評価の難しい試合
3-1で湘南に勝ちました。が。

んーーーーーーーーー。という感じ。
まあ、チャンスが作れていたのは確かだし、ルイス、石川、萩村といった辺りがいない中で、結果が出たのは喜ぶべきなんだろうけど、ね。
先制点は大橋のCKが多分に偶発的要素(ミスキック・本人談)でもって直接ゴールインしたわけで、柏戦の後にも書いたけど、「偶発的な要素がないと難しいかな」という部分と重なってしまう。ただ、ボールの動かし方とかは悪くなかったし、それほどまずいボールの失い方もしなかった。前半の評価は、少なくともそう。
ルイスがいないところで、バックラインからの預け所が難しくなったが、むしろ富澤、菅原がボールをシンプルに動かしていたし、少ないタッチでパス交換がされていたから、相手としてはプレスを絞りにくかったのではないか、と思わなくもないのだが。
ただ柏と比較してしまうとな、と。特に接点、ボールホルダーに対するコンタクトの部分で、柏が文字通り「潰しに」来たのと比較すると、湘南が球際でやや「緩かった」と言わざるを得ないのではないのかと。ヴェルディが「楽に」ボールを持って前を向く局面の多さが、このゲームの「質」に対する評価になってしまうんじゃないのか、と思ってしまうわけで。
湘南でも個別にファイトしてくる選手、例えば坂本などは高い位置から積極的にチェイスをかけていきていたし(戸川がボールを持つとやたら狙われていたように思うが)、佐藤のプレーの質の高さは、やはり脅威であると思う。一方で、それが全体に連動していないような印象を受けたのも確かで、パサーとレシーバーとの距離感が良かったヴェルディのパス交換をなかなか寸断できなかったのも、そうした辺りに影響がありそうだな、と思う。
2点目は後半早々、良いタイミングでオーバーラップしてきた富澤のミドル、3点目はゴール前で粘ったシウバの個人技、と、まあ着々とは加点した。湘南・佐藤の精密かつ強烈なプレースキックにずいぶんと肝を冷やす羽目になったが、失点はカウンターからの1点に抑えた、とは言っても、柏の鈴木達也にやられたのとまったく同じような形でやられたのは、さすがにどうにかして欲しいと思ったが。
結局、終盤の10分ぐらいをバタバタと過ごしてしまったのだが、とりあえずは無難に試合をまとめた。喜名と平本を同時に投入したが、平本がきちんとディフェンスに参加せず、ケアに出た喜名が「動きすぎる」ことで、中盤のディフェンスの距離感がやや狂った、という印象は否めない。マルクスがあまり動かないことを前提に、シウバ、廣山、大橋が連動してワイプしてるのと比較すると、こっちの方がバランスが悪い。菅原がいて良かった。
良かったといえば、久しぶりのゲームにも関わらず、藤田が最後まで非常に質の高いプレーをしてくれていた。そこはこの試合での実りの部分と言って良い。
とにかく残りも少ないんで、もう一度、大事な部分を確認しながら続けて欲しいなと。
[PR]
by eixeix | 2006-10-19 00:42 | サッカーとか。
<< 最近のお話まとめて。 そうこうしてるうちに >>