水戸が相手だと
精神的な部分でどうかな、と思ってたが、チーム全体に士気が高いことは試合前の練習からも見て取れて、そこはやっぱり、西が丘で良い流れで来てる事とも関係してるんだろな、とは思う。

スタメンを見るに、まあ「現状では恐らく、これがベストになるんだろうなぁ」という組み合わせ。やはりゼ・ルイス使うなら、菅原をアンカーに置いた方が良い。役割が整理されるからね。最も、コンディション的な問題は徐々に露見しつつあり、後半に運動量が落ちてくるのがはっきりと分かるため、普段のトレーニングもそうだし、試合の進め方、交代枠の使い方もかなり重要で。こんなときは選手層が厚くて良かったな、と思ったり。ここに来て、永井社長も肋骨折ったとか言ってるし、こうなると大野をベンチにおいて、ゲームを〆る役割を与える方が良いんだろなと。名波先生の復帰が近そうなので、色々と考えるオプションはあるなぁ。

ラモスがかなり意図的に、チームとして3バックと4バックを柔軟に使い分けられるようにしたい、という思惑は見えるかな。ネルシーニョの影響?多少はあるか?
萩村復帰で素直に3バック。水戸がどういうわけだか、長いボールも蹴らずに引いて入ってきたので、前半はビジュのミドルに鈴木が詰めた場面を除けば、ほぼ完璧にゲームをコントロールできたなと。久々のフッキがノリノリのキレキレであったし、そういう流れで先制点も取れたし。ディエゴは電池切れこそ早かったものの、先制点の場面のように、2列目から意識的にゴール前に入る場面が、ようやく結実しつつあると。水戸の起点である金澤を前半は服部がポジショニングでよくコントロールして、2点目の場面でもボランチ前でボール奪った段階で、服部の見事なオーバーラップから一撃船越と。こりゃ勝ったなと。
後半、水戸がようやく縦に速い意識を出して攻めてきて、ヴェルディとしても少しラインのコントロールを誤ったりとかしたため、20~30分の間ぐらいはだいぶ圧力をかけられたけど、そこでミスが出るのも想定の範囲内で、ほぼ狙い通りに2-0で終わった試合、という感じ。
リード奪って以降、持った状態で焦らずにじっくりとボールをつなぎ切ったことが印象に残る。前半はもっとシンプルに行くべきだったと思うけれど、後半についてはあれでも良いのかな。どうかな。もっと前から突っかけてくるチームだと危ない感じもするが。ただ途中で入った大野が良いボールの持ち方をしていて、実際、チャンスにも絡んだが、リードしてる状態でゲームをきちんと落ち着かせたなという風には見ていた。ディエゴがへろへろだったので、その負担も多少は減らせたか。さすがにルイスもコンディション的には十分とは言えなさそうだし、時期が時期だけに、中盤の構成はちょっとずつ変えながらでも良いかも知れない。
斎藤が久々の復帰試合。良く走った。しっかりしたFW感。まあこれから上げてけ。ただでさえベンチ5人で用意できる切り札が少ないだけに、こういう人材は凄く大事。
とにかく次だ次。もう先は短いぞと。

漢祭りを遠くに眺めつつ思うに。まあ、わざわざアウェイでやるなよ、と思わないでもないにせよ。
水戸サポにある種の尊敬を抱いたりするのは、これだけチームが厳しい状況にあって、怒りも悔しさも存分にあろうところで、それでもめげずに逆境に立ち向かって、明るく振舞えるところであると。自分があの立場だったらとても出来んなと。怒るとかキレるとか以前に、萎えるよ、諦めるよ、と思う。その立ち位置というか、そこの愛だな。感銘を受けるのは。まあ、尻馬に乗ってるだけの他サポは少し自重しろ、とは思うけども。でも、自分たちの手で工夫しながら頑張る楽しさ(と苦しさ)というのも、厳しいときにしか味わえなかったりするし、いつかそれが報われたら良いよな、と思ったりもする。水戸サポがどうこうというよりも、最後まで逃げなかった奴だけが、結局、最後に楽しい思いを出来るんだと。せめてそう信じられるような世の中ではあって欲しいよな、などと。そんな風に思う。
[PR]
by eixeix | 2007-08-14 01:30 | サッカーとか。
<< 久しぶりに 最近 >>