点が取れんのぅ・・・。
スコアレスドローのナビスコ清水戦。

まあ、良し悪しの問題ってよりも、何かこう、すっきりしないというか。
確信持ってフィニッシュにいけてないような、そんな感じ。
井上がGKと1対1になった瞬間、逆サイドネットにグラウンダーのシュートが突き刺さる図をイメージしてたら、上の方に抜けていってしまう喪失感。
こんな夜ぐらい、あの人の事を思い出しても良いじゃない、みたいな。
連動性・連続性がないようでもない。散発ながら、鋭いコンビネーションを見せたりもする。ただ、バラついてる感じは、まだ残る。全体でイメージを共有し切れてないというか、そもそも共有すべきイメージがあるのかどうか。まあ、船越がかなり空中戦で勝ってくれてたし、フリックオンからチャンス作ったりもしたし。

ディフェンスは、ほとんど問題ないんすよね。やられた部分も、それはそれで土肥がカバーしてくれたし。そもそも「パス回しについていけなくてガタガタになる」とか「個人技で破られ続けてジリ貧になる」とか、そういう部分はほとんどない。自分たちのミスか、カウンターか、セットプレーぐらいの話で。那須のカバーリングも良いし、バウルもコンタクトの場面できっちり抑えてた。服部も守備面はOKだし、和田は、まあ、ね。もうちょっと早めに自分でポジション修正すれとかは思うけど、致命的ではない。少なくとも。富沢も相変わらずバタつくけど、どうにかやれてる。福西は相変わらず良い。とすると。プレスのポイント、連動性、役割分担もハッキリしている。例えば相手バックラインがボール持った時に、船越が相手右サイドコース限定して、ボールがサイドバックに渡るタイミングで飯尾が前を塞ぎ、パスの出しどころがないために相手のサイドハーフが寄ったらそれに富沢がつき、というような連続性を、かなりちゃんとした意図を持って出来てる。実際、その形でボールも奪えてるし、巻きなおしての攻めも出来てはいる。

んだけどねぇ。

ちょっとずつズレてるかな。ボランチからのパスしかり、サイドからのクロスしかり。
1点取れば随分違うんだろうけどね。井上にしても誰にしても。
レアンドロがいれば、また違う趣があったんだろうけど、船越を使う意図は明確だったし、事実出来てたわけだから、気にはしてない。流動性は若干落ちたし、ディエゴのシュートに対する意識もやや物足りないけども、形としては、とりあえずのレベルにはなってる。
去年一昨年と、あれだけチャンスの悉くを決めてきた広山さんが、今年に限って当たりが出ない。先発した3試合ですべてビッグチャンスもらって、すべて外してしまってるとゆう、もう、なんだかね。お払いでも行ってください。もしくは占いとか。

我慢の時期かな。どこかで殻を破るタイミングが来るといいけど。じりじりする感じは、まだ続きそうです。
[PR]
by eixeix | 2008-03-24 01:51 | サッカーとか。
<< 色々あるわね、生きてると。 とりあえずの感想 >>