ホーム最終戦
つうことで、v.s.仙台 in国立

ゲーム的には、まぁまぁまぁ。エンターテイメントには欠けるが、狙いは分かりやすい試合になったのかなと。
序盤、金澤が前線に出入りできるフォーメーションを選んだことは分かったし、菅原をほぼマンツーマンでロペスに付けたのも頷けるが、マルクスがやはり孤立するのと、広山が高い位置に行けず(しかもいつもほどのキレが出ず)に、ちょっと構成に苦しむかな、という展開。
仙台が珍しいことに3バックを敷き、それはそれで興味深く見た。やっぱりサイドから押されがちになったが、富澤・戸川というセンターバックの組み合わせは機動力があり、やや向こうの13番に入られる局面はあったものの、そこそこはいけるのではないのかと。
ヴェルディも途中でボランチの並びを修正して、ボールを動かしつつ前に行けるようになってたし、お互いの監督がそれぞれ、戦術的な手の内を見せたという意味では、それなりに見所はあったと言えるかも。
チャンスはあるものの決めきれず、終盤、お互いにプレスがかからなくなってきたところで、それぞれ開いた穴から仲良く1点ずつ、という試合。
失点の場面はなー、石川のマークとかもあるけど、あそこセンターバックかボランチが早めに切れてチャレンジに行ってればなー、集中力かなー、失点の仕方に進歩が見られないなー、と。
一方で攻撃は、狙いなり、統一感なりは出ていて、「何を今頃」という気分にはなるにせよ、まあ、まったく何もなかったわけでもないのだな、と思った次第。

ラモスなりにやりたいサッカーがあることは、別に試合後のコメントを見なくても分かっていることで、その目指してるもの自体に共感しないわけではないし、個人的には応援したくもある。ただ、ラモス自身にそれが達成できるかどうか、てのは、少なくとも今シーズンを見た限り、誰がどう見たって懐疑的にならざるを得ないのであって、じゃあそこをどう乗り越えるのか、指導者として賢くなれるのか、現実を受け入れ、理想の姿に芯を通すことが出来るのか、と、そこが見たいわけで。
僕は楽観主義者であって、人は進歩し、賢くなるものだと考えている。だからラモスが今年の自分の敗北を謙虚に認め、失敗と向き合って、何が足りなかったのか、周りの意見に耳を傾けて受け入れる事を期待しもする。どの程度期待してるかって言うと、そのつまり、アレだ。分かるな?

補強はそれでも必要だし、改善すべき点も多い中で、何から手をつけるか、どう道筋をつけるか、当然、近日中に発表されるであろう戦力外リストと、恐らく熾烈になるであろう年末年始の契約更改を経て、また難しい現実に直面せねばならんわけですが。

そろそろ寒くなってきて、冬を感じるようになってきます。
今年もあと1試合か。
[PR]
by eixeix | 2006-11-28 02:24 | サッカーとか。
<< 毎年の事とはいえ 寒くなってきました。 >>