こういう言い方を
すると誤解を招きそうですが、そろそろ「負け頃」だなと思ってたので、大分に負けたのはある種予想通りというか。
サッカーは人間がやるものである以上、肉体的な部分と精神的な部分のコンディショニング並びにバランスの質というのは、プレーの質そのものに影響します。「気持ちがあれば」とかいうのは、凡人が口にするには戯言の類と言って良いでしょうね。いつでも完璧にコンディションを作れる超人アスリートが言えば説得力があるでしょうが、今のヴェルディは人間が一生懸命やってる程度のレベルですから。どう言い繕ったところで日程上の不利は明らかだし、どのように調整したところでフィジカルの部分で大分のコンディションに適うはずはないんで、後は粘って我慢してリズムを作るというところでの一体感は欲しかったですけどね。まあそこまで求めるのは酷というか、「ムリだろな」と思ってたらその通りになったというか。これでスコアレスドローぐらいなら「すげえなオマエラ」と思った事でしょうけれど。
つまり今のチームは、僕にとって「驚き」をもたらすレベルまでは来てないと。
厳しい見方ですが、そんな感じ。
逆の立場で考えて、例えば大分がホームから中2日で札幌、中3日で東京、という連戦で、うちがホームから中6日でまたホームゲーム、という日程だったら、も少しまともな試合にはなったでしょうけど、大分の方がドロー以上に持ち込む確率は高かったかもね、という程度のレベルだと。

もちろん、システム上の問題、戦術上の問題はずっとチラホラ見えてて、それがコンディションが落ちるとかなり表面化する、というのは現象としてあります。全体に間延びしやすく、カウンターに対する切り替えが遅いのは、守備のコーディネイトに問題を抱えているからで、それは言ってしまえば人材配置の仕方に見ざるを得ないというか。もちょっと何かあるだろ、こう、というもどかしさ。
それから人的リソースの配分方法。選手層が十分な厚さになってないというのもあるし、役割が整理されてない感じの選手もいる。
例えばレアンドロ。頑張ってるのは分かる。ただ、「頑張り方が違う」というコントロールはしなきゃならん。フッキのパス云々は意外とどうでも良いというか、彼からペネトレイションとミドルシュートを取ったとしたら果たして何が魅力なのかね?というような。なのであんたはとにかく目の前の事だけ全力でやれと。ただ個人的に、ジャッジについて四の五の言うのは好きじゃないので、その日に限って主審の目ン玉にビー玉が入ってたとしても、それは「運が悪かった」で済ませとけと。「審判最高」とか言ってる場合じゃないよね、気持ちは分かるけど、という。

とりあえず一回休んで、脳みそ切り替えて、清水戦にしっかり入ることですね。
中断期間もあるんで、うまく「逃げ込む」ように。
[PR]
by eixeix | 2008-05-12 01:06 | サッカーとか。
<< 最近ですね おやまあ。 >>