<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ホーム最終戦
つうことで、v.s.仙台 in国立

ゲーム的には、まぁまぁまぁ。エンターテイメントには欠けるが、狙いは分かりやすい試合になったのかなと。
序盤、金澤が前線に出入りできるフォーメーションを選んだことは分かったし、菅原をほぼマンツーマンでロペスに付けたのも頷けるが、マルクスがやはり孤立するのと、広山が高い位置に行けず(しかもいつもほどのキレが出ず)に、ちょっと構成に苦しむかな、という展開。
仙台が珍しいことに3バックを敷き、それはそれで興味深く見た。やっぱりサイドから押されがちになったが、富澤・戸川というセンターバックの組み合わせは機動力があり、やや向こうの13番に入られる局面はあったものの、そこそこはいけるのではないのかと。
ヴェルディも途中でボランチの並びを修正して、ボールを動かしつつ前に行けるようになってたし、お互いの監督がそれぞれ、戦術的な手の内を見せたという意味では、それなりに見所はあったと言えるかも。
チャンスはあるものの決めきれず、終盤、お互いにプレスがかからなくなってきたところで、それぞれ開いた穴から仲良く1点ずつ、という試合。
失点の場面はなー、石川のマークとかもあるけど、あそこセンターバックかボランチが早めに切れてチャレンジに行ってればなー、集中力かなー、失点の仕方に進歩が見られないなー、と。
一方で攻撃は、狙いなり、統一感なりは出ていて、「何を今頃」という気分にはなるにせよ、まあ、まったく何もなかったわけでもないのだな、と思った次第。

ラモスなりにやりたいサッカーがあることは、別に試合後のコメントを見なくても分かっていることで、その目指してるもの自体に共感しないわけではないし、個人的には応援したくもある。ただ、ラモス自身にそれが達成できるかどうか、てのは、少なくとも今シーズンを見た限り、誰がどう見たって懐疑的にならざるを得ないのであって、じゃあそこをどう乗り越えるのか、指導者として賢くなれるのか、現実を受け入れ、理想の姿に芯を通すことが出来るのか、と、そこが見たいわけで。
僕は楽観主義者であって、人は進歩し、賢くなるものだと考えている。だからラモスが今年の自分の敗北を謙虚に認め、失敗と向き合って、何が足りなかったのか、周りの意見に耳を傾けて受け入れる事を期待しもする。どの程度期待してるかって言うと、そのつまり、アレだ。分かるな?

補強はそれでも必要だし、改善すべき点も多い中で、何から手をつけるか、どう道筋をつけるか、当然、近日中に発表されるであろう戦力外リストと、恐らく熾烈になるであろう年末年始の契約更改を経て、また難しい現実に直面せねばならんわけですが。

そろそろ寒くなってきて、冬を感じるようになってきます。
今年もあと1試合か。
[PR]
by eixeix | 2006-11-28 02:24 | サッカーとか。
寒くなってきました。
シーズンも残り少なくなってきて、色々と部分的に盛り上がってるところもありますが、そーいうのから取り残されている感が身にしみてきますね。

さてヴェルディは鳥栖と。結果は3-2での勝ち。
ただ内容的に勝ってたのは鳥栖の方だなぁ、ということは素直に認めねばならず、かといってヴェルディが勝利に値しなかったかと言われれば、それほどでもなく。
ユンや新居、キム・ユジン、濱田(ベンチスタート)といった「大駒」を欠く鳥栖だったけれども、やはり攻守の切り替えの速さ、奪ってからの連動性と、特にアタッキングサードにおける、ワンタッチ・ツータッチでの素早いパス交換や、積極的な縦への追い越しなど、見所のあるスタイルは健在であって。
多少、フィニッシュに迫力を欠いた部分はあるにせよ、藤田のように存在感を発揮した選手もいて、ヴェルディとしてはやりづらかったなと。最後まで相手の攻撃を十分に押さえ込むことは出来なかったけれども、一方で際どい所での粘り強さや、あきらめない追い足をそれなりに見せたことは収穫としておこうか。
お互いにミスからのカウンターとセットプレーでそれぞれ2得点あげた前半。
前半から「ボランチの距離感が良くないなー。富澤下げて金澤入れたいなー」などと思っていたら、ラモスが2点取られてから「菅原→喜名」のスイッチ。あれ?と思っていたら、後半頭から一柳→金澤。富澤を最終ラインに下げる。これで中盤に運動量と切り替えの早さが出た。途中から出た永井もいい動きを見せて、采配としては当たりの方か。
決勝点は、平本が自陣で相手のミスパスをカット。そのまま約60mをドリブルで独走し、相手DFの間を割って、さらに浮かし気味のシュートでGKをかわしてゴールにねじ込んで見せた。さすがに驚く。
鳥栖はこの1年での素晴らしい成長の跡を見せたゲームで、羨ましさを感じる、というのが率直なところだ。一方で、ひとつのミスに付けこむだけの経験や個人の能力にやや不足を感じたのも事実で、ユンのような経験あるプレイヤーを軸にどう育つか、というのが来年の方針にはなるだろう。
ヴェルディは相手のミスに乗じて、がっつりと個人の力量で勝利を引き寄せた。ムリヤリねじ伏せた、と言うにはやや力感が足りないものの、こういうゲームを散々落としてきたことを考えれば、これはこれで成長といって良いのかも知れない。
ま、来年のことはまた来年考えましょう、みたいなのでは困るのだが。
試合も終了間際になってからマサミチとアベちゃんを発見するも、試合後にあれこれやってるうちに取り逃がす。君たちは撤収が早すぎます。少し余韻とか楽しめ。すいません、今度飲みにいきましょう。

代表その他も雑感。
ユース北朝鮮戦はPKしか見てない。が、キックの質とか体躯とか見てると、差はありそうだな、とそんなことだけで思ってしまったような。
U-21韓国戦も、やはり力の差を見せ付けられつつも、結果としてドローに踏みとどまったのは良かったのか。さすがにメンバー的にきつかった感じは否めない。国立の中国戦では、青山・梶山のボランチセットの素晴らしさが印象に強く、特に青山のポジショニングや気の効いたパスのアングル・捌きに見入る。梶山は、やはりこの年代では特異な存在になりうる。あのボールの持ち方は非常に好みだ。そこ行くと、今回の谷口・細貝のセットはやや魅力に乏しく、組み合わせの難しさもあったのだろうが、Jで出している力を発揮できたといい難い。谷口の運動量、特に縦に出て行くセンスの良さは確かに目に付くが、やはりそれは、周囲との調和で生まれてくるのだろうな、と思った次第。っつっても、前半はちゃんと見てたけど、後半は裏のFOXでHOUSEやってたから、ザッピングというか、ちゃんと見てないんだけども。
A代表サウジ戦も、久々にテレビでちゃんと見た。徐々にチームとしての狙いは出来つつある段階なのかな。ただ、特に前半に、割と安易なミスが散見されたのが気にかかるかな。ポテンシャルを考えると、もう少しできるよな、とは思う。何はともあれ、勝ったことは評価されるべきで、左のアレックス・駒野の組み合わせに怖さが出ると良いなと。加地は代表っぽくなってきたなと。インド戦を見てないので良く分からないんだけど、このあたりがチームとして最低ラインになってくるのかー。どうなんでしょ。巻と我那覇という強さと運動量を兼ね備えたユニットは、この先の見所にはなるだろうけど、日本の標準にはなりうるのかね。もう少し観察してみよう。
[PR]
by eixeix | 2006-11-19 20:53 | サッカーとか。
サッカー色々
とりあえず横浜FCには勝ちました。豪雨の中、お疲れ様でした。
また試合がおわるころになってから止み始めるのが腹立たしいですが。
一応これで、J2全チームから勝利を挙げたとゆうことなんですね。

感想いくつか。
・豪雨の中、マルクスの悪賢いFK。
・小村が平本に抜かれた場面に、時の流れの残酷さを感じます。
・寒いつーか、痛い。
・アウグストがいない横浜FCは、少し馬力に欠けたかな。
・いつもどおりにやろう、という感じは伝わってきたけど、いつもどおりだけでは、少し薄い感じ。
・どっかでカズ投入された方が、ヴェルディとしては嫌だったような。

もう少し各論。
広山を2列目に下げたが、横浜のサイド攻撃に引っ張られて、どうしても2トップとの距離が開きがちになり、なかなか良い角度でサポートできない。まぁ、横浜もサイドを縦に突く早いボールは使えないようなコンディションだったから、どっちもどっちなのかなぁ。マルクスの守備参加がゆるい分、ボランチのポジショニングが散漫になりやすい。ボールを奪い返したときに、マルクスがもう少し速く動き出して、サイドのスペースを使ってくれるとボールを出しやすいのだろうが、やはり下がり目に足元で受けてしまう。しかも他の選手もそこに付けてしまう。それじゃぁ、スピードアップは難しい。よほど高い位置でカウンター取れれば別だが、意識的にFWの足元に当ててポイント作らないと、厳しいよなぁ、と。まぁ、FW2人がそれほどボール納めるのが得意なわけではないので、だったらサイドに流れて受けて、そこにボランチが出て行くとか、そういうのはもっと欲しい。

ベレーザと浦和のなでしこファイナルも見た。こちらはお見事。一分の隙もない、という感じ。酒井が出場停止で、荒川もベンチスタート、小林も怪我、などというのは、ほとんど瑣末なファクターとすら思える。完成度が高い。それから永里の存在感が、この2年でずいぶんと強くなったように感じる。成長が早いなと。

すっかり忘れてたが、U-21の中国戦も生観戦した。いや、四ツ谷で仕事してから、散歩がてらに外苑方面にてろてろ歩いてたら、国立の近くに人がいたので思い出したのだけど。
一柳が先発してたので、どきどきしながら見ました。普通にやれてて、ちょっと良かったねと。
中国が一本調子だったのもあるかなー。
[PR]
by eixeix | 2006-11-12 22:23 | サッカーとか。
昭和の香り
まだあったのか、TEACて。

ティアック、Wリバースカセットデッキを発表 (MYCOMジャーナル)

W-865Rは、2台のカセットメカを搭載したWリバースデッキ。左右どちらのデッキでも録音/再生が可能な上、標準速/2倍速でのダビングも可能。ワンタッチダビングスタート機能も搭載されている。
搭載されているノイズリダクションシステムは、ドルビーB、高域の特性を改善するドルビーHX Proも搭載されている。ワウフラッターは0.09%(W.RMS)+-0.1%。SN比は58dB(NR OFF時)。対応するテープは、ノーマル/クローム/メタル(再生のみ)。


正直、いつの時代の記事かと思ってしまいますが。
ていうか、前モデルではメタル録音やドルビーCなどの機能もあったけど、安定供給の観点から、使用頻度が高くない機能は省略されたのだそうです。へー。

ハイポジとか、フェリクロとか、言って分かるのは年齢と趣味範囲によるのでしょうか。この間、とあるジェネレーションに「500円札を見たことがない」と言われて大変にショックだった三十路の秋。

ネット販売時代になると、いわゆる「ロングテール」の関係もあって、こうした商品の購買層も端から掘り起こせる可能性もあるわけで、どの程度の利益が見込めるのかは良く分かりませんが、ニッチモノを作るメーカーにも光が当たったりするわけですね、はい。
[PR]
by eixeix | 2006-11-07 21:59 | 日常とか。