驚いたね、どうも。
こうもあっさりと5連勝ですか。
いや、個々の試合を見ると、ちっともあっさりじゃないんですけど、でも「3連勝できない」とか言ってたのが嘘みたいというか。
徳島のように、守備がうるさい相手から、セットプレーでしっかり取れたというのは大きいと思います。
ラモスのコメントに、飯尾に対する信頼感があるのは良いかなと。実際、ベンチに廣山かシウバを置ける状況は作っておきたいし。
でもまあ、まだ何も得てないですから。
次も大事。その次も大事。

さて。結果としてこうやって勝ったわけで、実情はどうあれ、天皇杯で主力を休ませたことのメリットも少しはあったのか、と思いきや、よそはそうでもなかったり。
まあそれはともかく。
天皇杯の帰り際に、わたなべさんとちょこっと「ベストメンバー規定」に関する話が出たので、そこで一考察。
Jリーグ規約における「ベストメンバー規定」は、通常、次の条文を指すわけですね。

第42条〔最強のチームによる試合参加〕
1.Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない。
2.第40条第1項第1号から第3号までの試合における先発メンバー11人は、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならず、詳細に関しては「Jリーグ規約第42条の補足基準」によるものとする。


補足すると、第1項の「前条」の試合とは、41条における「公式試合および協会が開催する天皇杯全日本サッカー選手権大会」を指すことは間違いありません。また、第2項における「第40条第1項第1号から第3号までの試合」とは、J1、J2、およびリーグカップ戦(ナビスコカップ)を指します。
で、問題になってるのは2項の方なんですよね、もちろん。
個人的な考えを述べると、Jリーグ規約第42条そのものは尊重されるべきで、決して規約から除外すべきとは思いません。これは「プロがお客を楽しませる」とか「八百長防止」とか色々あるでしょうが、要は「建前」それ自体は必要だ、と言うこと。つまり、totoなどが絡む状況もあるし、疲労や日程の関係もなしに、タイトルや順位争いに絡むゲームであからさまな手抜きメンバーがリーグ戦などに出場した際に、「調査する口実」を用意しておくことで、そうした行為に対する抑止力にはなるだろう、と。
リーグがこれを「建前」として扱っているうちは、まあ健全だと思うわけです。だからこそ42条第1項は尊重されるべきだという考え。
一方で、第2項はいわゆる「ピッコリ騒動」によって作られたものなわけですが、こうした項目が存在すること自体、リーグは自らの運営体質を恥じるべきだと思うんですが。
そもそも第2項に該当する選手が「6名以上ならば妥当」とする根拠は何だ、ということでもあるし、ナビスコカップに「ニューヒーロー賞」が存在することとの矛盾も指摘されてたりとか、何よりも監督はリーグ戦で良い結果を残すために最善を尽くしているわけですから、前後関係を含めてリーグが調査すれば、その選手編成の妥当性を評価することは、こうした規定がなくても十分可能だろうと。お前らサッカーの素人でもあるまいにと。
で、何でリーグ戦とカップ戦には第2項が適用されるのに、「出場する義務がある」はずの天皇杯には適用されないのか、ってのは、言うまでもなく天皇杯がリーグ終盤を戦い抜く上では日程上の障害になっていることが自明だからで。そうでないなら第1項では天皇杯を含む規定を課しながら、第2項で除外することの説明にならんでしょ。それとも「協会主催とリーグ主催では違う」という話なのですかね。主管の違いだけが問題なのであれば、なぜリーグ規約に天皇杯の出場義務が明記されているのかを伺いたいところなんですけど。疲弊したシーズン終盤で、解雇が決まった選手を使ってまでトーナメントをやって、少しの賞金と引き替えにシーズンオフの短さと編成の遅れとを引き起こすわけなんですがね。どうなのよと。
なので、結論を言えば、リーグはこの馬鹿げた42条第2項を即時に撤廃するべきだと思うんですよね。無意味なだけでなく有害だし。

ちょっと追記。

とか思ってたら、こんな話が出てきてやがる
鬼武チェアマンは、「プロスポーツとしての精神の問題」とか仰るけど、プロスポーツだからこそ、選手を休ませ、大事な試合に勝つために最大限の努力を払う、という事実をなぜ認めようとなさらないのか。ベストメンバーとは、監督とクラブとチームが決定すべき問題であり、決してリーグが強制すべき問題ではないのだと言うこと、それはひとえにサッカーがスポーツであるが故に「すべての試合に勝つ」事が不可能なのだという現実に向き合い、その中で成される最大限の努力だという事実を、なぜ認めようとなさらないのか。
まったくもって理解に苦しむ。

まあ、フロンターレのACL出場に絡む騒動は、リーグ規約の問題と言うより、むしろそれを遵守したにも関わらず、リーグと協会のトップから批判された事に端を発するわけで、それは協会の不見識だと非難されても仕方のないことだと思います。
鬼武氏・犬飼氏らのたいがいな口の軽さも気になるところではありますけど、あまりに特定の個人の資質に依存した組織は危ないね、とは思います。
そもそも私は、個人的に川渕三郎という人は、昔からあんまし好きではないし信用もしてないのであれなんですけど、今さら「独裁だ」とか批判する人もどうなんだと。そんなもん、15年も前にナベツネが言ってた事じゃないかと。さすがに独裁者は独裁者を知るなと。いやそういうことか。
ただスポーツ界ではそうした構造が珍しくないのも事実で。IOC然り、FIFA然り、FIA然り。そういう組織は単に自浄作用が低下するからで。
まあ、見る側であるファン・サポーターが大きな声を上げていくってのも、必要になってくるんでしょうね。
この問題は、まだ当分続くでしょうけれど。
[PR]
by eixeix | 2007-10-11 01:54 | サッカーとか。
<< 本当に 負けて残念 >>