寒くなってきました。
シーズンも残り少なくなってきて、色々と部分的に盛り上がってるところもありますが、そーいうのから取り残されている感が身にしみてきますね。

さてヴェルディは鳥栖と。結果は3-2での勝ち。
ただ内容的に勝ってたのは鳥栖の方だなぁ、ということは素直に認めねばならず、かといってヴェルディが勝利に値しなかったかと言われれば、それほどでもなく。
ユンや新居、キム・ユジン、濱田(ベンチスタート)といった「大駒」を欠く鳥栖だったけれども、やはり攻守の切り替えの速さ、奪ってからの連動性と、特にアタッキングサードにおける、ワンタッチ・ツータッチでの素早いパス交換や、積極的な縦への追い越しなど、見所のあるスタイルは健在であって。
多少、フィニッシュに迫力を欠いた部分はあるにせよ、藤田のように存在感を発揮した選手もいて、ヴェルディとしてはやりづらかったなと。最後まで相手の攻撃を十分に押さえ込むことは出来なかったけれども、一方で際どい所での粘り強さや、あきらめない追い足をそれなりに見せたことは収穫としておこうか。
お互いにミスからのカウンターとセットプレーでそれぞれ2得点あげた前半。
前半から「ボランチの距離感が良くないなー。富澤下げて金澤入れたいなー」などと思っていたら、ラモスが2点取られてから「菅原→喜名」のスイッチ。あれ?と思っていたら、後半頭から一柳→金澤。富澤を最終ラインに下げる。これで中盤に運動量と切り替えの早さが出た。途中から出た永井もいい動きを見せて、采配としては当たりの方か。
決勝点は、平本が自陣で相手のミスパスをカット。そのまま約60mをドリブルで独走し、相手DFの間を割って、さらに浮かし気味のシュートでGKをかわしてゴールにねじ込んで見せた。さすがに驚く。
鳥栖はこの1年での素晴らしい成長の跡を見せたゲームで、羨ましさを感じる、というのが率直なところだ。一方で、ひとつのミスに付けこむだけの経験や個人の能力にやや不足を感じたのも事実で、ユンのような経験あるプレイヤーを軸にどう育つか、というのが来年の方針にはなるだろう。
ヴェルディは相手のミスに乗じて、がっつりと個人の力量で勝利を引き寄せた。ムリヤリねじ伏せた、と言うにはやや力感が足りないものの、こういうゲームを散々落としてきたことを考えれば、これはこれで成長といって良いのかも知れない。
ま、来年のことはまた来年考えましょう、みたいなのでは困るのだが。
試合も終了間際になってからマサミチとアベちゃんを発見するも、試合後にあれこれやってるうちに取り逃がす。君たちは撤収が早すぎます。少し余韻とか楽しめ。すいません、今度飲みにいきましょう。

代表その他も雑感。
ユース北朝鮮戦はPKしか見てない。が、キックの質とか体躯とか見てると、差はありそうだな、とそんなことだけで思ってしまったような。
U-21韓国戦も、やはり力の差を見せ付けられつつも、結果としてドローに踏みとどまったのは良かったのか。さすがにメンバー的にきつかった感じは否めない。国立の中国戦では、青山・梶山のボランチセットの素晴らしさが印象に強く、特に青山のポジショニングや気の効いたパスのアングル・捌きに見入る。梶山は、やはりこの年代では特異な存在になりうる。あのボールの持ち方は非常に好みだ。そこ行くと、今回の谷口・細貝のセットはやや魅力に乏しく、組み合わせの難しさもあったのだろうが、Jで出している力を発揮できたといい難い。谷口の運動量、特に縦に出て行くセンスの良さは確かに目に付くが、やはりそれは、周囲との調和で生まれてくるのだろうな、と思った次第。っつっても、前半はちゃんと見てたけど、後半は裏のFOXでHOUSEやってたから、ザッピングというか、ちゃんと見てないんだけども。
A代表サウジ戦も、久々にテレビでちゃんと見た。徐々にチームとしての狙いは出来つつある段階なのかな。ただ、特に前半に、割と安易なミスが散見されたのが気にかかるかな。ポテンシャルを考えると、もう少しできるよな、とは思う。何はともあれ、勝ったことは評価されるべきで、左のアレックス・駒野の組み合わせに怖さが出ると良いなと。加地は代表っぽくなってきたなと。インド戦を見てないので良く分からないんだけど、このあたりがチームとして最低ラインになってくるのかー。どうなんでしょ。巻と我那覇という強さと運動量を兼ね備えたユニットは、この先の見所にはなるだろうけど、日本の標準にはなりうるのかね。もう少し観察してみよう。
[PR]
by eixeix | 2006-11-19 20:53 | サッカーとか。
<< ホーム最終戦 サッカー色々 >>