ひと休み、ひと休み
セレッソに勝って、開幕4試合を3勝1分で、最初のお休み。
とりあえず、この2試合を振り返ってみると、色んな部分が見えてきそうだなと。

仙台戦では、確かに仙台の出足が非常に良く、特に前線の動き出しの質・量が攻守ともに抜きん出ていて、前半からかなり苦しかったものの、向こうが2点目を取って一息ついたところを、すかさず盛り返して、息を吹き返す前に押さえ込んだ、というムリヤリな試合。
ただ両チームの監督に微妙な采配のミスがあり、その辺が勝負のアヤになってしまったような気がするなと。
具体的には、ラモスが、仙台のロペスを抑えるために、ゼ・ルイスをマンツーで張りつけてしまったことで、結果として名波がバイタルエリアで孤立し、やたら広い範囲を1人で受け持つ羽目になり、空いた両脇を運動量豊富な仙台の2トップに突かれて、最終ラインが攻撃に対して無防備に晒されるハメになったこと。昨年、ロペスを抑えるために菅原などをマンマークに付けていた成功体験がそうさせたのだろうとは想像するものの、これはルイスと名波という並びで考えれば明らかに不合理で、両サイドバックに守備の負担が高まるし、メリットがない。と、同時に、要するにロペスぐらいのレベルの選手を抑えるための、ゾーンによる組織守備メソッドがないことも露呈したわけで、この辺は全体でどう守るか、まだ詰める必要がありそうだと思ったりしました。
一方で仙台の望月監督も、運動量が途切れてきた中島を下げるまではともかく、永井を入れて「中盤を厚く」というのは、少し腰の引けた対応だったのじゃないかなと。関口あたりを入れて、トップに近い位置からのプレッシャーをより強くするならともかく、ワントップにしてしまったことで、プレスが及ばなくなったヴェルディの両サイドバックが息を吹き返し、終盤に押し込まれる遠因になったと思われるわけですが。
いずれにせよ、仙台が去年よりも格段に良くなっていて、特に前線の動き出しは2テンポぐらい速い感じであり、これを抑えようとすれば、やはりラインを上げて、コンパクトに守って、というところに立ち返るしかないわけです。が、具体的にボランチの配置をどうしよー、とか思うと、冷静に見て、決定打になりそうな守備戦術はない。要するに、コンパクトに守って、まあセットプレー化何かで先制点を取ったらラインを下げて、フッキ使ってカウンター狙い、ぐらいが関の山だろうと。
ただまぁ、2-0になってところから押し返したことは高く評価すべきで、フッキの個人能力による2点目よりも、むしろ1点目、両サイドを使ったワイドな攻撃から、押し上げてきたルイスによる得点、というあたりが、仙台を攻略する上でのヒントにはなりそうかな。
徐々にワイドに使う意識、攻撃のテンポにも改善される部分があって、継続はしていって欲しいところですがね。どうでしょう。

続きます。
[PR]
by eixeix | 2007-03-21 23:39 | サッカーとか。
<< で、セレッソ戦 つまりこうゆうことだ。 >>