<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
で、セレッソ戦
になるわけですが。

実は午前中、少し遠いところで仕事してて、終わってから駆けつけましたが、ちょうど後半キックオフぐらいからの観戦となりました。(後に、知り合いから「おいしかったね」「得したね」「効率よかったね」などと言われる)

途中経過で、前半からイエローカードが乱発されていることは知っていましたが、見始めてすぐに、「ああ、この審判ではね・・・・」という感じ。笛が細かい。これはイラつく。試合に余計な部分でのテンションがかかっている感じで、カードが試合の趨勢を決めそうな予感がひしひしと。
まあ結果としてこれは当たるわけですが。

全体の印象で言うと、セレッソは厚く保った最終ライン+トレスボランチが中央の攻撃を閉じ込めながら、奪ってからはひとまず前線の森島康に当てるか、ないしは古橋につけるぐらい。いずれも長いボールが多く、単調と言えば単調。
しかし厚く守るというのは、口で言うほど易しい話ではなく、非常に忍耐力もいるわけです。そういう意味では、セレッソからは強い決意を感じたゲームで、どう盛り返すかにも興味がわくわけですが。
現実的に見れば、長いボールのリズムに慣れたヴェルディ側のラインも、そう大きく破綻することはなく、戸川の対応ミスによってピンチを招いた場面と、終盤に出てきた小松の迫力ある攻めぐらいしか、記憶になく。

70分ぐらいに、良く分からぬイエローカードで合計2枚のセレッソ藤本退場。
その後、両サイドを広く使った攻撃から、中央への折り返しに競り合った船越が倒されてPK。フッキが決めて先制。直後に、佐藤→永井でとどめを刺しにいくラモスと、アタッカーを投入して巻き返しを図る都並。

しかし、1点リード、しかも数的有利、セカンドボールが拾える、となれば、これは永井社長の独壇場であって、もう社長が入ってきた時点から「こりゃもう一点取れるぞ、確実に」と思っていた次第。
そんな私の密やかな期待をもちろん存ぜぬ永井社長ですが、フッキとのパス交換から縦に抜けると、セレッソのDF2人を引きつけながら、中央への動きを見せつつ、わずかな隙間を突き通すスルーパス。お見事。無駄な職人芸。軽やかに右サイドを抜け出たフッキが中央に折り返すと、下がり気味の難しいボールながら、船越がきっちりボレーで合わせて追加点。勝負あり。

そのデビュー以来、永井に対しては、すでに尽くせる限りの悪罵を尽くしてしまった私としては、もう今さら永井が何をミスしたとしても寛容に笑えるようになっているため、その無意味に華麗なプレーもネタとして楽しめるようになっており、この暑苦しい試合における一服の清涼剤として、そのスルーパスを愛でるのであって。

終わってみれば完封勝ち。まあまあ、というべきなんでしょうね。

全体にボールの動かし方は良かったと思うし、厚くリトリートしたセレッソ守備の前に、焦れずに最後まで圧力をかけ続け、特にサイドからチャンスを作れたことは収穫か。
一方で、パスの展開にもう少しメリハリが欲しいし、ディエゴはもうちょっと運動量を増やして、ラインと駆け引きしながら裏で受ける動きをして欲しいなと。

まあ、休みが入るので、いろいろ修正するポイントもあるでしょうし、特に休み明けからは厳しい相手との対戦が続くので、ここからもう一度、引き締めていって頂きたいものだと思います。
[PR]
by eixeix | 2007-03-22 00:04 | サッカーとか。
ひと休み、ひと休み
セレッソに勝って、開幕4試合を3勝1分で、最初のお休み。
とりあえず、この2試合を振り返ってみると、色んな部分が見えてきそうだなと。

仙台戦では、確かに仙台の出足が非常に良く、特に前線の動き出しの質・量が攻守ともに抜きん出ていて、前半からかなり苦しかったものの、向こうが2点目を取って一息ついたところを、すかさず盛り返して、息を吹き返す前に押さえ込んだ、というムリヤリな試合。
ただ両チームの監督に微妙な采配のミスがあり、その辺が勝負のアヤになってしまったような気がするなと。
具体的には、ラモスが、仙台のロペスを抑えるために、ゼ・ルイスをマンツーで張りつけてしまったことで、結果として名波がバイタルエリアで孤立し、やたら広い範囲を1人で受け持つ羽目になり、空いた両脇を運動量豊富な仙台の2トップに突かれて、最終ラインが攻撃に対して無防備に晒されるハメになったこと。昨年、ロペスを抑えるために菅原などをマンマークに付けていた成功体験がそうさせたのだろうとは想像するものの、これはルイスと名波という並びで考えれば明らかに不合理で、両サイドバックに守備の負担が高まるし、メリットがない。と、同時に、要するにロペスぐらいのレベルの選手を抑えるための、ゾーンによる組織守備メソッドがないことも露呈したわけで、この辺は全体でどう守るか、まだ詰める必要がありそうだと思ったりしました。
一方で仙台の望月監督も、運動量が途切れてきた中島を下げるまではともかく、永井を入れて「中盤を厚く」というのは、少し腰の引けた対応だったのじゃないかなと。関口あたりを入れて、トップに近い位置からのプレッシャーをより強くするならともかく、ワントップにしてしまったことで、プレスが及ばなくなったヴェルディの両サイドバックが息を吹き返し、終盤に押し込まれる遠因になったと思われるわけですが。
いずれにせよ、仙台が去年よりも格段に良くなっていて、特に前線の動き出しは2テンポぐらい速い感じであり、これを抑えようとすれば、やはりラインを上げて、コンパクトに守って、というところに立ち返るしかないわけです。が、具体的にボランチの配置をどうしよー、とか思うと、冷静に見て、決定打になりそうな守備戦術はない。要するに、コンパクトに守って、まあセットプレー化何かで先制点を取ったらラインを下げて、フッキ使ってカウンター狙い、ぐらいが関の山だろうと。
ただまぁ、2-0になってところから押し返したことは高く評価すべきで、フッキの個人能力による2点目よりも、むしろ1点目、両サイドを使ったワイドな攻撃から、押し上げてきたルイスによる得点、というあたりが、仙台を攻略する上でのヒントにはなりそうかな。
徐々にワイドに使う意識、攻撃のテンポにも改善される部分があって、継続はしていって欲しいところですがね。どうでしょう。

続きます。
[PR]
by eixeix | 2007-03-21 23:39 | サッカーとか。
つまりこうゆうことだ。
組織の意識はあっても、技術の精度とか統一感に欠ける相手に対しては、ゴリ押しでも勝てるだけのものがすでにある、と。

失点の仕方は良くなかったし、各論の細かい話をするまでもなく、「フッキすげえ」で終わってしまうよな試合。

ただ一方で、チーム全体の意識、一体感は強く感じるし、今のところは目的意識にずれがなく、きっちりと全体にやるべきことをやってると。

たぶん、草津にしても、愛媛にしても、「運動量では勝ってるのに」という印象があるはず。「通用しなかったわけじゃない」とも。
ただヴェルディにしてみれば、その状況を「受けて」も、押し返して追加点を取れているし、耐えて作ることもできてる。これは、危機感を持ちながらもチームを作っていくという過程では必要なことで、そういう意味では、結果がついてきてるのはありがたいことだと思う。

愛媛や草津は、特にアタックの部分で強力な外国人がいるチームじゃなかったわけで、そういう選手を含む攻撃に耐えられるか、また、より組織力・個人能力のあるチームからどう点を取るか、という次のステップになるわけです。

次が仙台というのは、ステップとしてはとてもありがたいことだと。
どこまで出来るか、通用するか、一体感を持って守れるか、攻められるか、きちんと測れるような内容のゲームになって欲しいと思います。
[PR]
by eixeix | 2007-03-12 01:00 | サッカーとか。
ディテールの話など。
この前のエントリーで書かなかったことなども、ちょっと踏まえて、せっかくですからコメントに答える形で。

勝負事ですから、当然、「勢い」は必要なわけです。特に開幕戦は。
ラモスは「日本人は開幕を大事にするけど、最初負けてもあと全部勝てばいい」と言ってて、実はこの論自体は至極当然というか、その通りだとも思うわけです。が、やっぱり日本人は開幕を大事にする、ていう見方そのものは選手の自覚のレベルとしてもあるわけですから、できるだけ良い形で勝っていきたいというのはあるでしょう。民族や文化論にする気はないんですけど、こういうのが精神的にも影響しやすい気がしますね、日本人て。緊張しやすい、ナーバスになりやすい、ナイーブだ、ということなのかも知れませんが。
ベテラン、特にプレッシャーの強い環境を経験し、勝ち抜いてきている選手というのは、そういう精神状態のコントロールについて、豊富な実体験を持つわけです。もちろん、服部なども認めているように緊張はするんでしょうけど、ただ、体が持っている、無意識に発揮できるプレーの質ていうあたりで、プレッシャーの下でもしっかりと発揮できる、という部分があるように思います。
フッキあたりは、あんまそういうことは関係無さそうに見えますが。さすがブラジル人というか。

もちろん、個別のプレーについて問題を並べていくことは出来ます。
例えばサイドバックが上がった裏のスペースに、相手FWに斜めに入られた場合、センターバックが外に引き出されると、ボランチと2列目の絞りが遅く、バイタルを使われやすい、だとか、引き気味にしてきた相手に対してサイドにボールを引き出してもフォローが遅く、結果として1対1などで強引に行かざるを得ない場面が多い、とか、センターフォワードがポストワークを入れて2列目が押し上げる際に、どうもルイスが「行き過ぎて」いて危なっかしいだとか、どうしても名波が遅いというところで、サイドバックから縦へのスワーブを2列目が引き出しても、中を見ての選択肢が少なく、名波に戻してしまうとスローダウンしやすい、とか。
ラモスが「攻める際のリズム」に言及していましたけど、大野の顔出しだけではプレーの幅が狭いわけで、もうちょっとライン際で加速していくような攻めが欲しいとは思います。フッキ以外の選手に、全体にスピードが不足していた印象はどうしてもありますし。飯尾や廣山が入れば、もう少し変化が出そうなんですけどね。

ただ、大事なのは結果におごらずに、問題点を順次解決していくことであって、そういう意味では愛媛と言うチームが相手なのは、良い試金石になると思います。菅沼や高萩らが抜けたとはいえ、後ろからつないでいくことを意識しているし、切り替えも早い。コンセプトがハッキリしていて、一体感のあるチームですから、油断しているとあっという間にボールを掻っ攫われるハメになるでしょうね。でも、そういう意識の高さ、チーム戦術に対する忠実さがJ2のひとつの特長というわけで、そこに向き合って、打ち勝っていかないと上が見えてこない。まだまだ、先は長いですし、ね。


今日は女子サッカーW杯予選プレイオフを見に、国立に行ってました。
メキシコを相手にホームで2-0の勝利は大変に喜ばしいですが、チャンスの数、質ともに、ほぼ互角であったと思います。
少しディテールの部分、具体的に言えばサイド攻撃の質の部分で、メキシコとの差が出ていて、それがそのまま、得点へとつながった印象でした。
しかし全体の印象で言えば、メキシコの前線には上手さと速さがあり、非常に危険だったし、中盤の守備も厳しく、ボールをあまりキープできたとは言えません。このため、本来は宮本のところでもっと展開を図りたかったはずなのでしょうが、パスゲームを上手く動かすことは難しかったな、と思います。メキシコ守備陣もラインをよくコントロールしていて、大野や荒川が裏をつけるような場面も少なかった印象。
ただ先発11人中、ベレーザの選手が7人(荒川、澤、大野、近賀、酒井、宇津木、岩清水)といて、そういう意味では積み上げがあり、修正も効きやすいとは思います。
ボランチに入った宮本のところで、特に後半、メキシコの早いアタックを抑えづらかった印象があり、1-0リードながらやや押され気味の展開の中、宮本を下げて柳田を投入して修正を図ったのは良い采配だったなと。
シーズン当初、怪我で出遅れ気味だった澤が復調し、1得点1アシストを挙げたのは心強い。
ただメキシコも日本と比べて、特に速さや高さという部分では上回っている印象が強く、技銃的にもレベルが低いとは言えません。
次は地球の裏側、しかも高地のアウェイ戦になるだけに、2-0でも決して楽な条件とは言えないですから、非常にタフな展開になるだろうと思います。
ぜひ頑張って欲しいですね。
[PR]
by eixeix | 2007-03-10 22:56 | サッカーとか。
どこかで誰かが
微妙に絡みにくいエントリーを立てているゾ!

でもあえて絡む。なぜならカリスマブロガー(他薦)だから。
ていうか、僕は漫画好きかと言われると微妙。マガジンとモーニングが好きなだけで。割と単行本派だから。思わず「あひるの空」を10巻ぐらいまとめ買いする人だから。
「とりぱん」推奨者ですが、「バガボンド」推奨者かと言われると微妙です。嫌いではないのですが、井上氏の描く「娘」は可愛くないから(断言)。なのに大人の女性が描けるわけではないのね。不思議。

モーニングは、頭から1巡で、端から端まで読みます。読むのってほとんど電車の中だなぁ。その時点で読まないものは、殆どの場合、最後まで読まない。誰のというと、弘兼の嫁のとか妖怪とか。

そして頭から全レス。

・ひまわりで笑うと敗北感を感じる。笑うけど。(まだか)

・OLという響きは甘美ですが、すでに死語になりつつあると思います。というかさせられています。ジェンフリか!言葉狩りか!
・プレイバックしないと込み入ってて分かりづらいと言う無駄な親切心は、青木師匠ゆずりでしょうか。
・サッカーは分かりそうですが、まだ絵に違和感がある。野球の線だ。原作者の人は「U-31」のときも、結局、監督論には踏み込まなかったですが、どっちかっていうと、こっちのが描きたかったのか、それともジェフサポだけにオシムを見ちゃって触発されたのか。ただ、奇策を弄して「失敗する」のは弱いチームに許された最後の特権であって、「ホントに強くしたらジャイアントキリングじゃないじゃん」とか突っ込んでみたり。
・昼メロ上等。ローランの年齢不詳感たっぷりの絡みとイッセーのキャラと違和感がない辺りが特に。
・むしろ作者自身が欄外に感想を書いてるようなマンガだと。
・内臓は好きです。調布の朱雀門て、まだ店やってるの?>マサミチ(私信)
・絵を描いてない時点で企画破綻だろコラ。
・なぜか読みます。
・これもなぜか読みます。それも2度くらい

・もう東大はいいから野球マンガでもやってろと。
・実家の猫は甘いものを食いません。猫は甘さに対する味覚がない、と言われますが、じゃあどんな味に感じるんだろうと。
・僕があおいもはるかも萌えないのは、スポ根女子に属性がないせいでしょう。
・子猫が子猫として可愛いのは、生後4ヶ月までだと思います。その後は大人の猫として可愛いのです。
・ギャンブルレーサーと何が違うのかと小一時間(ry
・精神集中してないと、1回目でツボを外して笑えない。そして、2回目を読む前に脳がオチを理解してつまらない。どんなゲームですかそれ。

・教授がいつもどおりでも終わらないのは、意外と人気があるのでしょう。
・これは「大和カコイイ!二式水戦イカス!!みらいの後部甲板からどうやって海鳥とシーホークを同時に収容できるのかと問い質したいていうかVLSのセルに入ってるのはどう見てもESSMではありません本当に(ry」と言ったりするためのマンガです。
・何を描いても格闘マンガだ。
・読まない。というより、読めない。
・読んで面白いかというと、どうでしょう。読みますが。
・スポ根だよな、やはり。
・危機感とスリルに深さがなくなってきた気がする。やはり本人が山に行って遭難すべきか。

・あれを面白いと思う人の感想をぜひ聞きたい。本気で。
・松本大洋を目指すには、力量が追いついてないのではないか。
・葛原さんの出ない榎本なんて。<ものすごく同意。
・レシピのページだけ毎週スクラップしてる人を知っています。マジで。

確かに、「様式性/安定性や静的な美に対する嗜好の違い」というのは、あるように思います。”様式美”は成り立ちと共にそれ自身を自己目的化するようなところがあって、僕はそういうのを嫌わないですから。「そうしたいなら、とことんまでそうしなさい」と。粋なのか、拘りなのか、単なる意地や偏屈なのかは線引きの難しいところですが、乱雑さがあると、そこを整えてみたくなる性分ではあると。いや、乱雑に置いておくことの意義は分かっても、「それで良いの?後悔しない?」と言ってみたくなるみたいですね。はい。
[PR]
by eixeix | 2007-03-09 20:45 | 日常とか。
開幕戦
の話ぐらい、してみましょう。

ディテールの話よりも、まずは勝ったことを素直に喜んでおくこと。
その上で、次が大事、次が大事なんだ、と心に言い聞かせること。
まぁ、そんなもんですかね、と。
5-0というのは、少しやりすぎ感があるものの、同じく大勝だった昨年の開幕戦と異なり、それなりに統一感とか、安定感「らしき」ものを見せた上でのリザルトなので、不信感が起こるところまではないかもね。

フッキのやり口はムチャクチャだと思いますが、そこはそれ、チームの雰囲気も良いのでしょう。彼を上手に、その気にさせてるようには思いますね。
ルーキー2名が、それぞれデビュー戦としてはそれなりの内容を見せたことも、一応の収穫と言えるでしょう。
細かい部分では、まだ詰めるところが多そうですが、何かもう、このままどうにか押し切る方向に注力してしまった方が良い気がします。それなりに波はあるでしょうが、今の段階で故障している選手なども含めて、上手いことローテしてくれないものかと。

ポゼッション、というか、まあボールキープ率が非常に高い中で、例えばルイスがしっかりとボールを受けてくれるし、困った時にも名波に預ければいいし、大野などが守備にも参加しつつ、良い顔の出し方をしていると。
フッキが下がって受けた時に、ディエゴ、大野がもう少し良いコース取りでの走りをしてくれると、いろいろできそうかな、と思ったり。やっぱり中盤で「預けられる」というのは大きいなと思ったり。土屋、服部のところで抑えが効くので、戸川は動きやすそうだな、とか。

まあそういうところもひっくるめて、次は次。
[PR]
by eixeix | 2007-03-06 01:24 | サッカーとか。
びっくりするほど
内容の乏しいゲームでした。>>U-22

四ツ谷で仕事があったついでに足を伸ばしたわけですが、正直、寒いのを我慢してまで見るような内容のものではなかったと思います。前半の終了時点で完全に飽きが来てしまい、とっとと帰ろうかと思っていたのが事実です。

全体的な感想としては、この方この方とさして変わりません。
ひとつには、プレーがルーズだと言うこと。緩い。相手を舐めてたのでなければ、調整をミスしたとしか言いようがない。怪我人が出なかったのがラッキーだと思っておいた方が良い。集中力を高めるのが苦手な感じのするチームですが、個人のレベルがそんなに低いチームとは思えない。にも関わらず、凡ミスのオンパレードに、決断力を感じないパス。なんだこれは、という感じ。

それから、あまりフォーメーション論を語るのは好きではないのですが、やはりあの3トップには無理があるとしか思えないですね。3トップ本来の機能性、つまりサイドに対するファーストディフェンスの早さや、サイド攻撃の流動性、柔軟性といったものがまったく見られない。ゾーンも狭く出来ず、ミドルゾーンから攻守ともにズレが生じている。そもそも、戦術的観点からして、「なぜこの並び・チョイスなのか」というメッセージも見えてこない。素直に3-5-2でも、4-4-2でも、手っ取り早くて組みやすい並びに選手を当てはめた方が、もう少しマシな動きになってくるかと思うぐらいですが。

まあ、切羽詰ると意外に強力なものを発揮しそうな臭いのするチームですが、それだけ持ってるポテンシャルはあるとので、逆に何かこう、生煮えのような、落しどころのない希薄さが、とても嫌な感じです。はい。
[PR]
by eixeix | 2007-03-01 01:35 | サッカーとか。