もう今年も
残りわずかなんだな、と身に染みる寒さです。

オシム監督が倒れたとの報を聞き、さすがに驚きましたが。
正直に言いますと、やはり予選が始まる前の代表というものに、昔ほどには熱心に肩入れもしなければ、つぶさに見ているわけでもないので、彼の仕事に関しては、表面的な感想以上のものを持ち合わせていないわけですけれど。
ただ一方で、やはり代表のスタイル、目指しているであろう方向性に関しては、徐々に具体化してきていたという印象を持っていたので、ここにおいて病に襲われるということは、とても残念です。
現実的問題として、後任人事を検討しなければいけないでしょうけれど、そこに関してあまり喧しくやる気になれないのは、やはり人の命の問題が目の前にあるからで。
とにかく一日も早いご回復を祈りたいと思います。

J2では、ヴェルディお休みのところ、上位勢がこぞって勝ち点を落とすという、あまりに美味しすぎる展開にちょっと眩暈がしそうです。確かに運の要素もありますが、ただそれは、ヴェルディが勝ち取ってきた勝ち点と、得失点差があったればこそ、優位といえるわけで。前にもちょっと書きましたが、得た勝ち点は減らない。それはアドバンテージなのだと。ここにきて、得失点差で優位にいるというのも、やはり非常に大きかった。今日の時点で事実上3位以内は確定したと言っても問題ないでしょう。
あとは勝ち切ることに集中して。残り2つ。上を見て。ひとつずついきましょう。

五輪予選もベトナムに4-0で勝利と。
サウジがカタールに勝ち、日本は自力進出を確保。次の試合は痺れますね。
国際試合でのビリビリ感はこうでないと。
ここを勝つ、勝ち抜くという経験が力になるのだと。
楽しみですね。

そうこうしていたら、嬉しいニュースも。
私の母校のサッカー部が、全国高校サッカー選手権予選を勝ち抜き、ついに本大会に初出場を決定しました。本当に嬉しいです。おめでとう。
ささやかながら、今大会は張り切って選手権の応援に行けそうです。
[PR]
by eixeix | 2007-11-18 22:40 | サッカーとか。
<< まずは安堵感 そんなに悪くない >>