まあ、こんなもんですかね。
とゆうような感想>FC戦 1-2負け。
勝ち点的にはもったいなかったですが、それ以上はあんまり感想がないというか。
やや、バカ正直にやりあってしまった、というかこっちだけ正面突破に拘りすぎたな、というところがあり、向こうがかなり入念に対策を練った上で当たって来てた模様を見ると、プラン負けな感じもします。
フッキがとりあえず初ゴール&初退場なので、ますます頑張ってくださいという感じ。シュートのイメージは思い通りでしょうし、ま、頭冷やしてまたやりましょう。しかし2枚のイエローとも、場面が良く見えなくて「何でイエロー?」と思ってたんですが。あとで映像で見よう。主審の高山さんは笛が細かいのと、選手に対して少し高圧的なところが見える人なので、相性は悪そうでしたがね。コンタクトの多い試合で、少し判定にブレもあったかな?まあ、苛立ったら負けなので、そこはあんまり関係ない気もします。
ただ、つくづく哲さんは、真っ正直というか、一本道な人だなと。
前半、FCの守備には苦しみつつも、それなりに形を作り、あまつさえ点まで取ったというのは、結局、自分たちのやりたい形を押し出した成果なんで、それはそれで良いとして。だからこそ、後半アタマの決定機を決め切れなかったのは、いささか勿体なかったなと言わざるを得ないですね。巡り巡って羽生にイイのを一発決められて、流れを根こそぎ持っていかれた感じです。ま、そこは、しゃーないでしょ。結果は結果ですし。
采配部分の批判ていうのは、基本的に結果論なんであんまし言いたくないんですけども、やはり井上→柴崎という交代は、「ん?」と思っちゃいましたかね。キープしてゲームをコントロールしたいのか、サイドのディフェンスバランスを整えたかったのか、レアンドロのポジショニングに問題はなかったのか、とか。柴崎のプレーの質が思ったほど出なかったのはあるのかも知れませんが、求められてる役割が良く分からないまま時間が過ぎてしまった様子でした。そこにさらに平本投入で中盤の役割が不明瞭になり、バランスが余計悪化するという良くない循環になっちゃいましたね。先に大野や菅原の投入で中盤のバランスを取り戻す事に専念した方が良かったんじゃないかなあと。メンツ構成的に交代枠を使い切れない形にしてしまったし。結果として中盤が間延びした状態になりFC側が「待ってました」て感じにもなっちゃいましたし。ただ、そこを責めにくいのは、要するに「哲さんはそうするだろうなぁ」という感じも、またあるからで。もうじゃあ、そうするしかないんだろうね、という。
スタメンで見ると、やはり井上がどうしてもリキんでるのがなぁ。河野のふてぶてしさはまた別枠なんでしょうけど、飯尾や広山がいない事で、現在のシステムのクオリティを維持できないのは困っちゃうので、井上には単に奮起するだけでなく、アタマを冷やしてプレーして欲しいわけです。それから土肥がやや、ちょっと。リスキーな局面でのパンチングは良く分かるのだけど、時には守備ラインを助けるためにもリスク承知でキャッチに行って欲しいところもあるわけで、「んー」と思ったり。まあスタイルの問題もあるんでしょうけどね。あとはキックの質かなぁ。それから和田がやられ過ぎだった印象。長友は良い選手ですね。ただ、もう少しどうにかして欲しかったとは思います。ぼちぼち海本の爆発力が恋しくなってきています。

まあ、細かい部分の問題もある事はあるんですけど、負けて言うのもあれですが、おおむねこういうやり方を貫いて行くのかな、って部分は出てきてると思います。
個人の質を高めていく事も大事ですけど、やはりアタッキングサードでもうちょっと少ないタッチでボールを動かす狙いはあっても良いかな。フッキもたまにそういうイメージでいる局面があるから、あとはハーフとの距離感とかもあるかと。意識的にレアンドロがポジションチェンジをかけたりしてるので、その辺が有効性を持つように詰めていってくれればね、と思います。
[PR]
by eixeix | 2008-04-13 00:04 | サッカーとか。
<< それなりに忙しい日々 さてと。 >>