エントリイィィィィィ!
全国15万人ぐらいのゼーゴックファンの皆様こんにちは。
タイトルに特に意味はありません。はい。

さて。
J1リーグも折り返し。
浦和・柏との連戦を2-3、2-1の1勝1敗ですか。

まあまあ、といったところですかね。勝ち点的にも。もう少し上積みするチャンスはあったと思いますけど力量から考えれば妥当な範囲なのかなと。そういう感じで見てます。
この2戦は、特にここしばらくでは珍しく熱量のある試合だったと言うか、相手にも乗せられたところはあるんでしょうけど。
ただ浦和戦は、フッキが自分の持ってる力を存分に発揮した一方で、守備陣が個のところでやられてCKから失点してしまったり、あるいはうだるような蒸し暑さの中で、中盤の機能性が著しく低下してて(これは前からの守備に参加しないブラジル人たちにも問題があるけども)、力押しに膝を屈した感はあって、どうにか出来たかもしれないけど、結局どうにもならなかったのかも、というような試合。セットプレーでの対策も、あるいはあったんでしょうけど、結局のところ相手のサイド深くを突くようなプレーには乏しくて、CKの数の少なさとか見てもそうなんですが、チャンスの数の相対差を考えれば、セットプレーから3発、というのは、むしろ結果論かも知れんよね、と思ったりします。

フッキに関するゴタゴタは全部のケリがつかないと何とも言い難いのでともかくとして。

柏戦は平本と大黒の2トップ起用に加え、先発させた柴崎晃と和田がチームに機動性を与えてくれたので、そこが柏のスカウティングとのズレもあったのか、前半からペースを握ってたなと。ボールも足も良く動いていたし、柏は少し攻めが中に偏りがちで、ヴェルディ側からは守備の絞りがやりやすかったと見えました。
一方で足が止まってからは、「止まらない柏」にサイドから速く・深く押し込まれていて(大田の運動量は素晴らしい)、ラインを下げるしかなくなり、厳しい展開。まあ、そこの圧力に屈しきらずに逃げ切ったのは、成果と言えるかも知れませんね。それこそ柴崎晃と和田が最後まで体力的に持たずに厳しかった、という面が出ていたのと、途中交代で入った福田が富澤と上手く守備バランスをとれずに、菅沼1人に何度となくサイドを押し込まれてしまっていてはね。

正直なところ、何か改善の余地があるのかどうか、判断の難しいところです。選手起用で目先が変わってので、あるいは数戦の間はバランスが改善するかも知れませんけど、それ以前にレアンドロを戻してどう配置する?とか、そこらへんで元の木阿弥になりそう、とかもあるわけで。
ともあれ、残留目指して一個ずつ、というところはあんまり変わらないでしょうから、結局、コンディショニングとモチベーションとで蒸し暑い季節を乗り切れるかどうか、そこをごまかしきったら、あるいはまた違うもんが出てくるかもねーと。そういう風に思います。
[PR]
by eixeix | 2008-07-21 14:20 | サッカーとか。
<< 最近のおはなし 前半から >>