長らく
ほったらかしにしてたので、まあ、一応、札幌戦の感想など。

札幌と去年の横浜FCに似ている点があるとすると、実際にやってみるとあまり「強い」と感じないところなのかなと。去年で言うと、柏や神戸というのは、「こいつらに勝つのはえらく難儀なことだな」と思ったけれど、横浜や札幌はそうでもないなと。仙台や湘南のが、やってて難しい感じはするかな、というか。
ただそれは、逆に言うと集中するポイントであったり、自分たちのストロングポイントをはっきりさせて徹底してるてことでもあり、「一意専心」でしょうか。使い方間違ってるでしょうか。
試合ぎりぎりに到着して、札幌のメンバーを見て、「うち相手にトレスボランチかよ!そこまでやんのか三浦監督!」とは思ったすね。そうまでして中央のスペースを与えたくないのかと。
これで局面に応じて、サイドバックが積極的に上がってくるとかなら、もう少し可愛げもあるんでしょうけれど、札幌にはサイドバックいないからね。4人のセンターバックがいるだけで。壁を作って裏へのハイボールをケアし、ゾーンはあくまでコンパクトに。見事なものです。やろうったって簡単にできるもんじゃない。本当に徹底されてる。

で、僕も前半見る限り、ラモスと一緒で「セットプレー以外なら、まあ失点はしねえだろうな」とは思ってましたね。カウンターにすらなってなかったし、札幌の攻め。で、ものすごく予定調和的にセットプレーから曽田にかまされると。もうあの形作られて振り切られたらどうにもならねえと。注力してる部分の差が出たと。
ヴェルディの方はどうかって言うと、まあ、形は作れているわけですよ。ただ、どうしてもシンプルさに欠ける。という印象を持ってしまうわけで。それが結局、ゴール前での余裕のなさにつながってる気がしてしょうがない。出す・受けるの関係に精度があれば、時間の方には余裕が出来るのが道理で。永井社長がなんでチャンスに顔を出せるかと言えば、受け方の質と、そこからの持ち出し方でタイミングをこじ開けてるのだと。まあ、今回は決まらなかったけどね。
札幌のバックラインは特別に速さがあるわけじゃないので、ボランチからサイド、あるいはトップにボールをつけた際に、そこからなるべく少ないタッチで速くボールを動かして、一度ラインを引きつけてから裏に出していくだけで形は作れると思うんですよね。
ボランチとザゲイロで作る中央のブロックは、非常に厳しさがあるし、タフで、堅い。でも逆に見れば、そこを崩せば難しいことは必要ないわけで、せっかくキープ力とかボールの持ち方の良い選手にそこで預けたんだったら、なるべく少ないタッチで動かせないものかと。
ディエゴにはその感覚が出てる。実際、ディエゴが良い形でパスアンドゴーをかけたときは、かなりの確率でチャンスを作れている。札幌がそこの対応に後手を踏んだ場面もあったし。廣山と服部はそこを感じてるけど、ボランチとフッキがそこを感じてない気がする。そういう感じ。
フッキがペナルティエリアに近い位置でドリブル仕掛けるの一向に構わないと思いますが、それをゴールから遠い位置でやるのはきちんと抑えるべきで、そのためには周りも動いて早めに要求していかないといけない。フッキが右に流れたときに、どうしても中を向いて持ち直すプレーが多いのも、ちゃんと矯正しておくべきで、そこを藤田などを使いながらシンプルに放す形を持たないと、どうやったって手詰まりになるぞと。まあ最近、点取れてないから余計にやりたがるんだろうけどね。
船越投入をもう15分早くして欲しかった感じはしますが、萩村が再三痛んでいたことを考えると、4バックへのシフトチェンジも含めて、失点してすぐに投入、というのは焦りを助長させたかもしれません。本来は、萩村を残して富澤→船越、佐藤→大野、廣山→永井、としたかったのではないからしら。あくまで予想ですが。こういう試合こそ、大野なんだけどなぁ、と。
船越の存在を札幌のバックラインが明らかに嫌がっていたので、先発で使うべきだったんじゃないのかと思ってしまわなくもありません。
勝ち目があったとすれば、船越を先発させて、力押しして、こぼれでもインチキでもオウンゴールでも何でも良いから先制点もぎ取って、あとは廣山まかせのカウンターみたいな。そういう方だったんじゃないのかと。

セットプレーのオフェンス・ディフェンスが露骨に勝敗を分けてしまった感じですが、今のヴェルディにはきっちりとしたセットプレーキッカーのポジションがない、というか、適正のある選手を組み込めない、という難しさがあるなあと。
CKで考えると、右の廣山は明らかに無理がある。大野を使いたくてもポジションに空きがない。左は佐藤に蹴らしたいと思うけど、フッキのファーストディフェンスの質を考えると、CKからのカウンター対策としてボランチにキッカーを任せるのは怖い。名波でも同じこと。ディエゴに蹴らせると中の高さが足りなくなるし。
じゃあせめて直接FKの半分は佐藤に蹴らせろ、とは思うけどね。
やはり3バックは4バックに比べて戦術的柔軟性に欠けるきらいがあって、そこがただでさえ乏しいヴェルディのアタックバリエーションを余計に抑制してる気がする。フッキも少し痛めてそうなんだよな、足首とか。
3バックにしたことで、ゲームへの入り方が格段に良くなったのは否定できない。逆にここから先、「どこまでリスクをかけられるか。どこにリスクをかけるのか」というところを模索しながらチームの力を高めていかないといけないなあ、と思った試合でした。はい。
[PR]
by eixeix | 2007-06-25 23:29 | サッカーとか。
<< 最近 そーだ >>