鳥栖戦の
感想も書かないうちに、もう明日は草津戦なんですけどね。
台風はどうにか過ぎたようですから、芝の状態はともかく、天候的にはどうにかなるのでしょうが。

鳥栖戦の方なんですが、仕事終わって現地に着いたとたん、スタジアム内から歓声が。
フッキ決めるの早いよ。せめて俺が席に着くまで待てよ。どうしてお前はそうなんだよいっつもいっつも、などと思いつつ。
鳥栖はアグレッシブかつハートの強いチームで、ディフェンスバランスがどうにも整わないとか、ミスでボールを失った際に前のめりの裏を突かれやすいとか、そういう欠点はあるにしても、やはり魅力のある攻めが出来るチームですね。
ヴェルディとしては、大変にチートくさい3得点をアドバンテージとして、じっくり受ける試合をしたかったところなんでしょうけど、やっぱりこう、最初の失点が3点目の直後だったことなどから、少しリズムを崩してしまったように思います。
鳥栖はボールを出してからの動き、特にサイドからの攻めの部分で、パスの出し手・貰い手が止まらないですよね。常に動いている印象があります。そして最後まで本当に運動量が落ちない。もちろん、選手交代によってそのテンポを維持し続けたベンチワークは評価されるべきで、まあ、そこも含めて、やはり鳥栖というチームの良さをあらためて実感した気はします。
ヴェルディとしてはある程度、ゾーンで受けて中を絞って返したいところなんですが、あれだけ、文字通り「殺到」してくると、やはりボールホルダー以外の人間にもついていかざるを得ない。結果として振り回されましたが、まあ人数が揃ってたので、決定的というところまでやられるのは、そこまで多くなかったのかなと。見た目ほどにはやられなかったという意味で、良い集中力だったんではないでしょうか。
ではあるにしても、1失点目の見事なクロスに対応し切れなかったのはちょっと悔しい。2点目は、勝負がほぼ決した後の話なので、もったいないとは思うにせよ、大勢には影響しなかったように思います。心情的には札幌戦での1失点と形も状況もあまり変わらないと。
ただ現実に久々の2失点ということで、危機感を持って、集中力を高めるには上々の内容と結果だったと言えなくもないです。これを糧に出来なければ、ここまで戦ってきた意味がない。
特に次の草津にはここまで相性がよく、ひょっとしたら油断を生じやすい相手かも知れない。だからこそ、鳥栖戦で出た問題を、反省点として次に生かさなきゃいけないのだろうと。
もうここまできたら、他チームの勝ち点を気にしてもしょうがないでしょう。断固として自分たちのスタイルを徹底して、そこに殉じて戦う覚悟が必要なわけで。勝ち抜いてきた自信、勢いを、ひとつ、またひとつと、その一歩一歩、その一瞬一瞬に集めて、ひたすら前に進むしかないわけです。
覚悟が問われる、残り4つ。
[PR]
by eixeix | 2007-10-27 22:45 | サッカーとか。
<< 草津とドロー 久しぶりに >>