最近の
仕事周辺でがたがたした感じが生活態度に悪影響を与えそうなので、とりあえず今日の午前中は半休。勝手すぎる。でも仕事はしてしまうわけですが。さて。

FC東京との東京ダービーには、とりあえず勝ちました。おめでとう。
苦手なチームなんで、勝ち点的にも勢い的にも、良い勝ち方は出来たんじゃなかろうかなと。
雨降ってる時の国立は難儀ですよね。

前半途中から見ることになったので、上段通路から見下ろすアングルで試合を眺めてたわけですが、かなーり水が浮いたピッチで、コントロールに苦慮するだろうなと思われましたが、存外、両チームともしっかりつなげてて、けっこう頑張りましたね、という。
FCのパスアンドムーブを基調とする攻撃は、確かに口先ばっかりではなくて、それなりに実効性があるなあ、と思いつつ見るわけですが、上から見てると何となく微妙に思ってたのが、ひとつには緩急がないな、と。ステーションであるはずの梶山のところから思ったよりもパスアングルに変化を付けられてなくて、見た目よりもこっちの守備陣がスピードあわせて対応しやすかったんじゃないのか、ないし、決定的に数的不利を作れるほどの「角度」はないなあ、と。あるいは引き気味に構えた相手に対しては、パスの出し手がそのまま進出してくる分、攻撃を加速できるようなパスアングルを形成しにくいとか?これはあてずっぽう。たぶん、生真面目なんでしょうね、FCの選手。全体に攻め急ぐほどパスの角度が浅くなる感じ。人数をかけてサイドから、が徹底されてる分、変化をつけられるエメルソンを途中で下げちゃったら一本調子になるんじゃないの?とか思いました。単純に縦に蹴られた方がいやだったと思うけどな。それこそ平山でも突っ込んで。あと途中で赤嶺やカボレを残して羽生を下げたのは、意図が良く分かりませんでした。攻撃から知性が奪われてしまったような感じ。正直、守りやすくなったなぁ、と。なかなか2点目が取れない、勝ちきれない、という話を聞きましたが、そういう雰囲気は如実に感じました。カボレのミドルは素晴らしかったし、起用法もとても興味深いもので、効果はあると思うのですが、一方で考えすぎじゃないの?という。ま、いいや、他所様のことですし。
対して、お隣と違ってあんまり深く考えずにサッカーやってるような我らがヴェルディでありまして、柴崎いないから富澤MFとか、どんだけ思い入れが深いねん、という話なわけですが、これがまあ、思ったよりは良いか、と。多少、守りに重心が置かれますけど、その分、サイドバックよりも繊細さが必要とされないってーか、馬力勝負でも良いようなところがあって、色んな物足りないところをあげつらうことも出来ますが、本人的には後ろのカバーを信じてプレーできる分、迷いが少ないのかな、と見えました。中盤に求められるタスクとしては物足りないわけですけど、この試合に限れば、後半頭のFCの攻勢をしのいでレアンドロ投入という絵図を持ってた哲さんにしてみれば、会心の用兵だったのか知れません。ドンピシャだったし。
レアンドロ良かったなー。痺れるスルーパスだったなぁ。今後どう使うかは、また色々と考えなきゃいけないでしょうけど、一気に流れを持ってきたからなぁ。ディエゴをどう見るか、は決まってたはずのFC中盤がレアンドロ投入でマークのズレが起きた混乱に一気に付け込んだ感じの同点弾でした。
福西下げて福田投入は、意図はわかりますけど、肝心の福田がサッパリな出来でガッカリ。求められているタスクを達成できたようには見えないし、本人も自分の特徴が何かをアピールしなきゃ。ミスしない事が必ずしも良いことじゃないのですよ、と。
レアンドロがキープしてマークを剥がしてくれるので、ディエゴが最後まで持った、というのはある気がします。途中、膝に手を付くほど疲労してたんですが、それでも最後のミドルと、大逆転CKという大仕事をやってのけたのは、エースの自覚だよな、という。
那須かわいいよ那須。
飯尾と大黒のユニット自体は面白いかもですね。FWの枚数が限られてる現状だと、色々と模索してみても良いでしょう。平本の馬力を終盤に取っておくのも、ありっちゃありのような。
色々とツキなども味方にして勝ち点取れましたから、あとは特に言う事ありません。次も頑張りましょう。このまま勝ったり負けたり、という感じなら残留ラインまでは手が届きますし。
五輪の話とかも、いずれ。
[PR]
by eixeix | 2008-08-25 12:13 | サッカーとか。
<< リーグ戦再開らしい。 仕事がてら >>