で、セレッソ戦
になるわけですが。

実は午前中、少し遠いところで仕事してて、終わってから駆けつけましたが、ちょうど後半キックオフぐらいからの観戦となりました。(後に、知り合いから「おいしかったね」「得したね」「効率よかったね」などと言われる)

途中経過で、前半からイエローカードが乱発されていることは知っていましたが、見始めてすぐに、「ああ、この審判ではね・・・・」という感じ。笛が細かい。これはイラつく。試合に余計な部分でのテンションがかかっている感じで、カードが試合の趨勢を決めそうな予感がひしひしと。
まあ結果としてこれは当たるわけですが。

全体の印象で言うと、セレッソは厚く保った最終ライン+トレスボランチが中央の攻撃を閉じ込めながら、奪ってからはひとまず前線の森島康に当てるか、ないしは古橋につけるぐらい。いずれも長いボールが多く、単調と言えば単調。
しかし厚く守るというのは、口で言うほど易しい話ではなく、非常に忍耐力もいるわけです。そういう意味では、セレッソからは強い決意を感じたゲームで、どう盛り返すかにも興味がわくわけですが。
現実的に見れば、長いボールのリズムに慣れたヴェルディ側のラインも、そう大きく破綻することはなく、戸川の対応ミスによってピンチを招いた場面と、終盤に出てきた小松の迫力ある攻めぐらいしか、記憶になく。

70分ぐらいに、良く分からぬイエローカードで合計2枚のセレッソ藤本退場。
その後、両サイドを広く使った攻撃から、中央への折り返しに競り合った船越が倒されてPK。フッキが決めて先制。直後に、佐藤→永井でとどめを刺しにいくラモスと、アタッカーを投入して巻き返しを図る都並。

しかし、1点リード、しかも数的有利、セカンドボールが拾える、となれば、これは永井社長の独壇場であって、もう社長が入ってきた時点から「こりゃもう一点取れるぞ、確実に」と思っていた次第。
そんな私の密やかな期待をもちろん存ぜぬ永井社長ですが、フッキとのパス交換から縦に抜けると、セレッソのDF2人を引きつけながら、中央への動きを見せつつ、わずかな隙間を突き通すスルーパス。お見事。無駄な職人芸。軽やかに右サイドを抜け出たフッキが中央に折り返すと、下がり気味の難しいボールながら、船越がきっちりボレーで合わせて追加点。勝負あり。

そのデビュー以来、永井に対しては、すでに尽くせる限りの悪罵を尽くしてしまった私としては、もう今さら永井が何をミスしたとしても寛容に笑えるようになっているため、その無意味に華麗なプレーもネタとして楽しめるようになっており、この暑苦しい試合における一服の清涼剤として、そのスルーパスを愛でるのであって。

終わってみれば完封勝ち。まあまあ、というべきなんでしょうね。

全体にボールの動かし方は良かったと思うし、厚くリトリートしたセレッソ守備の前に、焦れずに最後まで圧力をかけ続け、特にサイドからチャンスを作れたことは収穫か。
一方で、パスの展開にもう少しメリハリが欲しいし、ディエゴはもうちょっと運動量を増やして、ラインと駆け引きしながら裏で受ける動きをして欲しいなと。

まあ、休みが入るので、いろいろ修正するポイントもあるでしょうし、特に休み明けからは厳しい相手との対戦が続くので、ここからもう一度、引き締めていって頂きたいものだと思います。
[PR]
by eixeix | 2007-03-22 00:04 | サッカーとか。
<< 寝る前にさらっと。 ひと休み、ひと休み >>