勝ってるときぐらい
なんぞコメントしてやれ、と思ったわけで。

そんなわけでv.s.山形。

毎度思うのであるが、山形はサイドの速さという特長に引き換えて、外国人がトップにいないときは、攻撃に大した迫力はない。そういうときはがっちり引いてくるので、その辺、攻めあぐねるなーというのが前半の感想。まぁ、自分たちのミスで外した場面もあったのだけれど。
実際のところ、前のハーフ2人、久場と大橋が前半から攻守によく走っており、それがチームを楽にしてくれていて、マルクスのアバウトな守備にウンザリしていた当方としては、まあJ2てなそういう戦い方のが良いんだろうな、というのが率直なところ。おかげでゼ・ルイス、金澤にも仕掛けの余裕を与えてくれていたので、あまり前からプレスをかけてこない山形の守備とあいまって、見ているほうはストレスが少なかったが。ボランチ2人があれだけアタッキングエリアまで動いて仕事をできるのは、全体の守備バランスが整っていた証拠だと思う。
久場が後半早々にガス欠になったのは予想通りだったが、ベンチに喜名がいたので、その辺の心配はあまりしなくても良かった。そんなことより廣山にかわって出てきた平本が、ハーフマラソンをこなしてきた後のように重ったるかったのが問題で、点差を考えれば、仕事はまず守備だろうと。最初に一発目でだまし気味に仕掛けたチェイスが成功して気を良くしたのか何なのか知らんが、ボールホルダーへのチェイスが遅かったので、業を煮やしたシウバに後ろから追い抜かれたのは如何なものか。猛省せよ。
途中交代といえば、金澤に代わって入った富澤が、高さや運動量では申し分ないものの、つなぎの場面で状況を考えないパスがあったことが気にかかる。そこはボランチが絶対にやってはいけないことで、試合終盤で点差が少ないことを考えれば、もっと精度の高いプレーが要求されるはず。
廣山の技術、ゲームに対する目配り・気配りが、どうにかチームを支えている。廣山サマサマ、である。ブラジルのローカルリーグ辺りで長くやってた無名のベテランFWのような謎めいた風格がある。そしてインタビューの受け答えが素晴らしい。
ただシウバとの関係性が薄く、もっとこの2人の間でコンビネーションが出てくると相手は怖いだろうが、マルクスがいないことで、シウバの仕掛けに単発の形が多かった印象。
マルクス不在だと、ペナ角あたりでアイデアがないとか、アタッキングサードでのポゼッションが不足とか色々あるにせよ、とにかく大橋が攻守両面において最後まで走りきったことで、ゲームにスジが通った。「スモールプレーヤーの生きる道」である。客観的に見ても、MOMは大橋だろう。最初の直接FKを決めてれば、あるいは文句ナシだったかも知れない。大橋のプレーで目に付いたのは、後ろからのボールに対して、ダイレクト気味に前に叩いて廣山やシウバをスペースに走らせていたこと。この早いリズムは今まであまり見られなかったもので、本人も意識してやっていたのは間違いない。武器にはなりそう。
萩村、戸川がよく集中してラインを高く保っていた。オフサイドも多く取れていた。ただそれは、両サイドのハーフを含めて、全体の守備バランスが良かったことと、両サイドバックの運動量が最後まで落ちなかったことにも助けられたように思う。

きちんと頑張れば、このぐらい粘り強く戦えるのだ、ということを示してくれた事には感謝している。
残り少ないリーグ戦を、とにかくこうして、ひとつひとつ大事に戦って欲しいものだと。
[PR]
by eixeix | 2006-09-24 12:16 | サッカーとか。
<< 必要とされているのは とりあえず、勝ったか。 >>