U-22
は、テレビでソコハカトナク見ました。「ながら見」ですらなかったですが。

反町監督の生真面目さが、少し悪い方向に出ないか?というのが、ここしばらくの懸念であったりします。スキルフルなチームではあるし、駒も揃っている印象ですが、その割には「薄い」と感じるのは何ででしょうかね?
強いて言えば梶山と水野はこのチームでもスペシャルな存在と映りますし、イエナガはカタカナで書くとアフリカ人っぽい、というネタは古くからありますが。まあそこはともかく。
カレン、平山、李の3人を同時に起用したいというのは、理想と言うか、育てる意識としては正しい。んでも、トップ下に増田あたりを入れてお茶を濁すよりは、思い切って梶山と本田圭あたりを2列目に並べて、アウトサイドに家長、水野として、ごり押ししても良いんではないかと過激な思いに駆られたりもします。ボランチ?青山敏にやらせとけ。後は知らんとか。いやそれが現実的ではないことは承知の上で、だからこそ、反町監督には、もう少し違う手の内があることを感じさせて欲しかったりします。サイドから作る、という意識での3-4-3は、やはり「厚く」はならないような・・・・。ん~。
あとは大会に向けてのモチベーションの辺りで、「色」がついてくるのかも知れないですけどね。

一柳が出なかったことより、むしろ代表に残っていることの方に驚いてるわけですが。
とりあえず良い経験をしてくれると良いですね。同期の玉乃や根占の刺激になってくれれば、とも思っています。
[PR]
by eixeix | 2007-02-22 23:44 | サッカーとか。
<< 満足とまでは キャンプイン >>