前半から
感じていた通りの試合の流れになっちゃったのが残念でしたね。
0-1の負け、というのは内容どおりのもので、京都がカウンターから作ったチャンスが潰れていく中で、ツキがあるのかな、とは思いましたが、ゴールをこじ開けられなければ何もならん、と。

結局、ディエゴ不在の状況で、その問題点が露骨に出てしまったと言わざるを得ないですよね。それは敢えて河野を先発にチョイスした現場の判断も含めて、って事になりますけども。
ディエゴがいない事で起きる問題には、大きく分けて2つあると思います。
ひとつは高さの問題、もうひとつが低い位置からのビルドアップの問題。
高さは、セットプレーとかもそうなんですけど、何よりも相手が引いてラインを作ってる状況の時に、うちは「とりあえず後ろからディエゴに当てて、落としを拾ってからリズムを作る」という事を度々やってますよね。はっきりと中央にターゲットを置けるから、フッキなどが下がってボールに触りに来る必要がない。その意味では、今日は後ろの方でボールを持たされた時に、非常にプレーの選択肢が少なくなってると感じました。普段なら土屋などのところで手詰まった時に、躊躇なくディエゴに向かってハイボールを蹴れていたのですが、今回はシジクレイをはじめ中央の制空権を握られており、かつ、CBをこなせる選手をまとめて5人後方に配置している京都守備網に対して、ハイボールでは手も足も出ない、という状況でしたから。これは、終盤に那須を上げてパワープレーに出ざるを得なかった状況が証明していると思います。
結果として攻めを加速できず、リズムが出せず、ボールが回らない。ブラジル人たちが「持って」しまう状況が出来てしまい、余計にリズムが悪くなるという悪循環でした。サイドから裏への飛び出しなども出ればよかったのでしょうけど、京都はサイド裏にスペースなかったですしね。ヴェルディもそこのところでは大したコンビネーションを持ってないし。
ビルドアップの問題で言えば、前の項目とも絡みますけど、やっぱりボールをキープして前線と近い位置でプレーできる選手が少なかった。カウンターなどに入った時に、河野ではキープしきれないし、福西では遅い。ディエゴのキープ力と推進力が中央であったからこそのカウンターだったわけで、そこでミスが多い、ボールを奪われる、では、やはりどうにもならないな、という感じでした。ディエゴが使うタッチの少ないプレーやフリックオンなどにコンビネーション面で頼ってた部分も表面化したわけだし。本来はサイドチェンジと裏への動き出しを増やして揺さぶるべきだったんでしょうけど、京都の集中力が非常に高くて素晴らしかったのと、こちらはもう、そういう「意図したオープンな攻め」がサッパリな感じで(これは以前から)、結局狭いところでわざわざ苦しんだだけという。
大黒や飯尾の投入でどうにかスペース攻略のイメージとかリズムが出ましたが、そうであれば、もっと早い手の打ち様もあったろうし、そもそも京都のスカウティングデータからして、果たして先発の陣容に求められていたのはどうゆうタスクだったのか、とか、その辺の疑問は感じるわけです。
それにしても、どれだけフェルナンジーニョが苦手なんすかね、このチームは。あのちっこいおっさんに年がら年中やられてる気がするんですけど。もうね。失点場面も2対2の状況で、服部と菅原が2人してコケたらどうもならん。今日はみんな良く滑ってましたね。これから夏場にかけてさらに滑っていく味スタの芝攻略も、求められるところではあります。
ま、こういう試合はせめてドローにはしておきたかったですけども、切り替えて次は浦和ですし、なんぞ意地とか見せて欲しいとは思います。
[PR]
by eixeix | 2008-07-13 09:58 | サッカーとか。
<< エントリイィィィィィ! 最近ですね >>