リーグ戦再開らしい。
のろくさとまあ、しかし。

なんぞ適当に箇条書き。
・レッズ戦も見ましたよ。
・惜しかったねぇ。
・あれだね、シュートを「決める」事に関して、つまりそのイメージを持てるかどうかは、やはり重要であると。
・富澤とか柴崎にはその辺が足らんなぁ。
・レッズの選手にそれがあるのは、つまり成功体験の結果かも知らん。
・明日は千葉戦。
・ここに来て怪我人ラッシュとか。
・向こうも必死だからね。結構難しいぜ、こういうゲームは。
・勝ったとしても負けたとしても予想外だな。
・予想外とは言うにしても。
・まさかモーニングでとり・みき読める日が来るとは思わなんだ。
・あとジャイアント・キリングが嫌いなわけではないんです。「サッカーマンガ」としては。
・ただ、「サッカー監督マンガ」としては、どうにも・・・。
・まあ、サッカーは結局選手がやるのだ、といえば、そりゃその通りなんであるが。
・日本代表の皆さんも、とりあえず最終予選の初戦を勝ち。
・良いゲームをした、とは思う一方で・・・、
・フランスW杯最終予選の初戦ウズベキスタン戦が、軽くフラッシュバックしたり。
・もう10年も前なのか、あれ。まだ学生だったな、そういや。
・そういえばこないだ、大学時代の友人とかと飲んでて、なんでかルネサンスの話とかになる。
・お勧めの本と言われてもなぁ。
・ダ・ヴィンチとかの15~16世紀頭あたりを切り取るだけだと、あんまり意味ないかもだし。
・んー。
・やっぱブローデルとブルクハルト読んどけ、という話になるのか。
・いきなりそれか。
・翻訳がアレだけどな。
・っていうか分量多すぎて無理だろ。話が長すぎるだろ。
・おおそうだ。
・塩野七生センセのルネサンス萌え語りでも読ませておこう。
・結局それか。
・そんなようなわけで、なんか大学時代の本を引っ張り出してみたり。
・ロルトの「工作機械の歴史」はエロ過ぎて困る。何と言う母機械萌え。
・モーズレーのねじ切り旋盤とか、今見ても鳥肌が立つ。
・そもそも19世紀中盤から後半にかけて、なんでアメリカが欧州を逆転して工業国としての地位を築いていったかと言うとだなぁ(この話は長いので略
・ちなみにダ・ヴィンチもルネサンス期に工作機械を色々と考案してる。
・自動調心チャック付き中ぐり盤とか、ほとんどオーパーツの領域。
・このオッサン、頭おかしいだろ、マジで。
・チェーザレにも出てくるかな、そのうち。
[PR]
by eixeix | 2008-09-14 00:18 | サッカーとか。
<< 忘れんうちに 最近の >>