<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
J1第5節 v.s. アルビレックス新潟(H) 2-2 引き分け
オフィシャル試合詳細

うーん。ドローかぁ。平本の病気が絶賛再発中。
全体的な感想としては、ちょっとまだバランスが悪いというか、選手や監督が言うようにソリッドさが足りないという印象はある。1失点目は平本の不用意な横パスをカットされたところから、最終的に米山がセンターから引っ張り出されたところへエジミウソンに割って入られたし、2失点目もボールを奪われたところから、ワシントンが梅山に最後までつかずに離れたところを、あわてた相馬がポジショニングを躊躇してクロスを送り込まれてる。
新潟は複雑な策を練ってきた感じではないけれど、狙いの的を絞って、効果的にやってきた。ブラジル人2人の運動量と速さが目に付く。鈴木慎吾が大悟をよく見てて、その分、左サイドはそれほどの脅威じゃなかったけれど、右の梅山からやられちゃったしね。相馬がどんどんアタックに出ればそうなるのは明白で、結果として決定的なクロスを供給も出来てるのだから、どちらかを犠牲にしなきゃいけないとなれば、守備はある程度あきらめるしかないのだろうと。相馬が戻ったことで、アタックの推進力そのものが本当に回復しちゃったし、それはリスクと折り合いつければ良い。そのために平野が出てるんだろうと。実際、平野の出来は良かった。アシストにつながったクロスだけでなく、前にボールを奪いに行くディフェンスであったり、シンプルなボールの動かし方であったり。この試合では「使う人」だったね。これこそベテランの味だろと。相馬本人も、だいぶ時間が残ってるのに足つったりとかしてて、そこへ平野が負傷退場しちゃったのは大変だっただろうが、しばらくぶりの試合と考えれば、良い出来だったと思う。
シンプルに縦に突いてくる新潟のアタック陣(と言っても他に戦術レベルでの攻撃の多様性はないんだけども)に対して、ヴェルディはマーキングなのか、ラインを上げるのかの意思疎通も足りない感じがする。カウンターからポスト入って縦にポジションチェンジされたぐらいで、ああもラインの裏を取られるのでは困るなぁ。高木が1対1を良く止めて、それはひとつの成果だけれども、ああいう外国人選手の力に任せた縦ポン的なやり方に対して、じゃあせめて中盤でミスしないとか、忠実に責任感持ってマーカーは役割果たすとか、その辺はやってかないと、バックラインは上げ下げだけで日が暮れてしまうよ。
平本は決定機を何発も外してしまい、特に試合終了間際のは決めてヒーローになるべきところだろ、とは思うのだけれども。
トップ下というポジションを本人が消化できてるとはとても思えないけれど、あれだけ決定機に顔を出していると言うことは、裏を返せば本人の動きの質とかプレーの形にはそれなりにあってるんだろうなと思ってみてた。前向いた方がやりやすいのは明らかだったけど、ちょっと詰めが甘いと言うか、悪い意味で神経質なところが出ちゃってる。これは適正の問題というよりは、純粋に本人の気持ちとかの問題という気も。
ワシントンについては、何となく馴染んできたかな。フィットというより、馴染んだと。そういう感じ。米山は少し調子を上げてきてるように見えた。久場は修行が足りない感があるが、運動量を持ち味にしてきそうかなぁ。玉乃はまずまず。李もまずまず。森本はちょっと影が薄かったね。

ベレーザも見た。こちらはTEPCOマリーゼに2-0で勝利。マリーゼとしては高い位置でボールを奪って、佐藤や丸山というアタッカーの力に任せたかったんだろうけれども、如何せん、肝心の中盤でのプレス戦でベレーザに負けていては、手も足も出ないだろうと。局地戦でも戦術面でも優位にあり、得点差以上の圧勝という感じ。中地と川上の良好な共存関係を見られたし、澤や大野らが相変わらず非常に良いパフォーマンスを発揮してる。収穫は多いと思うけれども、弥生と荒川が戻ったらどうするんだろ?と思ってしまう。こちらはぜいたくな悩みか。
[PR]
by eixeix | 2005-04-25 02:52 | サッカーとか。
うをおおおおお!
乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売

榊原機械 ランドウォーカー

すごいぞ榊原機械!すごいぞ南雲正章さん(開発者)!普段は地味に農業・酪農用大型機械を作ってる会社ってあたりが素晴らしい。全長3.4メートル、重量1トンの機械を、250CCエンジンで動かすってのも、またほのかに良い。1台3600万円也だそうな。私の会社がもっと大企業だったら、1台予約するか、出資して株主になるかしそうだ。
意外と日本のロボット技術や未来技術の路線て、鉄腕アトムが方向を決めて、ガンダムが推進力になった分野ってあるよなぁ、と。アシモなんぞを見てると思ったりもするわけですが。
現実問題、兵器としてはまったくダメなのでしょうが、これ遊びとしては良いよなぁ。

世の中にはボトムズを作ってる人もいます。
上記の人のブログは凄く面白い。芸術家って楽しそうね、と、アート的才能がまったく欠落している私のような人は羨ましく思います。

どちらの人も、鉄や機械も含めて動くものが好きで、しかもそれを敢えて作る、無理そうでもやってみる、しかも楽しくても辛くても続けている、その辺に何となくシンパシーを覚えたりします。
[PR]
by eixeix | 2005-04-21 01:35 | 日常とか。
J1第4節 v.s. 大宮アルディージャ(A) 3-2 勝ち
オフィシャル試合詳細

すっかり忘れておりました。
私、試合当日に所用があったため見にいけず、しかもBSの録画にも失敗しておりまして、いまだ内容は未見なわけですが。

まあ広島戦は見に行ってたのですが、あまりの内容のなさと、客の少なさと、寒さとだるさでもって、かなりやられた感じだったので放置していたのですが、今回はとりあえず勝ってよかったです。
平本トップ下は、李さんときに見た覚えがあるなぁ。トップ下というよりはスピアヘッド的というか、第3のFW的な感じだった記憶なんですが、今回はどうだったんでしょ。
李さんが平本を起用した理由を「“ケンカ”が出来るからだ」という実も蓋もないよな言い回しで表現していましたが、オジーの見解を見ると、もう少しは信用されているんだな、というか。あれから何年も経ってるんだから当たり前か。
なんだかんだ言っても、オジーはこういうバクチ的に見える布陣でもそれなりに成功してる場合があり、運もあるんだろうけれども、やはりメンタルを含めて、方向付けの上手さみたいなものはあるのかも知れません。ただそいつが局所的とか短期的にしか発揮できてないような気がするのは、チームの問題なのか、オジーの手腕の問題なのかは、どっちなのでしょうかねぇ。
セットプレーディフェンスの問題が改善されてないのは、人の問題もあるんでしょうけれど、やはりこう、意識付けというか、習慣付いてない感じがします。きめ細かく教えれば守れるってもんでもないでしょうから、要はトレーニングの段階から、どの程度集中してやれてるかってのと、選手総数が少ないことで、そういう高さの必要なプレーシチュエーションのトレーニングが紅白戦レベルで不足してるんじゃないかな、なんてことを思ったりもします。
ボランチに戸田入れれば解決するとか、そういう低次元なレベルでないことだけは確か。
ま、ひとまず勝ち点3には変わりないんだし、拾い物だと思って、次につなげないとね。
[PR]
by eixeix | 2005-04-20 00:39 | サッカーとか。
ぇえええええええっ!?
ITmediaニュース:AdobeがMacromediaを34億ドルで買収

と。思わず声をあげてしまうぐらいびっくりしました、このニュース。
いつかあるかも、とは思ってたんですが、まさかねぇ。ほんとにねぇ。

知らない人に説明しておくと、AdobeはWEBと印刷をつなぐソリューション「Acrobat」(PDFファイルがウザげなアレ)のほか、デザイン、DTP等のクリエイティブ業界のスタンダードソフトウェアである「Photoshop」「Illustrator」などを送り出している業界の巨人。MacromediaはWEB上のムービーコンテンツとして浸透している「Flash」のほか、WEB製作ツールの一方のスタンダードである「DreamWeaver」「FireWorks」といったソフトウェアの製造元。
両者は競合する分野もかなりあるんだけれど、それぞれに独自性を持って、特にWEB製作分野ではお互いにしのぎを削っているライバル関係。
分かりやすく説明すると、例えばMicrosoftがAppleを買収したとか、トヨタが日産を買収したとか、ヤマト運輸が佐川急便を買収したとか、マクドナルドがケンタッキーフライドチキンを買収したとか、業界的にはそのぐらいのインパクトがある話だと思う。
個人的にはこの話を聞いて、あまりのショックにライブドアとフジテレビのやってることがしょぼく見えてくるというか、もうどうでもいいって思ってしまうぐらい。

Macromediaのサイトが物悲しい・・・・。

特に出版とかデザイン、WEB製作に携わる人たちには、結構シリアスな問題に発展する可能性もあるなぁ、とは思うのですよね。もちろんお互いのソフトウェア資産を上手く融合して、良い方向に持っていける可能性はあるけれども、ただやっぱり懸念材料はあるわけで。
具体的に言えば
・DreamWeaverがなくなったらどうしよう。
・FireWorksがなくなったらどうしよう。
・IllustratorやPhotoshopの価格がまた上がったらどうしよう。
・FlashとPDFが融合したとかいうおぞましいコンテンツが出来てきたらどうしよう。
・ていうかFreeHandやColdFusionも少しは心配してやれ。
・とりあえず俺はGoLiveもImageReadyも大嫌いだ。

ま、これまで以上にAdobeの市場寡占化が進むのは目に見えているわけで、そろそろどうにかしろ、アメリカの独禁法調査。司法省は何をやってる。
ただまあ、Microsoftにとっては、またひとつ脅威が増えた、という状況なのかな。
[PR]
by eixeix | 2005-04-20 00:24 | コンピュータとか。
J1第4節 v.s. 川崎フロンターレ(A) 0-1 負け
オフィシャル試合詳細

ついにというか、ようやくというか、負けたわけですが。
ジェフ戦も見てたんだけど、ページ更新サボってた。

どういうわけだかSゾーン(等々力のバックスタンド2階席)から眺望を満喫しつつ試合観戦だったのだが、知らんうちにアウェイ側には行けない仕様になってたのね。おかげで帰りが混雑すること。

話を戻して。
ポジティブな面としては、まあ懸案だった守備がある程度修正されていたことかな、と。ジェフ戦は途中の4バックなんぞラインギャップがひどくて何度となく裏を取られてたけれども、さすがに戸川復帰もあって、李あたりは伸び伸びできてた印象。ブレイクして潰しに行くのの速い事。あれが18そこらなんだもんなあ。やんなっちゃうよな。全体にそれなりにコンパクトに出来てたし、失点シーン以外に決定機がどれほどあったかっていうとほとんどなかったわけで、まあ相手がとりあえず守ってカウンターオンリーであるからして、集中力さえ続けば、これぐらいは出来ると。失点の場面は山田がミスして中盤で悪いボールの取られ方をしたことに起因しているけれど、最終的にはアウグストの上手さというか、老獪さが出た気がする。本番のラテラウの凄みだなぁ。相馬の参考になってれば良いなと。
攻撃面では「工夫の足りなさ」が露骨で、オジーは「サイドに行けよコラ」と何度となく身振り手振りを交えて指示を出してたのがバックスタンドからでも分かったわけだが、なまじ相手のプレスがヤワで繋いでいける分、サイドに出した時にはすでにスペース塞がれてノッキング状態になり、急減速するパターン多く、焦れば焦るほど中央に寄る悪癖が出てしまったなと。まあそういう流れの中で山田がボールを取られて失点するわけだけれど、いかにも攻撃の不出来がゲームの流れを決めてしまった気がする。
左サイドに平野がいた方が守備は楽だろうが、裏を返せば平野の意識が後ろに引っ張られているとも言えるわけで、状況振り切って前に行けるほど若くはないということか。山田にも言えるかもしれないけれども。相馬の不在を嘆くと言うより、要するにアクションとかアイデアとかでもって「変化」をつける人間が少なく、本来であれば大悟や平本あたりにもっと要求したいとこであるが、この試合に限れば彼らの微妙な「生真面目さ」が裏目に出た感じ。2人ともちょっと頭の方が疲れてる感じだなぁ。リフレッシュさせた方がいい気がする。
どうせ生真面目にやるなら、思い切って柳沢あたりを投入すべきだったと思うし、森本ではなく玉乃という選択肢でも良かったのでは、と感じてしまうけれども。

ワシントンの使い方など、修正は続けていく必要がありそうだけれど、そう簡単にはいかないだろうな、てのは思う。まぐれでも良いから先制点が欲しい、っていう去年の雰囲気とあまり変わらんのかな。
まあそれでも、フロンターレの高い守備意識が素晴らしかった、とするべきなのだろうね。
[PR]
by eixeix | 2005-04-10 23:10 | サッカーとか。