おやまあ。
札幌に勝って連勝だそうです。
ブラジル人が3人とも点を取ったそうです。
なるほど。
特に感慨はありません。
ぶっちゃけて言いますが、曽田がいない札幌に負けるほど落ちぶれちゃいません。

そんな増長をしてる場合か!!(くわっ)
まあ、ここ数年というもの、このGW辺りの時期というのは、大抵が連敗の泥沼にはまってて、「監督が5月末までいるかねぇ・・・」というのがよくある話だっただけに、意外と頑張ってるな、というか、そんな微妙な気分。まあ、順位表的には色々と重たいですけど。

とりあえず札幌→大分というアウェイ連戦は、誰かの陰謀じゃないかと疑ってるんですけどね。開幕の川崎、鹿島、ガンバの3連戦と言い。どうもおかしい。絶対に日程君に恨まれてる気がする。何かしたか?
中断期間まで残り2つ。大事なのはやはり守備面を洗練させて、攻守の切り替えを早くしつつ、失点を抑えていく取り組みでしょうねぇ。黙っててもそれなりの得点は見込めそうになってきてるし。
どこかの段階で3ボランチはやめて、ボランチ2枚にした方が進歩の方向性としては正しいような気がします。バランスを意識するだけじゃなく、もうちょっと能動的にゲームを進めていくためには、今のシステムは個人の感性に拠り過ぎなような気がして。そこらへん、イエローカードがやたら多い事と無関係じゃない気がするんですよね。どうにも。1対1の局面勝負を哲さんが意識して徹底してるのは分かるつもりですが、選手間の距離が最適化されてれば、そもそもんなリスキーな守備の仕掛けをしなくて良いはずなんで。まあ、前線がもちっと守備すれば、などとは思いますけど。レアンドロ頑張ってるね。点も取ったし、良かったね。

しかし現実に見て、やっぱり順位的にも勝ち点的にも色々とまずい状況である事に変わりはないわけですから、まずは今できることに専念して、どうにか這い進んでいただきたいと思います。中断期間前に守備の成熟度をしっかりと確認して欲しいですね。
[PR]
by eixeix | 2008-05-08 00:18 | サッカーとか。
<< こういう言い方を クラシコ >>