草津とドロー
だそうで。
いや今回は見てないんですけども。

連勝は8でストップ。確かに一時は逆転し、終了間際の失点でのドローですから、まあ勝ちきりたかった、という意味では残念ですが、それ以上は何も。連勝はいつかは止まるものですし。
何度も言うようですけど、もう得たものを大切にして、次のエネルギーに変えていく作業の繰り返しですよね。そもそも今までの連勝だって、湘南にロスタイムに追いつかれた次の試合から続けてきたものなんですから。
振り返ってみて、第4クールの9試合を終えて8勝1分。積み上げた勝ち点は25。この数字はもう減らないわけです。十分ではないにしても、この数字こそが、ここまでヴェルディの得たものであり、現時点でのアドバンテージであるという事実に変わりはない。よくぞやったと言いたいぐらいです。連戦の疲労が確実にチームを蝕む中で、負けずに中休みに飛び込めたという安堵感さえあります。そして何より、京都が負けた日に勝ち点1でもアウェーで得た事は、十分にポジティブなものです。何より札幌との勝ち点差を3以内に収めるという意味でも、この勝ち点1は凄く重要だったんですから。
確かに終了間際での失点が続いてることは問題でしょう。でもその原因を分析して、頭と体のコンディションを整えるだけの時間を稼げた。これが、現状のアドバンテージです。
ここからまた、一戦一戦、勝ち取っていかなければ。そのために、もう一度、チームの拠るべき幹を、つまりチームの絆と魂を、確かめ合う作業をしなければ。

そしてサポーターも、この状況を目いっぱいに楽しむべきです。こんなビリビリできる体験は、そう多くはない。こんな盛り上がり、こんな体験を出来るチャンス、逃す手はないですよ。
友達や家族を誘いたい人はぜひ。気になるアノ人を誘ってみたい人もぜひ。ランドに足を運んだ事のない方は、行ってみる良い機会かも知れません。
鶴を折るもよし。弾幕やゲーフラを作るもよし。選手にお手紙書くのもよし。
次のホームゲームに向けて、時間はまだ十分にあります。

選手たちはまず体を休め、サポーターもちょっと心を休めたら、次に向かって立ち上がりましょう。

残り3つ。盛り上がってきたぞ。
[PR]
by eixeix | 2007-10-29 00:22 | サッカーとか。
<< そんなに悪くない 鳥栖戦の >>