉の問題でしょうに。
そりゃ、本気で監督の技術論なんかに取り組んでも、突っ込まれるとは思いますよ。でもそこを覚悟の上で、取材したりとか調査したりとかしている雰囲気が、あんまり感じられないわけです。ひょっとしたらこの先、その辺りを丁寧に描いてくれるかも知れませんし、そういう風になって欲しいなと期待はしてるわけですが。
ただやっぱり、野球の方が、このジャンルでは説得力のあるマンガが多いよな、と正直に思ってしまいますね。競技の質の差か、歴史の差なのかは分からないんですが。
関東昭和とかですら、ちゃんと「ああやっぱり、野球マンガだな」と思うのに。
殴って蹴って千本ノック、っつっても、その練習の過程の上にああいうチームがある、っていう構造はあるのにねぇ。
さて、一応、「過程」を描くつもりはありそうな「かぶく者」あたりがどうなのでしょうか。今のところ、どうもならないような感じがしてしまう今週の感想。
子猫マンガはそろそろ大きくなってこないと、鬱陶しいな。生き物こそ、過程が大事。
[PR]
by eixeix | 2007-09-22 03:15 | 日常とか。
暑い日曜の午後
というタイトルを文字面で見ると、なぜか涼しげ。偉大なり日本語。

どういうつもりか、まあその唾棄すべき理由については想像がつくにせよ、9月半ばに残暑厳しき東京で、13時キックオフという試合設定をしてくれるJリーグ様の馬鹿さ加減にはウンザリする。まさしく「アリエナイ瞬間」とやらだ。ただでさえ日程の厳しいJ2での、それも終盤戦だ。選手とて人間なのである。試合相手のみならず、疲労や故障やお粗末なジャッジとも戦いながら、お天道様すら敵に回せと言うのか。試合のクオリティを云々する以前の問題だ。商業主義優先が問題なのではない。その結果として生まれる、共感や想像力の欠如こそが問題なのだ。日本に限った話ではない。

まあいいや。それでも勝ったから。負けた福岡こそ気の毒だ。

試合内容について。
センターバックのレギュラー2人を欠きつつ、高木を中心に良く守り勝ったゲーム、と見て良いと思う。前半から福岡のアレックス、リンコンあたりを上手く抑えられない場面はあったが、そこも含めて、やはり4バックにおける萩村の機動性の問題と、サイドバックとの守備バランスの問題は若干あったように思う。ラインのギャップを突かれてGKと1対1になるような局面が前半だけで少なくとも3度あったが、いずれも高木がストップ。流れを呼んだ一因だろう。
一方で、映像レベルで見たほどには、現場の感じでは、福岡から圧力を感じなかった。ハッキリ言えば、福岡の統一感の欠如はかなりツライ感じのもので、必要なところでズレている、全員で集中すべきところでミスが出る、という流れが最後まであった。「ここにもう一枚」「ここでもう一走り」「ここでもう1歩ファイト」という感じがない。それは前節の湘南から受けた印象とは、明らかに対照的である。
そんなわけで、序盤、押される展開になりながらも「まあ30分まで0点に抑えれば、どうにかなるな」と思っていたら、ホントに30分ぐらいに、良い流れからPKを得る。
菅原のディフェンスから中盤でボールを奪う→佐藤を経由して右オープンへ→呼応して走った廣山が開いて受けて中→ディエゴ、フッキによるタメ→今度は中央に進出した佐藤とのパス交換で廣山がPAへ
というのは、少なくともこの布陣にした狙い通りの攻撃だったと言って良いだろう。戦術・システムとは、つまり個人が能力を発揮するための空間的・時間的余裕を確保するために、その配置ならびに運動とその連携の妥当性を担保する仕組みに他ならないわけだから(マジで??)、あの形がチャンスになるのは、ある意味で当たり前なわけだが。で、こいつで得たPKをフッキがドスンとぶち込んで、そこからは暑さに合わせて適当に流しつつ、後半開始頭にフッキが直接FKをもねじ込んで(福岡の壁がどういう理由で飛ばなかったかは知る由もないが、想像するに、やはりフッキの弾丸FKを警戒して、足下や壁横を抜かれるのを嫌ったのかも知れない。単なる集中力の欠如、という可能性も高いが)、ほぼ勝負あり。
そこからカウンターから散々決定機を作った物の、決めきれなかったのは誤算だが、個人的には残り5分か10分ぐらいには、ゴール裏の上の方で座って明太子マヨおにぎりを2個食えるぐらいの余裕があった。なのでシウバがあれを外した時は、リアルで米粒噴いた。まあ、フリーでドリブル始めた瞬間に目が泳いでたので、去年の事を想像すると、微妙に外す予感はしていたが。
もすこし個人について。
飯尾がぼちぼちと今のポジションに適正化されつつあるなと。この試合に限っても、福岡の右サイドで驚異的なスピードを発揮する田中を見張り、服部が真正面からアタックを受ける局面を抑制したことで、タスクの半分はこなせたと思う。飯尾の運動量低下と、双方の選手交代に伴って福岡の右サイドが活性化したのは、偶然ではないだろう。ラモスが飯尾を下げて金澤を投入しながら、さらに佐藤まで下げて金澤を左の高めに置いたのは、それなりの理由があると見るべき。アタックに物足りなさが残るという意見もあるだろうが、それでも一度見せた惜しいシュートや、また積極的なボールの引き出しがあったことは好材料と見る。特にシウバのあからさまなコンディション不良と比較すると、飯尾にかかる比重は小さくない。
シウバはシウバで、まあ、ね。でもここで試してチームにフィットさせておかないと、やっぱり終盤に駒不足になる可能性はある。フッキの負傷やディエゴのカード累積という問題は、小さいファクターではないからだ。
ボランチ佐藤について言うと、サイドチェンジなどにおけるボールの質は高い。良いキックだ。しかし「それ以上」の何かが乏しい感じはする。中央でプレーするには、ややボールの持ち方が軽い印象は否めないし、同時に左サイドに顔を出したときの方が決定的な仕事が出来る印象も逆の意味で惜しいと感じさせる。特に途中交代で入った大野が、短い時間ながらゲームを納めるプレー、つまりキープと展開、またプレスを受けながらも中盤から「持ち出せる」ことが出来たのと比較すると、物足りない感じは残る。金澤はむしろ「持ち出す」ことは出来ても、「落ち着かせる」事が出来ない点で、佐藤に似る部分がある。まあ、こういう時期なので、相手とコンディションによって使い分ければ良い。少なくとも、それだけの戦力はある。
フッキ・ディエゴのラインを軸にしたカウンタースタイルを磨くというのは、方向性としてはそれなりに妥当だろう。もう少し気温が低く、かつもう少しラインを押し上げて維持できれば、ある程度ゲームをコントロールもしていけるだろう。両サイドハーフとボランチには運動量と賢さが求められるが、それも可能な範囲の話だ。
どのみち、楽なゲームは残っていない。あとは洗練と集中力の問題かと。

帰宅後、ラモスの御母堂の訃報に接する。彼の引退試合やテレビ番組などでお姿を拝見したことはあるが、急なことで大変に驚く。幼いときに父親を亡くし、「母に家を買ってあげたい」という思いで、若くして地球の裏側まで渡った男の事を想像すると、その心痛の深さは察するに余りある。その事実を選手に伝えずに試合に臨んだ事も、動揺や悲しみを押し殺して残る戦いへの決意を述べた事も、如何にも彼らしく、それ故に痛みが伝わってくる。

一サポーターとして、せめてもの声援と、心からの哀悼の意を捧げたいと思います。
シーズン後、墓前に良い報告が出来るよう、皆で結束して戦い抜きましょう。
[PR]
by eixeix | 2007-09-17 16:01 | サッカーとか。
なんと珍しいことに
帰ってきてからすぐにブログを書いてみる。俺すげえ!インターネットの人みたい!

さて。

実は湘南戦、ほぼ後半だけしか見てません。
イエローカードは随分でましたが、今さらそのことに四の五の言っても仕方がないでしょう。
10人になって負けている方が出足が良く、圧力をかけてくる、というのは良くある話で、そこを突いてカウンターでかなりの数の決定機を作れたわけですから、そいつを決め切れなかったのが悪いと開き直った方が良いかも知れません。
失点シーンも、センターバック2人を失った状態で、ややポジションの確認に混乱があったと見えました。ベンチから指示はあったはずですが、途中で変えたのか、選手同士で判断したのかは、見た感じでは良く分かりません。
ただ失点のシーンについて言うと、むしろその前のボールの奪われ方、運ばれ方が余りにも悪く、急造ラインならではだったように思いますが。その一方で、最後の5分ほどを除けば、守備は崩されそうで崩され切らない?というような。まあ距離の最適化がそれなりになされていたという事かも知れませんが、それにしてはラインの押し上げが足りなかったかな。アジエルをそれなりに押さえ込めていた事も要素としてはあるでしょう。
攻撃面では、もっと相手が嫌がることをしても良かったよなと。端的にサイドチェンジがもっと欲しかったとは思いますが、やはりリードして数的優位でカウンターとりやすいシチュエーションが揃ったために、どうにも一本調子な感じで流れてしまったように思います。前半はどうだったのかね。
大野をボランチに配し、飯尾を左のサイドに置くのは「あり得る形」と見ていましたが、意外とあっさりと試してきましたね。まあまあの機能性を見せたと思います。しかし左サイドで飯尾がボールを受けると、やはり窮屈な感じがして、そこは藤田とも被る感じ。飯尾が中に入ったときに、大野と服部との距離感が整わなかったのは、少し残念。フッキやディエゴのコンディションから、廣山も含めた両サイドの守備面での負担がやや大きいのが気がかりで、妥当な解決策が、なぁ?という。
トータルで言えば、引き分けという結果は妥当な感じという気もします。腰が引けてしまったという印象はあるにしても、逆転負けしてもおかしくないCKの場面で高木が救ってくれたということや、結果として決まらなかったにせよ、最後の一撃に迫った、ということも含めて、そういうゲームだったのだろうと。
湘南のファイトが非常に素晴らしく、だからこそ、受けて押し返すだけの力強さを見せて欲しかったですが。でもこういうゲームであればこそ、最後までサッカーやって、勝ち点拾ったと思わなきゃね。お互いに。

もうあれなんですけどね。内容に対する不満は多少あるにしても、前にも書きましたけど、ポジティブに捉えられる要素は、すべてポジティブに考えていこうじゃないかと。
不安感が募って眠らない人には、「まずいゲーム運びだが、負けなかった」「4バックもある程度めどがついた」「まだ4位」「まだ仙台まで勝ち点差3」と唱えてると、それなりに睡眠時間が確保できるかも知れません。
「ああしてれば」「こうしてれば」という言葉は、少なくとも第4クールにいたっては何の意味もないでしょ。得た物を大切にする。それを貴重なものとして取り込んでいく。例えダメージが小さくなかったとしてもね。
現実的な見方をすれば、次節、土屋と戸川を欠くことになる中で、編成は難しくなるでしょう。コーチ陣だって頭が痛いでしょうよ。
でも、それでも、戦い抜かなきゃいけないわけです。というより、だからこそ、勝たなきゃならんわけです。そのためにはチームとしても、持ってるエネルギーをお互いに出し合って、統一感を持ってぶつかっていかなきゃいけないし、現に今のチームは、もうそれだけの熱量を内包している。そしてサポーターも、その熱を一緒に持っていかないといけない。そうでなければ、やっぱり苦しい。でもそこで逃げても、どうにもならんのですから。
別にヴェルディだけが苦しい訳じゃないし。楽なチームはどこもないですよ。
湘南しかり、次にやる福岡しかり。仙台も京都もセレッソも、恐らく札幌も、決して楽なわけじゃないでしょ。
苦しさに負けて手を放した奴から脱落していく。
そういうサバイバルになるでしょうね。

さあ、盛り上がって参りました。
[PR]
by eixeix | 2007-09-11 01:57 | サッカーとか。
のんびり
見られました。特に最後の10分ぐらい。
そういう内容の試合でした>草津戦。

その前に。
ゼ・ルイスが家庭の事情もあり、ブラジルに戻るということで、とても寂しい感じです。まあ、サンパウロからオファーが来るレベルの選手がいてくれた、ということには喜ぶべきかも知れませんが。
確かにチームの中でのフィット感というところはまだまだでしたが、それによって彼の能力や、彼の明るくて責任感のある良いパーソナリティであるとか、そういった部分は何ら否定されません。むしろ、Jリーグに来たボランチのブラジル人選手としては、歴代屈指のポテンシャルを持った選手だと思っています。そして、あれぐらいレベルの高い選手をチームとして十分に使いこなせなかった事に、一抹の悔しさが残ります。特に外国人選手と対峙したときのボールの奪い方や、ノーステップからの質の高いフィードといったスキルの部分で、あらためて色々な発見をさせてくれた選手でした。彼のご家族の幸せ、彼のキャリアの成功と、願わくば再び緑のユニフォームを着た彼のプレーが見られることを祈りたいと思います。

で、草津戦。
ルイスがいないときでも、「まあそのうちルイス帰ってくるし」と思っていた私ですが、以降の試合はそういうことも出来ないわけで、今いるメンバーの総力を挙げて戦わねばならんわけです。
ここでラモスが思い切った手を打って、戸川と土屋をセンターに置いた4バックへの回帰、さらには大野、菅原、名波、廣山と配した中盤の前にディエゴを置き、フッキを1トップ気味に置くというフォーメーション。まったく初お目見えですね。はい。
立ち上がりに少しブレるかな、と思いましたが、そうでもなかったっすね。はい。草津はコンディション的にも厳しい感じで、そこに加えて、ベニヤ板に泥塗った上から草を生やしたような味スタの芝にも苦しんでいる感じ。ヴェルディはさすがに慣れてきたのかなと。で、草津は、ポゼッションを取りながらサイドからの攻めを指向するチームだと思いますが、そういうところが、あれだけサイドチェンジやフィードのミスやつなぎのミスをしてくれれば、こちらとしては労することもなくポゼッションを取れるわけで、フッキが見事なFKで先制してからは、徐々に縦パスを交えつつものんびりとボールをホールドしてれば良いというような流れ。
目がいくのは大野のポジショニングで、サイドライン際に張る草津右サイドの佐田らに対して、大野もきちんとポジショニングをして守備面で抑えており、そこを我慢してくれたのが勝因のひとつかなと。2点目も大野が中に絞り込んでプレスに行ったところから、相手の攻撃が中に寄ったところを奪えたわけだし。廣山が右サイドでの勝負に勝ち続けていたので、大野のサイドさえ押さえ込んでしまえばこりゃ楽だなと。
大野がサイドに引っ張られて、ボランチのギャップが出来そうなもんだけども、草津はそこを突くでもなく、ドリブルで仕掛けてくるでもなく。まあそれだけ名波と菅原のバランスも良かったし、ラインもある程度押し上げられていたんだろうな、と思いました。
もうひとつ名波について、菅原がパートナーに来て穴を埋めてくれること、またDFラインが押し上げて狭い局面でもボールを持たせてもらえることなどから、非常にミスも少なく、90分をやり通してくれて、そこは収穫だなあという感じ。
実際、佐藤が出てきてからの比較で、あらためて思ったのが(金澤についても言えるけれど)、大野や名波の「キープ力」に対する信頼感ていうのは、少し質が違うんだな、というか。名波はこの試合、自分がボールを持ったり、あるいは横へのパスを出す場面でも、危険なエリアでのミスが少なく、相手にプレスをかけられても、冷静にボールを抱えてファウルを受けたりとか、そういう形が結構見られて、そこは老かいだな、と思ったり。ボールも動くしね。ま、大野引っ込めて名波残すというのはどうなんでしょうかね(笑)。
高木が非常に良くないミスをして失点したのは残念。GKは一度ボールをキャッチしたら、殴られようが蹴られようが放してはイカン。そこは判断のミスか技術の問題かはあるにせよ、敵にぶつかってコケてから審判に文句つけるぐらいなら、パンチングでクリアしろよ最初から、という話であります。猛省してください。あと海本も、もっとメリハリつけてください。ミスを恐れずにガンガン行ってください。
で、内容的にもあっさりとカウンターから2発重ねたフッキがハットトリック達成。いずれもディエゴの見事なアシストからで。廣山などが決定機を納めていれば、あと2点ぐらいは入れるチャンスもあったかとは思いますが、まあ贅沢はいけません。草津のコンディションの悪さを鑑みると手放しで喜べないにしても、とりあえず布陣の成功、と言って差し支えないかと。しかしやっぱり4バックと3バックを使い分けることに固執するのはネルシーニョの影響なのねと言わずもがなのことを再確認しました。じゃあ最後の10分はカンペー突っ込んで3バックにしときゃええやん、などとも思いましたが。
第3クールも次の湘南戦でラスト。ここが大事です。ツキがあるうちに頑張りましょう。
[PR]
by eixeix | 2007-09-03 02:28 | サッカーとか。