乗り越える
という感じのゲームでした。

v.s. 山形。

試合開始からちょっと過ぎたぐらいに行ったのですが、中に入ってピッチを見ると、ルイスが良い形でインターセプトして、ルックアップする場面。「おっ」と思っていたら、縦に出したボールにフッキが反応してペナルティエリアに突入。ファウルを受けてPKゲット。これをフッキが決めて先制。
そこまでを見て、よしよし、と思い、席を探す。

ただそっからは厳しかったね。
序盤こそボールを動かせていたものの、徐々に山形の速いサイド攻撃に押し込まれる展開。
これが結局、最後まで続く。
後半の〆に井上と社長を順次投入して、この2人が決定機を作ったものの、決めきれず。井上は、あれは決めておきたかったな。まあ、次に期待。
最終的には頑張って守りきって勝ち点3ごちそうさま、というリザルト。

こちらからすると、山形が途中から非常にコンパクトで高いゾーンを作ってきていて、そこに対して上手く打開策を出せなかったと。ディエゴのコンディションが少しずつ上がっているようだったけど、まだ噛み合うところまで行ってないから、逆にそこが上手く回るようになれば、打開の目はありそう。
また山形がピッチを非常にワイドオープンに使っていて(石川獲得は正解だったな)、中盤がディフェンスに入るポジションが曖昧になっちゃったりして、タメ→サイドチェンジ→縦という流れで一気に持っていかれたりとか。実際、山形はすばしっこい選手が多くて、最後までこのサイドからのアタックを潰しきれなかった。
ただ山形はサイドの展開それ自体が目的化してるようなフシがあり、崩した後のアイデアが乏しい、というも本当のところで。そこまで持ってってリズムも変えずにクロス上げるだけなら、土屋はいくらでも対応できるよと。
実際、服部がどうにかサイドにフタをしつつ、土屋、戸川が破綻しない程度には中央を埋め、突っかけてくる相手にはゼ・ルイスが巧妙に対応してて、決定的な形でフィニッシュまで持ち込まれる場面は、実はそんなに多くなかった印象。

ま、何にしても、こうまで組織的にがっちりとプレスをかけてくる相手に対して、序盤で先制して1-0なら、それはそれで評価しとかにゃならんでしょ、とは思う。
得るものが少ないな、という印象もあるにはあるけど、去年だったら普通にひっくり返されてたような内容だっただけに、今年必要とされてる粘り強さとか、その辺は見せてもらったゲームでした。
[PR]
by eixeix | 2007-04-01 22:32 | サッカーとか。
<< 人が 寝る前にさらっと。 >>