<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ナビスコ v.s.広島 2-2 引き分け
オフィシャル試合詳細

タイトルが長いのはめんどくさいということにようやく気づく。
風邪気味で体調が悪く、ひとまず国立のバックスタンドにて観戦。行きがけに新宿小田急ハルク地下食品売り場のリトル・マンマでロコモコボールを購入していく。スタジアムに着いてから食べてみたが、680円という価格を考えても、ボリューム、味とも大変結構であった。国立や味スタは食糧事情が悪いので、それはそれで自分で工夫することも必要かと。どうでもいい話だが、新宿駅前でガンバの大黒を目撃す。買い物でもしてたのであろうか。

試合の話。
ヴェルディは相馬が出場停止、大悟がベンチに戻ってきたものの、相変わらず米山は不在。戸田はベンチ、山田をベンチ外に温存し、玉乃と久場を先発に持ってきた。これはアルディレスにとってひとつのトライか。サンフレッチェも駒野、ベット、大木らを温存。ジニーニョ不在の中で、3バックに変更してきていた。両者ともに、多少、様子見という感があるメンバー。
試合の内容は全体にヴェルディがボールを持ちながら攻め気が足りず、広島は前半からプレスに精彩を欠いて、長いボールに頼りがちという印象だった。
ヴェルディは特にボールを持ってから、動かし方に時間がかかりすぎたという気がする。先制点はキレイなワンツーをワシントンと平本の間で決めたもので、そこにいたる過程としても、ボールを動かしながら徐々に広島のプレスをくぐってラインを下げさせた結果であり、偶発的な要素はあるにしても、狙い通りの形とは言えるだろう。一方で終了間際の劇的な同点弾は、あの局面で冷静にドリブルで一人外して強いクロスを上げた戸田のセンスと、ワシントンの持っている強さや技術が出たものではあるが、本来やりたかった形ではなく、結果としてそうなった、という風に見えて、それはオジーのコメントからも伺える。
問題点として、1点取ってからの攻め方であり、もっとシンプルに、正確に、積極的に前へ行く姿勢が必要だったのではないか。リスクを恐れてか、押し上げは薄く、間延びしがちで、手間ばかりかかって肝心のフィニッシュに届かないという場面が多い。パス回しそのものは技巧的な場面があって楽しいことは楽しいのだが、それはやはり決めてナンボというところもあるわけで。
一方の広島は、小野監督の思想がよく見える。非常に細かいところまでコツコツ積み上げている感じがあって、例えばスローインやセットプレーへの動き出しは常に早く、ボールが「止まった」瞬間から集中力があって、恐らくトレーニングでは念仏のように「切り替えを早く」と刷り込まれていることは容易に想像できる。ガウボンの1点目も、その早いリスタートから生まれている。李が競り合いの中で故障したという点はあったにせよ、ヴェルディの守備陣の集中力を、広島の意識が上回っていたからこそ生まれた得点で、そこから畳み掛けた集中力に、トレーニングの後がうかがえる。ただ3バックにしたせいか、前半からいつものような高い位置でのプレスに連動性がなく、ヴェルディの両サイドと中盤でのパス回しを上手く捕らえきれていなかった。佐藤寿人の裏への動き出しと、ガウボンに当てるパターン、いずれもボールが長い場合が多く、深めに守っていたヴェルディの守備陣にしてみれば、気をつけて対応していればそれほど危険ではないようにも感じた。後半、駒野、ベット、大木を投入して4バックにシフトして盛り返したのはさすがだったが。
ヴェルディのセットプレーや攻撃の組み立てなどは、広島のそれと比較して、大雑把どころか、野放図なものにさえ見える。ただサッカーはパターン学習で勝てるようなものでもないので、広島は、丁寧に積み上げている分、やや単調なところがあるな、とも思った。
ひとつの素材として、小野監督のスタイルは、ある意味で非常に日本的であると感じる。つまり日本選手の機敏さや真面目さ、速さをまとめあげて組織的に戦う、というオーソドックスさ、だ。ただそれ故に、フィニッシャーの力が試合の趨勢を大きく左右するという面があるかもな、とも見える。ガウボンのゴール前での強さが際立っていただけに、難しいものだな、と逆に思った。
さてヴェルディの選手たちはというと。
久場については、初の先発フル出場、ひとまずごくろうさまと。守備の軽さはあるが、切り替えや戻りを早くすることで何とか対応していたし、技術的にも、相馬のようにゴリゴリ行くというよりは、むしろ顔を出すタイミングとか、自分の得意な局面の作り方に、なかなか上手さを感じる。思っていたよりもクレバーな選手かも知れない。
久々に先発の玉乃も悪くない出来ではあった。攻撃の起点になる場面も多く、よく頑張ったともいえる。ただし敢えて苦言を呈すると、ひとつにはボールの受け方として、全体に間延びしているのは分かるのだが、下がって足元に要求する場面が多すぎる。それは楽をしすぎだ。もうひとつはパスを出した後のプレー。ボールの質そのものは良くても、パスを出したら出しっぱなし、という場面が目に付く。もう少し判断をして、出した後にどう動くか、が見えてこなければいけないし、リターンをもう一度受けて自分で勝負、あるいはFWのマークを引き剥がす動きが欲しい。止まっていては怖さは出ない。技術的には期待通りだ。パワーも付いてきている。だからこそ、僕が玉乃に望んでいるレベルは、それほど低くない。
戸川も久しぶりにフル出場。カバーに回る局面が多く、本人としては苦しかっただろうが、大きく破綻させなかったのはさすがか。裏に出てくる佐藤によくついて対応していた。2失点目の場面も、もう少し判断が早ければ、とは思うし、パスの質についてももう少し改善の余地はあると思うが、とにかく一通りの仕事は出来た。復帰直後のパフォーマンスとしては申し分ない。

ワシントンの素晴らしさで救われたゲームだが、まだ改善の余地が多い。速いアタック、臨機応変なパス交換、それから縦に出て行くタイミングや積極性がどの程度戻せるのか、いろいろと課題の見えるゲームだったと思う。
[PR]
by eixeix | 2005-05-29 23:21 | サッカーとか。
パトリック・エムボマ 引退
FWパトリック・エムボマ選手現役引退のお知らせ

カメルーンの英雄が、ここ日本で、現役の最後を迎えたとのこと。
Jリーグが、色々な意味で節目を迎えているのだろうな、と感じる。

エムボマは、とても美しいテクニックと、獰猛なまでのフィジカルを併せ持っていて、それがまったく独特のリズムで融合された、これぞアフリカンというプレーは、楽しさと共に、少しの羨ましさを感じさせた。とても長い左足の、その膝下の柔らかさと、そこから振り出されるムチのようなしなやかさは、ボールに恐ろしいほどの破壊力を与えて、ゴールネットを突き破らんばかりに揺らした。それは、日本人がどれほど望んでも手に入れられないものだ。
ピッチ上では感情的になることも度々あったけれど、ピッチを離れるととても紳士的で、優しい目をした人だったことが思い出される。子供を大切にし、他の選手たちに分け隔てなく敬意を払う、男としての懐の深さがあった。
ヴェルディにいる間もヒザの怪我に悩まされていたようだけれども、それでも圧巻の、圧倒されるようなプレーを幾度も見ることが出来た。
テレビで海外のサッカーが自由に見られるようになったおかげで、僕らはとても贅沢になっていて、「凄い選手」というレベルのプレーヤーが、まるでそこら中にいるかのような錯覚に陥ってしまうこともあるけれど。
それでもエムボマが日本に初めて来た時に見せたあのプレーの数々を、僕らは今でも衝撃を持って受け止め、鮮やかな記憶とともに反芻することができる。
実は、それはとても幸せなことなのだと、もっと噛み締めて、実感するべきなのだろう。
炎天の三ツ沢で、あなたの放ったシュートが、ゴールへ向かって凄まじい弾道で襲い来る。僕は一瞬、首を縮めて、次の瞬間、ネットに突き刺さったボールに歓声を上げた。日立台のゴール裏で、山田の擦らしたヘディングにファーサイドでプッシュ。首位を決定付けるゴールを決めた瞬間、ゴール裏に向かって雄叫びを上げるあなたに、僕らは一斉に歓喜の歌を捧げた。
目の前で見たその光景を、とても、とても大切な思い出にして。
[PR]
by eixeix | 2005-05-17 03:30 | サッカーとか。
J1第12節 v.s. 柏レイソル(H) 1-0 勝ち
オフィシャル試合詳細

ようやく勝ったな~。が、まず感想。
トーマス・デイで、TOMASの塾生ご招待企画もあったらしく、観客は31000人を越えた。ただ試合全体を通して言えば、正直、見所は少なかった。前節の結果で、「心理的な部分に影響が出てきそうだ」と書いたけれど、やっぱりそういう試合だったのかな、と思う。
高木が前節のレッドカードで欠場し、水原が先発出場。J1での先発は初先発、J1出場そのものも約10年ぶりだとか。J2、JFLでも経験は積んでいるとは言え、感慨深いものがあった。大悟も腰痛で欠場との事。疲労もあったのかな。
先制点は恐ろしくラッキーで、中澤聡太がゴール前でボールの出し所を探しながら、不用意なボールキープをしていたところに、ワシントンが背後から上手くプレッシャーをかけてボールを引っ掛けると、これを平本に優しくパス。GK南と1対1になった平本に対して物凄くイヤな予感がしたが、意外なほど冷静にあっさりと決めてみせた。よくやった平本。1対1を普通に決めただけで誉めてもらえるFWはなかなかいないぞ。
しかし全体にパスの展開が遅めで、ビルドアップにも手間がかかる。相馬にミスが目立ち、アタックにも積極性を欠いた印象は否めない。前半はそれなりに形を作る局面もあったが、結局、スピードを上げてアタックに入るような形に立て直すことができず、後半からはまったく攻め手が見られなかった気さえする。
対する柏は前線からのプレスが粘り強く、FWとMFが連携して執拗に追い掛け回してきた。バックラインも中澤のミスはともかく、ワシントンに対して上手く網を張って押さえ込んでおり、守備の出来に関して言えば、下位チームと侮れるようなものではなかった。ただ攻撃に関しては、「玉田が」「リカルジーニョが」「クレーベルが」という個別のアタックは見られたものの、連携に乏しく、散発的だったのは確かで、要所を締めればどうにかなるだろう、というのが前半まで。
後半、宇野沢と平山を投入し、特に左サイドに張った平山に掻き回され、クレーベルが高い位置でターゲットになることで、長いボールの多用も含めて、ヴェルディにとっては嫌な展開に持ち込まれた。しかしフィニッシュの局面では、水原の踏ん張りと、柏の拙攻もあって、そのまま逃げ切ったというところ。終了間際にワシントンが1対1から抜け出してゴール!と喜んでいたら、どうやらその前にワシントンのファウルがあって取り消されたようだ。ぬか喜びとはまさにこのこと。
戸田→米山のスイッチにはやや疑問符が付くものの、中央での高さに対する対策として李をシフトさせたことと、1-0のまま攻撃面が硬直しており、相馬の左サイドが上手く機能していなかったことを考え合わせれば、右からのビルドアップも考慮しての交代だったか。流れを変えるところまではいかなかったけれど。森本は仕事をする局面がほとんどなかったね。
厳しく言えば結果だけの試合だったけれど、ただこの内容で勝ちきったことは評価してあげたい。
負けているチームは自信を失っているものだし、時間を追うに連れて「腰が引けて」しまうのも、メンタル面を考えれば予想できた。カウンターに意識が行き過ぎたこと、柏が中盤を飛ばすロングボールを積極的に使ってきたこと、さらにリカルジーニョが下がり目からボールを散らして、ヴェルディのプレスをいなしていたこと、水原の負傷の影響がDFラインの心理に影響を与えた側面は否定できないし、そもそも李はセンターに据えるとカバーに意識が行き過ぎてラインを深くしてしまうことがある。そうした様々な要素はあるだろうけれども、やっぱり「ハート」の問題が大きかったのだろうと。それだけに我慢して乗り越えたことには価値がある。ナビスコ予選を上手く使って、次につないでいきたいね。

最後に水原について。
この日の彼のプレーは、「素晴らしい」を越えて、「感動的」とも言っていいレベルのもので、こうした限られた状況において、自分が出せる最高のパフォーマンスを発揮したところに、プロとして、サッカー人としての気概を感じた。文字通り勝利の立役者であり、この日の文句なしのMVPであったと思う。試合途中の怪我もあって、ゴールキックも蹴れないという状況でありながら、積極的な飛び出しとセービングで次々と決定機を封じたパフォーマンスと、最後までディフェンスラインを鼓舞し、勇気付けたその姿勢に敬意を表したい。今後、水原にどの程度の出場機会が巡ってくるかは分からないけれども、ただこの1試合だけでも、ヴェルディのサポーターの記憶に深く彼のことが刻まれたのではないだろうか。
[PR]
by eixeix | 2005-05-17 03:04 | サッカーとか。
J1第11節 v.s. 鹿島アントラーズ(A) 1-2 負け
オフィシャル試合詳細

まあ仕事してて、試合は見てないんで、速報の映像とスタッツと選手や監督のコメント等から判断するしかないわけですが。
普段から「結果がすべてではない」と言ってるのですけれど、内容が良いときに結果が伴わないのはキツイね。こういう試合で勝てないと、また選手の心理的な部分に影響が出てきそうだし、共通理解のところが揺らいだりするから。
まあ鹿島の倍シュートを打って、ボール支配率でも圧倒して、小笠原のPKがポストに弾かれて、それで勝てないのもサッカーの現実であって、オジーの言葉を借りれば「サッカーは非情なところがあります」ということなのだろうけれど。そういう非情さと向き合うには、ヴェルディの選手たちは少々ナイーブに見えるのよね、時々。悪いことではないけれど、糸一本つかんででも前に行こうというか、逆に微かに後ろ髪引かれたときに、体が動くかどうか、とか。
FC東京がロスタイムに大宮に追いつかれた。きっかけは今野のクリアボールが大宮のトニーニョに当たってしまったところから。あの今野が、と思うわけですよ。つまり、慌てずに冷静に状況を把握して、ほんの0.5秒考えれば違う判断があったはずなのに、と。それが出来るはずの選手だろうに、と。
最後、小笠原が独走したシーンで、なぜそうなったのか。あれだって少しの配慮があれば防げた、というシチュエーションなのに。競った試合、難しいゲームであればあるほど、わずかな冷静さと判断力が結果を分けてしまう。でも振り返ってみると、それは「勝てない」チームの状況がそうさせている側面もあると、率直に思うのですよ。
だからこそ、何かきっかけが欲しい、という気分にはなるよね。それこそ、平本のヘディングシュートが入っていれば、ずいぶん大きなきっかけになったのだろうけれど、そこがつかめない。ここから先は運の領域?そうかも知れないけれど、同時に運を引き寄せようとすれば、結局は普段のトレーニングの積み重ねと意識付けがあってこそだろうと。鹿島にはそれが濃厚で、ヴェルディのは、まだまだ薄い。
個人を責めるつもりはないのだけれど、李は名古屋戦と同じような形で股抜きをされているし、大悟は前半で交代させられている。彼らの意識付けはどうだ?と問われる立場に来ている。特にベテランの上村や平野の良いパフォーマンスを見るにつけ、ね。

まあとにかく、平本も慶行も戦列に復帰したし、内容も良かったようだし。
切り替えて、次を戦うしかないじゃない。
ここから先はハートですよ。ええ。
[PR]
by eixeix | 2005-05-09 02:10 | サッカーとか。
J1第10節 v.s. セレッソ大阪(A) 0-0 引き分け
オフィシャル試合詳細

忙しさにかまけて大阪に行けなかったのですが、我慢できずにこれでもってネット観戦。仕事が手につかんのじゃこら。

内容的には悲観的になるようなものでなかったと思うが、やはり勝ち点がもっと欲しいなぁ、というのが本音。後少し、何か少しが足りないというもどかしさが強い。
前半からパス交換はスムーズ。セレッソもそれなりには追い込んで来てるけれど、我慢強く揺さぶれば意外と穴は開いた。ただし、そこで不用意なミスがあったりとかして、だったらもう少しダイレクトを意識してプレーせえよ、と思っていた。その辺は試合中に徐々に修正されたかな、と思っていたが、単に疲れてただけかも知れない。
満足した点としては林と山田を含めた守備陣のパフォーマンス。山田はうるさいゼ・カルロスをよく抑え込み、他のメンバーも西澤や古橋、森島らから目を離さなかった。リトリートも早く、手詰まったセレッソがゴール前で横パス→遠めのシュート→外れ、という場面も多く目に付いた。まあ下がるのに意識が行き過ぎて、バイタルが空きがちだったのてはあるだろうけれど。
慶行の復帰は好材料。動きの質も悪くなく、期待が持てる。途中交代で出た玉乃も2度の決定機を演出するなどした。もっと2人とも出場時間が伸びると良いね。
平本不在の中、森本がどうかな?と思ったが、見せ場は少なく。ただキーパーに防がれたシュートも、よく見るとキーパーの股の間をきっちりと狙いにいってる。もう少しいいタイミグでパスをあげられれば、と思う反面、セレッソの守備陣はしっかりと仕事をしていて、付け入る隙は少なかった。ワシントンも決定機を演出したが、こちらもセレッソの粘りに防がれた格好。前田は良いディフェンダーだね。強さがあるし、判断力も良い。ボールを奪ったあとと言うより、攻撃につなげる意味でボールの奪い方の方にもう少しアイデアがあると、もっと伸びそうな気がする。
決定機そのものは、贔屓目ではなく、こちらの方に分があった気がする。ただ運動量が最後まで追いつかない。コンディションもあるだろうが、アタックに入ったときにゴールに近いエリアでどうしても「薄い」。あとやはり米山がいないと、攻撃の一歩目になるパスもバリエーションがなぁ、と思ってしまう。ショート→ショート→ロングのリズムが作れない。山田が絞った時に李が一つ前に上がってゼ・カルロスの裏のスペースを使ってくれると、それだけでかなりワイドな展開ができるんだけれど、そこまではいける場面は少なかったな。ここがもうちょい使えれば、厚さが出るのにな、と思ってしまう。

全体にプレスの連動性は戻ってきてる。それだけに個人・チームのコンディションが揃わないのがもどかしい。日程は過密だがもうひと踏ん張り。次は鹿島か。こういう相手のほうが、却って良い試合になりそうな気がするので、ひとまずは期待しておく。
[PR]
by eixeix | 2005-05-05 01:43 | サッカーとか。
J1第9節 v.s. 横浜F・マリノス(H) 1-1 引き分け
オフィシャル試合詳細

さて。日産と引き分けて、15位まで後退したわけですが。
前半についてはOK。良い内容だったと思う。好守の切り替えもまずまず早く出来ていたし、ボールの動かし方も悪くなかった。先制点を早い時間に取れたところから、もう少しカウンターで良い形を作って欲しかったと言うのはあるにしても、いくつかはそういう場面も出来ていたし。
ただ引き分けという結果だけ見ると、やっぱりちょっと問題かな、とは思う。前節で4-5とかアホみたいな殴り合いに負けているわけで、意識が守備に行くのは良いとして、それが縦への推進力を奪ってしまった(特に後半)というのは気にかかるところかなと。
例えば相馬が守備への意識を高めてゲームに入ったことは見てれば分かるけれども、その分、持ち前の上がりの良さとか、いつものようにアタックに出たときに、中盤でのビルドアップから「そこで相馬へ!って、左にいないじゃん」みたいな気持ちになった場面がいくつかあった。まあその分なのか、平野が中に絞るタイミングが早過ぎて、相馬が出て行く場面で上手く使えてなかったところもあったし。平野は守備でも良いところがあるけれども、攻め急ぐ場面で真っ先に中へ中へと行ってしまうのがやや気になる。パワーもスピードもあるから、その方が体にあってるんだろうけれど。ただ相馬とハユマのマッチアップ、山田とドゥトラのマッチアップという両サイドの攻防は見応えがあった。どちらかと言えばボランチも含めてマリノスの方が丁寧にサイドの穴をふさいでいた印象で、ヴェルディとしてはちょっと厳しかった気はするけど。ハユマの素晴らしい運動量も光った。
途中から慣れない守備でガス欠なのか、足が止まり気味で押し上げられず、全体に間延びしてしまい、攻撃に移ったときに「薄いなぁ」と感じることがしばしば。前が詰まり気味で、ボールを持った林のところにプレッシャーをかけられると、苦しくなった林にミスが出始めて、攻撃の形をつくるところまであまりいけなかった。奪ったらすぐロングボールで中盤飛ばしていくとしても、そんなもん、ゾーンが間延びしててセカンドボール拾えなければ実際には効率悪いし。「とりあえず頑張りました」って言い訳にしかならん。大悟や平野がもう少し意識してワシントンに早く寄っていくようにしてくれないかな、と思っては見ていた。
交代策で打開して欲しかったけれど、オジーの動きも慎重だった。残り少ないところで大悟→玉乃のみ。引き分けで良し、と思っていたフシもある。チームに守備部分での自信をもう一度与えることが必要だと考えていたのであれば、課題としては6~7割の達成と見るべきかも知れない。でも怪我人が多く、ベンチに使えるプレーヤーが少ない状況では、それも仕方ないのか。運動量で効いていた平本を下げて森本投入は、マリノス相手にはリスクが高すぎるか。一方のマリノスも、縦に速く長いボールを多用して押し込むパターンに切り替えていたし、松田アタックもなかった。要するに両チームとしてはこの結果で「手打ち」ということか。
狙いは分かっただけに、むしろ「物足りない」感じにはなってしまう。しばらくホームで勝ってないのもあるし。どうもこのチーム特有のアンバランスさというか、ある方向性に「収斂」という方向にはなかなか行かないか、行っても短期間か、飽きっぽい体質なのか、実直に何かを長続きさせるというのに欠けるきらいはある。ワシントンがいる分、まだこの程度で済んでいると見るべきなのかも、と思う反面、ワシントン抜きなら、もっと速いスタイルの構築にいけていた可能性も否定できないわけで、どっちがどうとも言い切れない。
正直、怪我人が戻ってきてもそうそう何かが大きく変化するようには見えないけれど、まあ慶行がいれば多少楽にはなるのかと、思ってみているところ。
ポジティブな要素としては、「その気になればそれなりに守れる」と分かったところ。失点シーンにしても、那須のヘディングが素晴らしかった。体勢も難しく、コースも良かった。キーパーの出られない位置にボールが来ていたし、あれは那須を誉めるしかない。カウンターで裏を取られそうで取られなかったり、まあ大島や坂田の速さに危ない場面作られたりはしたけれど、大方は出来たであろうと。
上村は久々の出場と考えれば出色の出来。文句なし。前半は相馬の裏に入ってくる大島を完全にシャットアウトして見せた。李ほどのスピードはないにしても、前への強さ、判断力、それからボール扱いもシンプルだが正確なものを見せた。かつて「広島砦の三悪人」として恐れられ(違)、ヴェルディとしては天敵の1人であったが、さすがに経験の深さとポテンシャルを感じさせるプレーだったと。これぐらい誉めておけと。米山が楽そうだったな。
大悟が少しリズムが悪い。中盤がタイトなチームとやると、判断の早さと正確さのバランスが悪くなることがある。流れ気味でボールを持たせてもらえる場面だと仕事をしているだけに、やはりプロとして、そこは難しい局面でこそ光るものを見せて欲しいなと。戸田もそう悪くはなかったが、どうもバタバタしたものを感じる。動き出しの速さが特徴だったと思うんだけど、あんなにバタバタした選手だったかな?玉乃は相馬に出した場面のボディシェイプとかは結構好き。これからも頑張れ。平本は俺の前で点を取れ。
ワシントンの得点はさすがの一言。人種の違いというか、生き物としての性能の差が出た。あれは止められん。チームの中で発言権を持って、もっと周りを動かしてもらえると良い。
後は高木。雨で滑りやすく、コンディションが悪い中で、キックのミスもなく、パンチングの判断も正確。ミスの多かった榎本哲と比較すると、大人になったなぁ、などと思う。

個別の評価はともかく、まだ2勝4分け3敗。数字だけ見れば最悪ではないが、なんとかスッキリ勝てるようにしてえなぁ。
[PR]
by eixeix | 2005-05-02 16:53 | サッカーとか。