高校選手権
今大会は、仕事が重なったりして、結局生観戦できず、ちょっと残念。
決勝もテレビ録画したものを見たりしました。

決勝の組み合わせは、東北の名門・岩手の盛岡商業v.s.岡山のこちらも常連高・作陽。
結果は2-1で盛岡商が勝利。
東北を代表する名監督、「不屈の勇将」斎藤重信監督が、ついに全国の頂点に立つ。

盛岡商は、センターラインの堅固さもさることながら、その非常に攻撃的かつ執拗な前線からのプレッシング、素早いパス交換と力強いサイドアタック、そして何より、素晴らしい敢闘心で勝利を引き寄せた。確かに体格的には小柄な選手が多かったものの、9番成田のように、体幹が強く当たり負けしない選手が多かった。雪国の悪条件の中、厳しいフィジカルトレーニングをこなしてきた事を伺わせる。また技術的に傑出しているとは言えないが、それでも決して引き下がることなく、狭いエリアでも正確で素早いパス交換を見せたのは、これもやはり室内トレーニングの成果だろうか。いずれにせよ、印象に深いのはその粘り強さであって、後半早々に先制され、同点のチャンスだったPKを11番林が外したものの、そこから下を向くことなく圧力をかけ続け、ついには林が同点ゴールをねじ込むと、試合の終盤にはまたもカウンターからのサイドアタックで勝利をものにした。確かに勢いはあったにせよ、最後まで運動量が落ちることはなく、その運動量を支えた自信、チームとしての連携の確かさを感じさせる見事な勝利だった。

一方の作陽は、野村監督が目指すパススタイルを実践しながらも、柔軟性を持った戦い方で勝ち抜いてきた。ビルドアップの質、技術の確かさとアイデアでは、確実に盛岡商を凌駕していたと思う。盛岡商の厳しいプレッシングに苦しみながらも、敢えてパスによって局面を切り開こうとしたのも、自分たちのスタイルに対する自信だったと言えよう。怪我を押して後半から9番村井を投入し、その村井の見事な個人技が先制点を導いたまでは良かったが、しかしそこから、やや長いボールが増えてしまったことが残念で、あの局面でもう少し圧力をかけて、コンパクトさを失わず、しっかりと中盤を作りながら、村井に預けたところからサポートを近くに素早くつけていくよう徹底していれば、もっと早い時間帯に勝負を決めることも出来たかも知れない。
村井のコンディションが、あるいはもう少し良ければ、という思いもある。彼のように上背がありながら、柔らかいプレーができ、技術的に「遊び」がある選手は、時としてこうした早い流れのゲームに上手く乗れないこともある。ゆえにJリーグ的には、あまり好まれないタイプの選手かも知れない。本人も卒業後は大学に進学するという。ただ、彼のプレーが、技術的に目立つ選手の少なかったこのゲームに彩りを添えたことも確かだ。

今年の選手権は、予選から波乱含みだった。総体優勝の広島観音の他、鹿児島実、東福岡、帝京、市立船橋といった名門校・強豪校が敗退し、また本大会に入ってからも、国見の初戦敗退を筆頭に、前年優勝の野洲、全日本ユース優勝の滝川二、あるいは四中工、中京大中京、富山一、前橋育英などの常連校が序盤で姿を消した。
一方で、ベスト4すべてが国立初登場となるなど、新しい風を感じた大会でもある。
鹿児島代表・神村学園は、女子ユースでは日本屈指の強豪校だが、男子は選手権初出場。しかし若手の竹本監督が率いるチームは、攻撃的で魅力的なスタイルを見せた。また千葉代表の古豪・八千代の健闘も非常に印象深かった。

思うに、選手権もまた過渡期にあるのかとも思う。
クラブユースに選手が集まっていくという一側面もあるが、一方で地方のチームが、地域一丸となってチームを盛り上げ、作り上げていくことも、日本サッカーの底辺拡充という意味ではいまだ重要な意味を持つ。何より、あの舞台で、あのピッチで戦うことの喜びが、色褪せてきているとも思わない。トーナメント形式の大会では、勝利を目指す意識に偏重するあまり、リスクを負わない戦い方を選ぶこともままある。だが、今大会を見ても、そうした意識を残しつつ、独自のスタイル、より創造性のあるスタイルを各指導者が模索しているようにも思う。
その繰り返しこそが、歴史の積み重ねであり、今日また選手権が果たす意味付けになっていくのではないか。
そんな風に感じた大会だった。
[PR]
by eixeix | 2007-01-10 03:38 | サッカーとか。
<< 日程発表 あけまして >>