<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
とりあえず、勝ったか。
4-1は勝ちすぎだな、と思う。
現実的に見て、柏との間にそれほどの差はなく、上回っていた部分があるとすれば、縦への意識と、少しの運だった。

実は昨日、少しランドを覗きに行っていたので、スタメンなどについては事前に把握していた。藤田と金澤のところが肝かな、と思いつつ、ラモスが中盤でのマークの受け渡しと、前線からのプレスのタイミングについて細かく指示していたのを思い出した。結果として練習どおりハマった、というところだろう。一夜漬けのヤマが当たったという感じ。石川のサイドからのFKに菅原が入ってミドルシュート、という形も、実は居残りで菅原が練習していた形。そして枠から大きく外れたのも、練習の時と同じ。
ゲームの結果には偶発的な要素が強いが、練習でやったことを出そうとして、それが結果に結び付いたのだから、そういう意識が運を呼んだ、と大目に見ておく。が、一方でこうした対策にはやはり限度があり、例えばセットプレーでは現実的な高さの質の差、もっと言えば「体重差」に苦しんだ印象がある。
ザゲイロの2人が、早めのタイミングでブレイクして、積極的にクサビを潰しに行っていたのも、恐らくトレーニングどおり、ということだろう。
早めに先制点を取れたことで、柏のブラジル人たちが、ややセルフィッシュなプレーに走りがちになったことも、こちらとしては楽にさせてくれた要素になる。序盤のようにパスを素早くつながれる方が、今のヴェルディには辛かった。後半に流れを失った時間帯も、そういうプレーが多かったし。谷澤でもいれば、また話は違ったのだろうが。
菅原とゼ・ルイスの距離感が整ってきており、ラモスにはもう少し守備面で菅原を信用して欲しいところだ。平本は、1点目に見せた、あのバカげたスプリント能力を、もう少し有効に使う方法を自分なりに模索すべきだ。手始めに斎藤にウエーブのやり方でも習え。森本が日本にいるうちに習っておくべきだったとは思うが。そしてマン・オブ・ザ・マッチは藤田だ。文句は言わせない。シウバの初ゴールはひとまずおめでとう。とにかく頑張れ。

一試合勝ったところで、現実的な状況は殆ど好転していない。依然厳しい。基本的に楽観論者の私でも、これで波に乗れると思うほど甘い見通しは持っていない。

とりあえず、次も見せろ。
[PR]
by eixeix | 2006-08-23 01:24 | サッカーとか。
なんとまあ
声優の鈴置洋孝さんが逝去されたとのこと。

久しぶりにダメージの大きい訃報が・・・。ガンダム話とか振った途端にこれだもの。
誰だって、死ぬんだよ・・・、か。

僕らの年代前後で、鈴置さんの出ているアニメを見たことがない、という人は、たぶんいないんじゃないかなぁ。
56歳か。思えばガンダムから30年近くだものね。徐々に、よく知っている役者さんや俳優さんが亡くなっていくような年になったのね、僕もと。それは辛いことだけれども。
謹んでご冥福をお祈りいたします

なんか熱あるし。もう寝よう。

そうそう、今度いらっしゃったときには、ぜひお声をかけて下さいな。

あ。オシムジャパンだ。
勝ったね。うん。感想はもう少しチームを作ってから、かな。
[PR]
by eixeix | 2006-08-11 01:00 | 日常とか。
うーむ。
語るべき内容のないゲームについて、あれこれと述べるほどにヒマではないので、
いくつかだけ。

・結果はどうあれ、平本のシュートは見事だった。それ以外は何もしなかったが。
・怪我をしてからも、喜名が最後まで走りぬくプレーをした事が印象に残った。
・他の個人について、誰か語るに値するプレーをしたか?
・チームワークは、共通理解と、ピッチでの言葉に宿る。
・恐怖と戦え。怯えを見せるな。歯ぁ食いしばれ。
[PR]
by eixeix | 2006-08-07 01:29 | サッカーとか。
仕事の合間に
三ツ沢まで車飛ばして、ユースの決勝を見てきました。
開始早々に、ガンバ右サイドから入ったクロスをニアで合わせられて失点。
それからはペースを作ってよく攻めたのですが、点を奪うことができませんでした。
0-1での惜敗も、内容的には良い時間帯もあり、少し運であるとか(2度もバーに嫌われるとは!)、ゴール前での工夫であるとか、その辺りがあればな、という感じがしました。
個別の評価はともかくとして、攻守ともに統一感があり、その点では時間が押し迫ってから、パワープレーに出たことが結果として良かったのかどうか、という気持ちもあります。
ただ各個人の成長のあとが見えた試合で、これから伸びそうな選手も見られました。
ここから冬にかけて、どれぐらいチームとして、個人として伸びてくるか、その辺りの楽しみを収穫としたいと思います。

それから、少しは自制してください(笑)。RE:RE:とかしようと思いましたが無限ループを恐れて止めます(笑)

さて。話変わって35万の立体模型。
ガノタと呼ばれる人たちの分類として、作品が多層化したのと同様に、ファン自体も多層化しているため、非常に多く分類されるわけで。例として、
「ファーストのみが神聖だよ」(富野喜幸原理主義)、「逆シャアまでがガンダムだよ。そしてジオン・ダイクンのもとに召されたよ」(赤い彗星派)、「Zの映画版は認めないよ」(島津冴子派)、「Vガンダムまでは認めるよ」(精神的ショタ派)、「Vガンダムは認めないけどシャクティは神聖だよ」(精神的ロリ派)、「W第一話のヒイロにいきなりやられたよ」(精神的腐女子派)、「Gガンダムもガンダムだよ」(東方不敗主義)、「ガンダムXという題名を見ただけでXXの登場を予想できたよ」(カテゴリーF派)、「種厨は氏んでいいよ」(原理主義過激派)、「メカが好きなだけだよ」(古典大河原邦男派)、「メカが好きなのでガンプラ作るよ」(バンダイ主義)、「むしろガンプラ作りこむよ」(バンダイ主義ホビージャパン派)、「すべてのプラモに神性が宿るよ」(タミヤ派)

などね。参考文献(笑)。

だから、というか。立体化された「モノ」に対しての思い入れというのは、作る過程を含めて愛するか、ただ表現主体の中においてのみ、その愛情を充足させうるか。もうひとつには、物語そのものとそこにあるセリフや精神性に比して、MSのような「モノ」を単に「ギミック」とみなすか、それ自体が物語と不可分であることを認めつつも、「すべて」ではない以上、遠ざけておくべき存在として、容認しつつも距離をとるか。
そこらへんで立ち位置が決まってくるような。
富野監督自身は、「ガンダム」という存在との距離感に苦労していそうだけれども。

つらつらと。
[PR]
by eixeix | 2006-08-05 23:14 | サッカーとか。
やばい。
なんか色んな意味で挑戦されてる気がする。

しかし前回は断念しただけに、今回もやっぱりあきらめそうな気がする。

そんなことより突然、今週のモーニングに関する感想。

・やっと伝七郎とやるのか。
・ジパングはオチが見えてきた。というより、もう1年ぐらい「オチは見えたからさっさと終われ」と思っている。
・かわすみひろしの絵は好きだ。ブルーハーツも好きだ。それだけで十分か、それではつまらんか。結局、こういうのが描きたいのだろうなぁ、というのは何となく分かる。
・OLと会社員の話だけで、しかも進化してないのに、このクオリティはすげえと毎週思う。
・行政書士は水戸黄門ではない。
・「美味しんぼワイン版」は、果たして連載を終えることができるのか、こんなペースで。
・ひまわりで笑ってしまうと、敗北感を感じる。笑うけど。
・とりぱんは、夏になると鳥が出ない。それもまた一興。そろそろ虫か。
・登山マンガを読んでて思うが、塀内夏子の描く「男らしさ」みたいなもんへのシンパシーが、自分の中にあるように思う。ただサッカーだろうが氷河だろうが、基本的に構図とカットとコマ割は一緒に見える。読みやすいからそれが良いけど。
大橋ツヨシは天才
・弘兼(夫)は、いつまでも三流経済誌の受け売りみたいなマンガ描いてて、飽きないのであろうか。
・弘兼(妻)は、どうにも生臭くて生理的に受け付けない。あれはホラーだと思う。
・きっとサラ・イネスと私は笑いのツボが似てるのだと思う。マキオちゃんの本名が富井真樹夫だというだけで笑えるかどうか、というのは人を選ぶ。先生、もっと捻ってください
・ハエが休みだと、損した気分になる。
・「刑事」は、つまりこのシリーズ、ナニが言いたかったのかさっぱり分からない。
・チェーザレは割と好きが、どんどん後ろの方に行ってるのが不安だ。


亀田?ああ(笑)
[PR]
by eixeix | 2006-08-03 23:29 | 日常とか。