年の瀬にまとめて
少しばかり、これまでの話を。

の前に。
高校サッカー選手権の開幕戦を見に、国立に行きました。というのも、実は私が都立三鷹の卒業生だからなわけですが。
いや、嬉しかったですね。在校生やOBの、どこかのんびり緩い雰囲気も含めて、校風もあんまり変わってないのかなあ、などと思ったりしました。
途中、雹まじりの風雨に見舞われるなどありまして、まあ少々難儀はしました。
2年前の都大会決勝で見たチームよりも、もう少し洗練されてた印象です。
しっかりしたパスワークと、豊富な運動量、ポジションチェンジを繰り返す、なかなか小気味良いサッカーをしていて、よく頑張っていたな、と素直に思いました。
対する高知中央は、前半から粘り強く集中した守備を見せて対抗していて、その中でカウンターの場面で一気にスピードアップする意識を持っていました。そこからつないだCKで先制をしましたが、惜しむらくは自分達のミスから失点して同点にしてしまった事ですかね。そこからは、三鷹の勢いに飲み込まれてしまった印象です。
率直に言えば、全国レベルのゲームとしては、お互いにミスが多かった印象は否めません。しかしその瞬間、このゲームに、「全国で1勝を」という目標にすべてをかける、そのエネルギーというのは、やはり人の心に届くものだと、そういう風に思いました。
次も頑張ってください。

ヴェルディの方は、引き続き選手の出入りが発表されていますね。
一柳は仙台へレンタル。かなり厳しい見方になるかも知れませんが、僕は「ストッパー」というポジションに限定すると、一柳よりも新加入の飯田の方が上だ、と見ています。その是非はともかく、一柳はまず、仙台でポジションを取る、自分の長所が何かをしっかりと見つめる、高い意識を持ってチームの軸になる、そういう姿勢が必要になります。これでダメなら帰ってくる場所はないのだと、もうそういうつもりで、しっかり頑張ってください。
金澤には、お世話になりました。うーん。ボランチの層が、とは思いますが、大宮も自前ユースで育てた若手をいつまでも放り出しておくわけにはいかないのかなと。まだまだ伸びる選手だと思うので、惜しいなあ、というのは本音ですが。
吉原も今季限り。高木とのポジション争いという刺激はもちろん、実際に先発したゲームで残した結果でも重要なものがいくつか。特に印象に残っているところでは、国立での2クール湘南戦ですかね。ありがとうございました。お疲れ様でした。

それから新加入が数名。
土肥と福西は、まあ、実績的には申し分なし。それも特に必要なポジションでの補強ですから、あとは実際のピッチで見せて頂く事にしましょう。戦術面での云々は、まず全部出揃ってからでしょうが。
新加入にはユースから河野。技術的な問題よりも、彼はまず、「どうすればプロで生き残れるか」という、そこからの戦いですから。厳しいですけれども、彼がプロで生き残れたければ、彼よりもサイズやスピードや技術で勝る選手に倍する努力が必要です。コーチに手取り足取りしてもらえるわけでもありません。結局、自分です。期待するというより、まず何を見せてもらえるかを観察する対象でしょうか。頑張ってください。
国士舘からGK鈴木とDF足助も加入。足助はJFLに左サイドバックで出場していた記憶はあります。珍しい名前だったので覚えてるんですが。ただプレーの印象はあんまり残ってないですごめんなさい。3~4年次はセンターバックとしてのプレーだったようですが、ヴェルディとしてはやはりサイドバックとして取ったのだろうなあ、と思ったり。鈴木はまずプレーを見てみないと、何とも。4番手のGKから、1年目でどのくらい上がれますかね。まあ、国士舘と言うことは、柱谷監督にしてみればある程度能力を把握した上での獲得だと思いますけど。最近、関東大学リーグ見てなかったからなぁ。しかし国士舘ルートは健在だなぁ。

もうちょっと枚数は必要ですかね。
また出揃ったらいずれ。
[PR]
by eixeix | 2007-12-31 18:09 | サッカーとか。
<< いちおうごあいさつ その後の話その3 >>