あらためて
徳島戦。
いや、今思い返しても、心臓に悪い試合でしたね、実際。

立ち上がり、ルイスの縦パスを受けた飯尾がペナ内でコントロール。ここの収めが抜群で、フィニッシュまではいけなかったものの、DF2枚を引きつけながら船越に丁寧に落とす。これを船越が豪快に蹴りこんでいきなり先制。
いつも思うが、飯尾はあそこから反転してフィニッシュという形を持っていれば、もっと怖い。その自覚は本人にもあると思うが、今のところ、生来の真面目さが裏目に出ている気がする。もしあの場面でフッキだったら?いや桜井だったら?そこは強く思って欲しいところ。ただ、良い仕事はしたと思う。
ここから数分は、広くパスをつなぎながらの展開が出来ていたのだけれど、流れはあっという間に徳島に。
原因はいくつかある。
まずはどうしても、復帰した名波に言及せにゃなるまい。
この日の名波は、美しい現実離れした数本のパスと、ボランチの所でボールが奪えないと如何に厳しいゲームになるかという現実の、両方を見せた。
名波がボールを持つ局面、あるいは奪いに行く局面の両方を、徳島のダ・シルバに狙われていたと思う。名波自身がボールを奪われる場面はそれほど多くはなく、そこはやはりコントロールに長けていたと見るべきなのかもしれないが、一方で守備の局面ではどうにも難しい。まずは前に行きたがるルイスとのバランス。ルイスが出た局面でボールを奪われると、名波の前でくさびを作られる。そこで有効に潰したり遅らせたり奪ったり出来なかった。さらに、そこにあわせてラインが押し上げてしまうと、徳島FWの長谷川や石田、あるいは片岡などにボランチの裏からDFラインの前にダイアゴナルに入られたり、そこに絞った次の局面でストッパーの脇を狙われたりしている。オフサイド崩れが数度決定機へとつながったひとつの原因ではないか。一度、名波とルイスが同じエリアにアタックに出てボールを奪えなかった時は、さすがに目を覆いたくなった。混乱せずに耐えた最終ラインは褒めて良い。
同時に、徳島の身体を張ったプレーに対して、FWにボールが収まる局面はあるものの、その短い時間にディエゴ以外のサポートがつかない、ないしは、距離が合っていない。ひとつはボランチの守備バランスに引っ張られて、サイドが絞り気味になったことと、飯尾がサイドに開いて受けようとする局面と後ろからのパスが合わず、結果として相手守備ラインを押し込めるまでにいたらなかったことも要因か。
名波のコンディション面での問題もあるが、この試合で先発させるには、些か大胆に過ぎたと言わざるを得ない。結果オーライではあるにせよ。
海本などは張り切って走っても、どうも単独のランに対しては後ろからボールが出てこない感じ。ワンツーか、あるいは逆速攻などからの単独ドリブルなら持っていけるけども。そこがやはり服部との呼吸の差、みたいなものは感じる。
総じて、中盤の距離感は金澤投入まで噛み合わなかったと思う。
まあ、ビデオでじっくり見たわけじゃないので、印象論の域を出ないのだけれども。
飯尾にとっては、外したシュートも含めて悔しい出来だったとは思うが、怪我が大きくなかったことは良かったと思うし、今後また、彼の力を必要とする場面は出てくると思う。ここで気負いすぎないことだと。
ただまあ、高木を中心にしっかりと守り抜いたこと、相手のフィニッシュの質が低かったことも幸いして、終盤、斎藤の投入によって流れをつかんで以降は、そうそうはやられないかな、という気持ちにもなった。勝ち点3は大きい。内容は悪い。そういう試合。「プロは結果がすべて」という向きにはどのように映ったかは知らないが。
次節はお休み。ただ2~6位がそれぞれ直接対決という様相なので、これは心理的にはラッキーかも知れない。ま、獲らぬ狸の何とやらとも言うし、相対的なポジションばかり気にしてるのは気持ち良くないだろと。休みを力に変えて蓄えておかないと、こうしてもぎ取った勝ち点がムダに成りかねない。大事な一週間になる。
[PR]
by eixeix | 2007-08-29 19:10 | サッカーとか。
<< その他 久しぶりに >>