満足とまでは
言わないにしても。それなりに手応えのある試合。

練習試合 FC東京戦 試合結果

前日まではフィジカル中心に上げてきている最中で、相手のFCもU-22の選手やルーカスや今野などがお休みだったし、てのを考慮しても、思ってたよりは良い。
守備意識のベクトルは揃ってきてるから、あとはメソッドの問題なのかな、と。つまり「いつ、どのぐらい守備をするか」という問題が、個人の間でバラついていると、守備戦術なんてものはいくら説いても機能しないわけで、そこのところは浸透しつつある。あとはシチュエーションごとに「すべきこと」を整理しないといけない。
相手がポジションチェンジ(や、インナーラップやオーバーラップ)をかけてきたときに、マーカーはチェイスなのかスイッチなのか、とか、そこはズレが出たりしてる。だから離してしまったりとか、間にパスを通されたりとか、そういうのが何度かあって。ただ修正は可能な範囲だし、それこそ個人の判断が重視される部分ではあるので、お互いのプレーの質を理解していくことで埋まる部分もある。もう少し、なのかなと。少なくとも1対1のシチュエーションでフォローもなしにぶっこ抜かれるような場面はなかったんで、できる範囲だろうと。名波や服部、あるいは福西のカウンターの「殺し方」を見ていると、そこはいかにもジュビロのメソッドであるなと思ったり。
攻撃面ではあくまでもパスを繋いでいく部分と、アタッカーが単独で仕掛ける部分が、まだ有機的には接続できてない。ただ、個々のところではやれる部分も十分に見えて、心配というほどではない。長いボールも、もう少し使い分けができれば良いけど、そこはアタッカーがどうボールを呼び込んでいるかにも関わるし、広山や斎藤が見たかったな、て思ったりした。

選手個別に言うと、菅原がルイス不在の中、動きが良くて納得感あり。思ったよりパスにも色気を出していた。名波にしても、下がって捌く場面が多く、もう少しセーフティーにやって欲しい場面もあったけれど、まずまず。
服部は守備面で良さを見せる。ほぼ左サイドからは作らせなかった。戸川・土屋の組み合わせもバランスが崩れる場面が少なかった。フッキやディエゴはまだコンビネーション含めて上がりそう。海本と平本、高木などは、色んな意味で相変わらずだが。
佐藤はやはりアタッカーであって、厳密には名波の代わりにはならないだろう。まだ特長を周囲が活かしていないようにも思う。大野はあのお笑い得点はともかく、怪我明けとしては思ったよりもずっと良い動きだった。よくコンディションを戻してきたと驚いている。金澤は時間が短いが、もっと出場機会が増えるかな。吉原は、失点場面について、厳しく言うと彼のミスだが、DFとうまく合ってくれば、もう少し良いかな。船越は・・・、あー、どうだ?いや、目立たなかったし。
福田は思わぬ拾い物か。フィジカル面では物足りないが、ポジションバランスも悪くなかったし、何よりボールの持ち方が良い。スカウトが彼をピックアップした理由が良くわかる。

さて、あと1週間で開幕ですか。
もうちょっと絞り込んで欲しいな。
[PR]
by eixeix | 2007-02-25 22:30 | サッカーとか。
<< びっくりするほど U-22 >>