<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
落穂拾い(笑)
島魚さんに久しぶりにお会いした。
ふたりとも「う~ん、勝ったけど、ねぇ」みたいな感じ。そりゃ大概の人がそうであったろうが。

前半、あれだけチャンスを作れない中で、まともなシュートが平本のヘディングだけ、というのは何とも皮肉な話だ。
平本自身の出来はそれなりであるが、なかなか点が取れる気配がしない。

チーム全体の統一意識として、ゴールまでへのイメージが描けていない。サイド走らせてクロス上げてセンターフォワードに任せる、というような戦術が出来そうな面子でもなし。パスで崩すという割にはパスに言葉がこもってないし。さぞかし監督はイラついているであろうが。

ワンタッチパスを意識的に増やすか、練習でスモールフィールドでのツータッチゲームでもやってみれば、と。

それからアナイウソンの役割を限定化した方が。どうにも苦し紛れのキープというか、「キープする以外方法が無い」みたいな状況が多すぎるのではないか。

せめてアナイウソンがツータッチ以内にボールを出せるシチュエーションをみんなで作る、みたいな方向でアタックの約束事をまとめた方が良いんではないだろか。

バジーリオはチャンスあればそれなりに決めるべ、恐らく。
[PR]
by eixeix | 2006-03-19 02:10 | サッカーとか。
愛媛~。
横断幕が秀逸だな、みかんの人。友近が見られなかったのが残念。
愛媛とチームに関して言うと、4-4-2の3ラインが整い、球際の寄せが速く、非常にディシプリンのある良いチームだ、という印象。結果としてヴェルディが1-0で勝ったゲームだが、内容に関して言えば、申し訳ないが「技術の差」がフィニッシュの精度の差になってしまったゲームで、例えば愛媛の2トップが力のある外国人選手だったとしたら、まったく違うゲームになっただろう。

ヴェルディついては結果オーライ。以上。他になし。

というのも寂しいので、それなりに個人的感想も少し。
前半、相手ボールキックオフなのに、風下をチョイスしたことが、まず「?」だった。このときから後半勝負だと考えていたのであれば、それは消極的な態度だろう。そこまで考えずに、「普段どおりの位置から」というのなら、それは無責任な態度だろう。結果的に愛媛に足の長いボールを使って押し込まれ、リズムを奪えなかったのだから、現実的にはこのチョイスは誤りだった。苦戦の要素のひとつ。もうひとつはサイド側の芝の荒れを気にしてか、パスを中に寄せてしまったこと。サイドの使い方にまだ答えが見えていない。
初出場の喜名については、とりあえずGood、ぐらいの評価。久しぶりのゲームという要素を考えれば、まずまずといったところではないか。前半、平本に出した左サイド長めのパスは、バウンド時に、急に変な減速をしたように見えた。バックスピン?あれが意図した球質とコースだったのなら、それはセンスとしては面白い。少なくとも平本がファーストモーションの裏への飛び出しを忠実に実行していたら追いつけたボール。金澤ほどのアジリティはないが、金澤よりも体幹に強さがあり、人を背負ったプレーでもキープする力がある。やや迂闊な飛び込みが目立ったが、後ろの戸川、萩村の力を考えれば、受けて下がるよりは無難かも知れない。現状では、金澤と同等ないし、もう少し高いレベルで評価を与えて良い選手だと思った。
斎藤も運動量を発揮して、アシストだけでなく、全体に良い仕事をした。点を取れればなお良いが、現状ではオプションとして及第点だろう。
永井については、「最初の10分でその日の調子が分かる」。今日は最初の5分で「これはいけそう」という感じ。ゲームに「効く」時間は短いものの、キープ力とタメでゲームの流れを変えた。
得点につながったカウンター時、中央に作られたスペースに忽然と現れ、充分に相手DFラインを引き付けてから、ウェーブして右サイドに流れた斎藤に完璧なタイミングでのパス。斎藤がドリブルでのタメから中央に折り返すと、低いボールにきちんと合わせて決勝点。
さすが永井社長。まさに真骨頂。職人芸。なのにちっとも「いぶし銀」じゃない。そこが永井の永井たる所以か。
一方、永井に交代した大橋については、このゲームに関して言うと、何もしていないに等しい。セットプレーという観点でのみ彼をピッチに残すべきだ、というのは単なる過大評価であるし、実際、ゲームの中で機能性を発揮していないのならば、チョイスから外すべきだ。ただ大橋については、もう少し監督側で役割を整理しなければいけない。彼自身がピッチ上で戸惑っているように見える。サイドハーフとしての仕事を全うさせたいなら、逆にボランチに大野を置く必然性が無い。ラモスはそういう状況を判断すべき時期に来ている。
右サイドバック先発の藤田も、それほど悪くなく。ロングスローも踏まえ、柳沢と適度に競争させるべき。左サイド菅原が攻撃で機能することに関しては、まったく期待できないだろう。アナイウソンの負荷が大きくなるところを、大野が運動量で埋めようとするなら、やはり右の大橋の仕事をもっと単純化するか、あるいはFWとの関連性を明確にしなければ。それが出来てないから、無為に左サイドにボールが集まって、本来、開いて形を作りたい右からの攻撃の機能性を減退させている。
得点につながったカウンターの場面では、パス、ラン、意図が全体として上手く作れた。ボールを奪うところまではそこそこ行けているが、そこからの形をどうするか。バジーリオと平本が、サボらずに裏へのムーブに絞って仕事をしてくれるというならまだしも、FWに付けてから全体を押し上げたいなら、中央がもっと良い配球をしなければならない。が、その任を負う大野が、残念ながら機能していないと言わざるを得ない。重ねて言うようになるが、大野と大橋の仕事の役割をもっとシンプルに、明確にして、外国人2人との連携を構築することが重要になるだろう。
あ、平本はさっさと点取れ。あと、終了間際に押し込まれたぐらいでバタバタすんな。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-19 01:38 | サッカーとか。
少し遅れて。
湘南戦の感想など。

うーん。完敗。向こうの注文通り、という感じでしょうか。
シュートはかまされた2本も含めて、たぶん5~6本だと記憶してますが、こちらはその倍ぐらい打っても、「打たされた」印象が強く。
前半はそこそこボールをつないで崩しにかかれていたけれども、湘南が最後のところでよく集中していたし、それでも我慢してれば向こうが先に根負けするかなー?と思って粘ってたんですが、こちらが先に根負けしてしまった、という感じでしたね。
2失点ともカウンターから。1失点目は中盤の悪いボールの奪われ方から、佐藤に突破を許し、相手のブラジル人(ファビオ?)にダイアゴナルに入られてバックラインを「割られて」しまいましたね。水原が一度はストップしたものの、センターぽっかりで、横山に詰められました。横山にマークにつくはずの金澤が前のほうで痛んでましたんで、あそこはもう「水原お願い!」って状況ですから、仕方ないすね。終了間際の2失点目も玉砕覚悟でCKに人を集めてたところを拾われて縦につながれ、大野のマークミスもあってサイドを振り切られ、またも横山に中央で詰められて、万事休すと。
湘南が非常にコンパクトに中盤を作ってきていて、じゃあどうやって対抗するか、と考えると、そこは早いタイミングでパスをつなぎながら、中盤とFWのポジションチェンジを入れたり、中盤が中にカットインしながらサイドをオーバーラップさせるなり、という手が必要だけれども、選手たちはそこまで頭が回ってない感じだったなぁ。おかげで前は大渋滞、後ろは出し所がなくてプレッシャーかけられて苦しんだ挙句、意味もなく放り込んでくるような状況になり、「こらあかんわ」と。向こうのコンパクトなゾーンが崩れてないのに放り込んでも、セカンドボール拾われてカウンター食らうだけだろうに。
永井投入も、渋滞がひどくなっただけで、飯尾は何とか開いて受けようとしてもボールが出てこない始末。デジマールにもボールがまわらなかったし。暑さや疲労が若干は影響したかも知れませんが、その程度で終盤に止まるようでは、この先戦えないだろうと。
コンビネーションの問題はあるんでしょうけれど、やっぱり大野を中盤の底で使うのは無理があるな、と率直に思うわけで、あとは本人がどういう風に自分の位置を考えていくかと。大橋もセットプレーはともかく、流れの中ではあまり効いていないし。
あとはアナイウソンが周囲と連携やコミュニケーションがまだ取れてないのが見えますね。ここはもう少し我慢して改善するのを待ったほうが良さそう。バジーリオも、どうもアナイウソンが出てると、そちらばかり見てる感じがします。
そうやって見てると、攻撃面の問題が守備陣を圧迫するという典型例のような試合で、一歩進んで考えると、やはりサイドバックの質の低下が、状況を悪化させてる気がするなあ、と。
いずれにせよ、中盤の役割や戦術の整理はもう少し必要でしょうね。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-14 01:08 | サッカーとか。
ACL初戦
蔚山現代と国立にて。0-2で敗戦。

蔚山はお世辞にも良い出来ではなく、評価としては微妙なところ。
ヴェルディの出来も「それなりに良く頑張った」というレベルか。
前半はそれでもまずまず。立ち上がりに不安定なラインの裏を突かれて危険な場面を作られたが、それ以降はどうにか立て直したか。後半はさすがに地力の差というか、ディフェンスのミスという問題はあるにせよ、力押しに負けた、というのが事実ではないか。競った試合内容だっただけに、むしろ力の差が出てしまったかなあ、と。蔚山の方がパワーでもスピードでも上回っており、抑えきれなかった印象。

やっぱりボランチゾーンは問題かなぁ。大野が低い位置の時に見せる「はっきりしない」感じがどうも引っかかる。スピードがないという問題点が、DFラインに近い位置だと余計に顕著になる気がするし。金澤もプレッシャーを掛けられた時のバタバタ感が今ひとつ気に入らない。2人とも、もっと瞬間的な判断を早めてリスクを減らすようにした方が。どうせならデジマールも見たかったのだが。
右の柳沢が非常に良くないところを見せ、何だか自信がないようなプレーに終始。あれ?という感じ。菅原が少なくともディフェンスでは本領発揮していた(しかしポジショニングとかボール際に入るセンスはあるな、相変わらず)のと比べると、どうもね。センターの2人は立派なもんだ。DFの熟成が早いとこ進むのを希望する。
アナイウソンは攻撃より、むしろ守備面で意外とボールの奪い方が上手いなと、妙に感心した。体が小さくてもブラジルのトップでやれてただけのことはある。バジーリオはいつもどおり。廣山も久々だったが、こちらもキープ力でチームを助けた。蔚山のDFは、明らかに飛び込みづらい雰囲気だったしな、立ち方とか。ただ一時期よりだいぶスピードが落ちてないか?そこは気がかり。
斎藤は、ひとまずお疲れさん。運動量の豊富さ、動きなおしの意識の高さには見るべきものがあったが、点を取ってないので、今のところそれ以上の評価は難しい。技術的にも少し精度に疑問符がつくが、まあそこはいずれどうにかなるだろう。
大橋と平本を敢えて温存し、飯尾もそれほど使わなかったところを見ると、ラモスとしても「まあ、こんなもんだろ」という感想か。

ただなぁ、カウンターでしかチャンスを作れてないのに、カウンターで決めれないんじゃ、この先苦労するぞ、と。そういうのがまとめ。

蔚山もこれで全力というわけではなかろうし、やはりチーム全体として、パワー、スピード、強さとかそういうレベルのところで差がついてるのは確かだなぁ。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-10 00:32 | サッカーとか。
開幕戦
ちゃんと見に行きました。4-1で勝利。ひとまず結果はOK。
チームの仕上がりを云々というより、これだけ寄せ集めだと未完成なのは承知の上で、じゃあ現段階でどこまで出来るか、J2中位レベルチーム相手だと、どこが通用してどこが問題なのか、その辺を知ろうというような感じで見てました。

前半は「だめだこりゃ」という感じ。球際での厳しさに欠け、相手のプレスに慌ててミスを繰り返し、ボールを丁寧に扱えず、ランの量も質も足りない、と。選手のコメントなど見ると、よほど過緊張だったのかも知れないが、パスはつながらない、競り合いには勝てない。ボールキープをしっかり出来ないとナイナイづくし。
一方の徳島、非常に出足が早く、プレスへの集散、ボールを奪っての切り替えとも、ヴェルディを圧倒。あまりに早い上、一見して必要のなさそうなエリアまで追い込んでくるので、「こいつら、90分もこれをやる気か?」と信じそうになった。徳島のアタックはいたってシンプルで、まずボールを奪ったら羽地を見る。羽地にあてられるようだったらハイボールを付けてくるし、それが無理ならアタックに切り替えた時に必ず動き出しているサイドハーフに対してボールを出してくるか、ハーフの前が抑えられていれば玉乃が動いて受けにいってる。そこでタメを作れれば、もうひとつ後ろからオーバーラップが入る。技術的にはともかく、リズムというか、テンポが良い。オーソドックスな分、単調とも言えるが。
玉乃がPKもらいに行って、シミュレーション取られたシーンは苦笑い。桜井だったら、相手が手を出してきたのを利用して、もう一歩中に踏み込むか、カットインして内側に切れ込んでいったはず。慌てる乞食は貰いが少ない。ペネトレイトしてきたなら、相手よりも前に踏み込む勇気が必要。修行が足らん。
結局、セットプレーから羽地にヘッドで叩かれ、水原がファンブルして得点。そこからもリズムが作れない。難しいなーと思ってみていた。特にボランチ2人の出来が良くない。金澤はプレッシャーのかかったところで細かいミスが多く、リズムを作れない。大野は守備に意識がいった分、最終ライン近くでプレーするような状況になってしまい、攻撃にほとんど関与できない。つなぎに入るはずの永井にいたっては、ピッチ上で存在を見つけることすら難しいような様子。さらに両サイドバックにミスが多く、で、当然のように2トップが孤立する。
ただ平本が途中、ドリブルから目の覚めるような、強烈なミドルを放ち、徳島の守備を少し慌てさせた。そこからちょっとリズムが取り返せたようで、前半終了間際に、右サイドFKから、ファーで萩村が合わせ、何とか同点に追いつく。

後半、永井社長を下げてアナイウソン投入。ていうか、最初からそうやってろ。
アナイウソンのポジショニングは抜群。小柄な体格に似合わず懐が深く、ボールを収める技術、パスのセンス、スピードとも申し分なし。今の中盤構成を考えると、大変ありがたい存在になりそう。そのアナイウソンが後半8分、平本の落しに反応してラインの裏へ。やはり一歩踏み込みが勝る。ファウルでPK獲得。これをバジーリオが決めて逆転に成功。後半早々から主導権を握ると、あとはほとんど、自分たちのペースで出来ていたのではないか。アナイウソンが入ったことで、中盤にひとつタメが出来るようになったことと、そのため下がり目の位置からから大野が前に出られるようになり(恐らく監督の指示も含めて意識的に)、アタッキングエリアを上手く使えるようになった。ディフェンスゾーンを充分にコンパクトにするところまではいかなかったものの、ある程度押し上げが出来るようになったことで、両サイドのポジション取りが高くなり、徳島のサイド攻撃をようやく少し押し返した、という感じ。3点目はバジーリオのキープからファウルを受けて、大橋の直接FK。「一番得意な角度だよな」と見ていたが、いや、見事見事。これで勝負あり、の感。徳島の足が止まった。ヴェルディも緊張していたが、どうやら徳島も入れ込み過ぎの部分があったようだ。4点目もペナルティエリア横右サイドからのFK。大橋のキックにニアに滑り込んだバジーリオがヘッドで合わせ、とどめを刺す。やはりヘディングはポジション取りとタイミングと勇気だ。
セットプレーからのみの得点だが、ともかく4得点を挙げて開幕戦の勝利を飾った。
選手個別の印象を幾つか。
水原は久々の先発。DFへの指示はともかく、まずキックのミスが多く、ボールの質にも問題があった。ここは高木と比べて劣る点であるのは分かっているのだが、もう少しどうにかしてもらわないと。飛び出しの判断、パンチングの判断も含めて物足りない内容。萩村はOK。得点の場面もそうだが、高さの面で心強い。ただ失点の場面の反省は必要。戸川はサイドに引っ張られる時に慌てる傾向あり。冷静に。それからセンターバックの2人はフィードの質をもっと改善してもらわないと戦えない。戸川は毎日、左足のフィードを自覚して練習すべき。
柳沢は前半、片岡への対処に忙殺されるも、後半は多少盛り返す。技術の精度には課題。藤田はやはり、判断が遅い。後ろからのボールに対して仕掛けていくのであれば、前への突破と、中に入ってのミドルという選択肢をきっちりと仕分けして、もっと早いタイミングでプレーチョイスすべき。しかし小柄ながらパワーを感じる。何気にロングスローも良い。金澤は前半少しミスが目立ったものの、後半は落ち着いてさばいた。守備の軽さが気になるが。大野はもっとやれる。チームを引っ張るプレーが特に後半は出てきたので、後はチーム作りの過程で、彼がどうチームの軸になるか。大橋は予想以上。3得点に絡んだこともそうだが、小柄ながら非常に質の高いボールを蹴る。ハートのあるプレーもできる。今後が楽しみだ。平本は、まあこんなもんだろ。早く点取れ。バジーリオの冷静さと献身、老獪さがチームを救った。アナイウソンも充分な働きだった。ああ、永井社長の評価は点を取ったときだけやろう。まあそんな感じか。

内容が悪かっただけに、点を取って勝てたことには大きな価値がある。
個人の部分で少し上回っていたのが結果につながった、という感がある分、もう一歩組織のステップを上げる必要が出てくる。
大橋、大野、バジーリオ、アナイウソンといった辺りが、攻撃面である程度機能することが確認できたのは収穫。グループとしての質はもっと上げていかないといけないが、少なくとも悲観的になる必要はなさそう。
ディフェンス面では、もう少しボランチとバックライン、サイドバックの関係を明確にして、コンパクトに守るのであれば、自分たちの守備エリアにもう少し責任を持たせないと。そこらへんが改善されてくれば、好守の切り替えにももっと早さが出てくるだろうなと。

オフィシャル試合詳細
試合詳細は良いのだが、スライドショーのスクリプト、なんか間違ってるぞ。Javascript埋め込んだAタグに[target="_blank"]を入れると、別ウインドウがもう一個開いちゃうぞ。直しといた方が良いと思うぞ。
[PR]
by eixeix | 2006-03-05 23:43 | サッカーとか。
働く働く
まだまだ忙しくはあるのですけど。
そろそろ開幕っすか。開幕っすね。

何となく、99年のことを思い出す。なぜかあの当時発売されたTシャツがまだ手元にあって、己の物持ちの良さを笑うわけだが。そこに書かれているメンバー、わずかに25名。2種登録だった平本らを除き、今はもう、誰もクラブに残ってない。
98年のオフ、ラモスが引退し、会社の体制変更に伴うリストラによって、カズ、柱谷といった選手たち、さらに数多くのユース出身選手たちがチームを解雇された。練習生を含め40人を越えていたチームから、半数以上が放出されたのである。レギュラー格だった土屋らの流出もあった。それは傍目で見れば、クラブの崩壊に近い状況だった。
やってきたのは高校サッカーの監督。メンバーを見ても、W杯の夢を目前で絶たれたキャプテン、代表歴はあるけど一線からは遠のいたベテランたち、3人合わせて給料1500万のブラジル人に、忘れられた天才、出番を失って神戸にレンタルされていた異能のボランチ。その後輩たちは経験2~3年目で経験も知名度もなきに等しく、ルーキーはと言えば、ひ弱なユース出に、DQN、160cm、大学生と、それに、デカイだけが取り柄の練習生上がり。補強といっても体重に問題を抱えたMFだの、解雇されたサイドバックだの。さらにはシーズン途中で代表経験のあるDFを放出して、レッズのサテライトから無名のFWを補強してるぐらい。
考えてみればヒドイ話であるな、と書き出してみて思うわけだが。

あの時見た、北澤豪の、その姿を思い出す。
その年、W杯出場を目前にして代表から切り落とされ、リーグ後半のチームはかつてないほど低迷し、オフには尊敬するベテランがチームから切られ、後輩たちの多くも放出され、自分の給料は半分になり、さらに他チームからのオファーも受けたと聞く。
彼は何故残ったのか、そこにあったものは何かなと。
自分の一生を左右するほどの決断だったと思うし、どちらをとっても苦悩があったと思うのだが、北澤がそれを表に出すことはなかったし、毅然と、淡々と、しかし情熱を持って、彼はクラブを率いる立場についた。そこから意外な変化があったな、とも思っていた。それ以前のチームにおいて、北澤はカズやラモスの下の「やんちゃな末っ子」であり、中心選手ではあっても、仲間を率いるタイプには思えなかったのだけれど、しかし彼はそのシーズン以降、チームの精神的支柱であり、ピッチに出れば鼓動しつづける、言わば「二重のハート」として君臨し、ヴェルディの歴史において、永遠の存在となった。
クラブが北澤のような選手を尊重し、また北澤自身がその実績とプレーによってクラブに対してプレゼンスを持っていたという見方もできるが、難しい状況であり、できることも限られていたからこそ、お互いに協調して進む方向を決めることが出来たという側面もあったかも知れない。ただ北澤という選手が、対外的にフロント(という言葉が指すもののあいまいさを、僕は余り好かないのだが)との関係を語ったことがほとんどないため、どのような関係だったのか知る術はないのだが。
クラブ、フロント、チーム、地域、サポーターといった要素は、個別に線でつながっていると言うよりは、むしろ重なった面のようなものだ、と僕は捉えている。抽象的な話で、上手く伝わらなければ申し訳ないのだが、要はその重なった面積が広いほど、クラブとして安定感があり、そのアイデンティティを具体化し、他からの親和性を高めるのでないか、と。ヴェルディというクラブを見ていると、まだそれぞれが互いの関係を線として捉えているか、ないしは個別の塊のように思っている気がする。この関係において、常にお互いの利害(という言い方が正しいかどうかはともかく)が必ずしも一致するわけではないし、結果が重視されるこの商売では、互いに批判を避けられないというのも事実である。だからこそ、単に「それぞれちゃんと仕事をする」だけではなく、やはり互いを重ねていくためにも、はっきりした目標設定やそのための手段の構築をし、そしてその方向性に収斂させるための媒介が必要となってくる。かつてそれは李国秀の示した理論と、北澤豪のパーソナリティであり、しかしそのあとに設定された松木監督という要素は、クラブの方向性を破壊する代わりに、結果論としてエジムンドという極めつけの媒介物を呼び寄せてしまった。それ以降のヴェルディは本質的な進化の方向性を見失い、山田卓也とアルディレスも、残念ながらクラブの方向性を決定付けるほどの媒介にはなり得なかった。今度はラモスがその媒介になりうるのだろうか。だとすれば、ピッチでの具現者は誰になるのか。

自分が99年の開幕前、何を考えていたかなーと思い出してみると、不安感よりは、どちらかと言えば期待感だったように思う。ただあの時は、練習も頻繁に見に行ってるヒマ学生だったから、練習内容についての実感はもっとあったし。今はどうだろう。今年まだほんの少ししかヴェルディを見てないわけで、どうにも評価のしようがなく、不安感もないが、期待感もない、というのは正直なところであって。
J2という未知の舞台、完成にはまだ遠いチーム。しかし、希望は捨てないでおこう。


昨日、汐留某所にて仕事の打ち合わせをしておりましたらば、偶然、この方にお会いしました。同じ場所で打ち合わせしてたのね・・・(笑)。ちょこっと挨拶程度にお話して、軽く握手いたしました。
みんな働いてます。僕も働きます。
[PR]
by eixeix | 2006-03-03 00:22 | サッカーとか。