開幕戦ぐらい
なんか書いとけや、という感じで。
相変わらず、あの多摩川っぺりは、風が強くて寒いっすね、しかし。

さて。
J1復帰初戦ということで、相手は強力3トップを看板にタイトルを狙うと公言する川崎F。にしてもあれですね、川崎にはすでに1チームしかないのに、なんでいつまでも「F」が付いてるんでしょうね、等々力の電光掲示板。まあいいっす。どうせ他人事ですから。

ヴェルディの仕上がりどうかな、と思いつつ足を運んだわけですが、あに図らんや、と言っては失礼かもしれませんが、良いチームの状態を見せて頂きました。ありがとうございました。ええ、冷静な語り口調かもしれませんが、私、ゴール裏最後列で、だいぶ大暴れしたり毒づいたりしておりました。ごめんなさい。
んで。
ヴェルディは昨年から継承してるファクターを基本的にブレさせることなく、かつ、新戦力をある程度スムーズに取り込んだ形でチームを形成できたなと。そこはひとまず、柱谷監督の手腕として評価すべきでしょうね、と率直に思います。ここまでの仕上がりは、正直なところまったく想定外で、失礼しました御見それしました、という感じ。
具体的には広山・ディエゴ・飯尾というアタックのベースライン、土屋と服部が形成する守備のベースライン上に、富沢を含む新しい戦力を、上手く上乗せできたな、というところ。特に肝となるだろうと思っていた福西のコンディションが十分に上がっており、攻守両面で(いくつかの黒い技も含め)卓越したところを見せてくれました。特に前への推進力ですね。前で持てる、受けられる、ポイントを作ってもう一度出せる、その事で最終ラインと2列目以前との間の「微妙なところ」に攻撃の起点を作る。ここが狙い通りだとすれば、大したもんだなと。
富沢が、終盤にパスミスが増えた点を除けば、守備ハーフとしてよく奮闘したなと。菅原が「最後の駒」だと、そこが通用しなかった時が凄く怖い、と思っていたのですが、ミドルゾーンでの高さも含め、富沢が計算できたことは大きい。那須は機動力と接点での粘り強さを、レアンドロはテクニックと運動量をそれぞれ発揮してくれたので、まあ、ここは想定通りぐらい。和田は正直、もうちょっと見てみないと何とも。まあ、服部と比べてしまうのはかわいそうなので、ここから頑張ってくださいと。土肥は良かったと思いますが、土肥でなければいけない理由も正直、良く分からんというのが本音です。ただ守備時のコーチングが的確で、状況をよくコントロールしてるとは思うのですが、果たしてそこまでコーチングしないといけないのか?とか、チーム戦術の理解と土肥の考えが違った場合に混乱しないか?とか、そういう疑問も。ただ、そういう配置そのものには、監督の意志を感じる。それは良い事だな、悪い事じゃないな、と思うわけです。
河野は、開幕戦としては良くやった。あとはここから。彼の将来がどうあれ、あのボールタッチから中村憲剛を一発で抜き去ったシーンは、長いこと語り継がれる事になるでしょう。平本は最後で仕事したな。あとはコンディション上げろ。大野さんは、こういう地味な役回りで、きちっとすべきことをできた。いつからそんなに職人肌に、という感じ。
ハードワークハードワークと柱谷監督が言い続けていたので、却って「また掛け声倒れか」と思ってたんですが、ラインを押し上げつつ、全体に連動した守備も出来ていて、球際も激しく粘り強かった。ここをボトムとして、集中力の部分では上積みが欲しいです。
気になった点は、やはりフィニッシュに至る点。精度というより意識の問題かな。特にレアンドロとディエゴの2人にはそこを強く求めないと。広山が一番シュートにいってるようじゃアカンがなと。ただディエゴが最後のとこでレアンドロにちょこっと出したりするのは、彼なりの気遣いなのかなーとも思うんですよね。レアンドロは合流が遅れてたわけで、チームへのフィット感がまだまだだと思うし。あるいは、川島の好セーブを見て一筋縄ではいかないという判断があったか。自分もオフサイドで2点損した気分だっただろうし。いずれにせよ、ディエゴが攻撃リーダーとしての自覚を強く持っているという現われなのかも知れません。じゃあフィニッシュで見せろよという話に戻るわけですが。
ただ開幕戦としては、勇気を与えてくれる内容であり、ベンチも含めた一体感を存分に感じたゲームであり、同時に妥当な対価としての勝ち点1だったと思います。昨年を思い返すと、チームに推進力を与えてくれるもの、拠り所をどうするのか、ってのはあります。戦術ももちろんですが、例えばもちろんフッキの存在であり、服部のフリーキックであり、「西が丘不敗」であり、というような有形無形のファクターを積み上げる作業もチーム作りでは欠かせないと思います。開幕戦の内容が、迷わずに済むラインをひとつ提示してくれた、と同時に、やはり勝ち点3を得たわけではないので、次は鹿島ですから、想定されるのはもっと厳しい戦いだろうと。そこで「何を得るか」という繰り返しの上でチームが強くなっていってくれると良いな、と。そのように思います。

上で「妥当な対価」としたのは、つまり川崎も相応に強いチームなので。当たり前なんですが。優勝候補らしいですから。
3トップのアンバランスさ、ポジションバランスの悪さや最終ライン・中盤との距離感がチグハグなど、それはこちらからの仕掛けで作った部分もあるし、川崎がまだ前線の質をチームとしてコントロールしきれていない証でもあるんでしょう。一方で一瞬の隙をついて点を取りに来る、個人の要素で点を取りに来る、というところは、確かに持ってる。だから、やっぱ強いんだな、とは思います。一方で怖い、という感じまではいかない。あくまでも、現時点では。フッキの個人能力についてはこの試合でも十分に堪能させて頂きましたが、あとチョンテセとジュニーニョを含め、どう扱うかというところには到達してない。だから裏へ抜けられる事への警戒と、カバーへの集中さえしておけば、決定的にはやられずに済んだんでしょう。
昨年のヴェルディでは、フッキにある程度の自由を与えて、同時にパスと押し上げてフィニッシュまでの意識を強く持ったディエゴをすぐ後ろに配し、両サイドハーフのバランス感覚と合わせる事で、流動性と決定力・爆発力を同時に発揮させることに成功しました。「いつフッキにパスを出すか」をチラつかせながら押し上げてくるディエゴが、上手く相手守備を引き付けて作りあげる前後と左右の関係の上に「戦術フッキ」が存在してたわけです。
そこと比較すると、川崎の前線は、やはり自分が持ったらフィニッシュを意識しているし(それだけの力量もあるし)、結果としてお互いの関係が平行になりやすく、パスの供給源とは距離が広がりやすい上に、サイドの押上によるオーバーラップともまだスムーズにいってないんですよね。J1では求められるプレーの質も当然変わる上に、実績のある他の2人との関係性もあるでしょうから、一概にベストの方法論があるとは思いません。選手のスタイルも異なりますからね。
関塚監督が、単に目先の勝ち負けに拘るならば、手っ取り早くシステムの変更も必要なんでしょうけれど、本気でトップを目指すのであれば、我慢と継続的な改良をした方が、あるいは良いのかも知れません。注目のところですかね。まあ、他所のところの話なので程ほどに。

ヴェルディのパスワークであるとか、河野のような存在であるとか、そういうのは、事象としては単なる一側面だな、と。大事な事は、J1に戻って、とにかくひとまず恥ずかしくないゲームをやって、勢いを次につなげるだけの内容を手にしたと。そういう辺りでしょうか。ただ続けていかないとどうにもならないし、先は長いし、まだ勝ってないし。浮かれるようなところでもない。継続を見せて欲しいと思います。
[PR]
by eixeix | 2008-03-10 22:34 | サッカーとか。
<< 鹿戦とか振り返る。 そうですかもう3月ですか。 >>