そうこうしてるうちに
柏に1-4で負けました。はい。なんつっても栃木SCに負けるチームですから。

立ち上がりだけを見れば、それほど悪くはなかった。むしろ良かった部類に入る。
非常に緊張感のある、拮抗した序盤戦で、ゲームとしては面白くなるかな?と思っていたのだが。
1点目はともかく、2・3点目が、いつもやられている形というか、カウンターに対する裏のケアが充分でなく、向こうの突進を止められずに押し切られた、という感じ。
思うに、ディエゴが残っていてくれた方がヴェルディにとっては楽で、ユキヒコ投入によって、鈴木達也と佐藤ユキヒコのどちらも捕まえがたくなった。ディエゴがいれば、柏は自然とそこにボールが入るし、拮抗した状態で焦れやすい選手でもあるし。
柏は3バックに加え、両サイドも絞りが早く、サイドにスペースを与えてもらえなかった。中盤ではリカルジーニョを軸に非常に厳しくプレスをかけてきていて、点差が開いたあとのヴェルディは、ほぼ何もさせてもらえなかった。平本の得点シーンのように、相手DFのミスでも出ない限り、ちょっと難しかったのではないか。相手のプレッシングに対して、つなぐだけで精一杯に見えた。イッパイイッパイな感じ。
またカウンターに対して、もっとセーフティにプレーしても良かったように思うが、ひとつにはCKに逃げるのを嫌った、というのもあるのかも。以前、岡山には散々にやられていたし、ゴール近くでのセットプレーを極度に恐れたのか、やや腰砕けのようなディフェンスになった。金澤、菅原の不在で富澤を先発させたのは、高さ対策という面もあったのかも知れないが、結果として彼の腰高なディフェンスという問題が出てしまい、どうしてもルイスと両サイドがリスクをかけて前に出たとき、アンカーを務めるには、些かプレーが軽かった、と言わざるを得ない。
大野復帰は嬉しかったものの、プレーの実効性は今ひとつだったか。しかし永井がラストオプションというのはどうも・・・・。喜名じゃダメだったのかと。
一方で攻撃陣の好調さを考えると、1点ぐらいは取れるだろうと踏んでいたが、マルクスへのマークが厳しく、早々にゲームから消されてしまったことを考えると、やはり偶発的な要素がないと厳しいのかな、と。まぁ、先制点でも取れりゃ違ったのであろうが。
どちらにせよ、柏の思う通りにやられてしまったな、というゲームで、せめてもう少し粘り強く、我慢強く、1点差のまま後半に入るぐらいの心積もりが欲しかったな、と。

その後、珍しくハシゴして等々力まで。川崎Fと甲府のゲームを見に行く。
今年の川崎の試合はほとんど見ていなくて、上位にいるけど内容的にはどーかなーと思ったのだが、予想通り、というより、期待ハズレ感の方が少し。確かに上位にいる理由は良く分かった。ディフェンスの良さは非常に印象が強い。もともとコンタクトに強さのあるブロックであり、ディフェンスの規律、戻りの早さとラインバランス・アプローチ&カバーのバランスが良く、去年よりも徹底、整理されている。先制してからは、それほど高い位置からプレスをかけるわけでもなく、非常にソリッドだ。一方で、攻撃に関してはあまり魅力的なものを感じなかった。甲府の切り替えの早さもあるのだろうが、カウンターとセットプレーに良さが見える、という程度で、また見たいな、と思わせるものはなかった。
甲府について言うと、林健太郎がやばかった(特に頭頂部)。
小気味の良さは健在だが、如何せん、DFとGKそれぞれの致命的なミスが失点に直結した。アタックに関しては、こちらの方が魅力がある。ボールの動かし方然り、縦への意識然り。ただ現実問題として、来年に向けてどうするか、がそろそろ見えてきても良い頃なんだけどなーと。残留は出来そうなのだし、チャレンジする形がもう少しあればな、と。

そんな感じ。
[PR]
by eixeix | 2006-10-15 01:34 | サッカーとか。
<< 評価の難しい試合 話変わって >>