やれやれと
深夜に帰宅し、水戸戦の結果を知る。うむ。ようやった。
一番怖かったのは、内容よりも連敗してしまうことだったので、とにかく苦しいながらも試合をひっくり返したことを、ポジティブに考えましょう。

富澤が復帰して初ゴールを決めたとのこと。ルイスも取ったし。喜ばしく思います。はい。セットプレーから点を取れた、というのも今後に良い影響が出ることを期待します。
オフィシャルの試合詳細などを眺めていると、やはりサイドからの攻撃に逆サイドのハーフが出て仕事をしているようなので、その辺りは整理されてきたのかなと。
シーズン当初から言っておったところの、富澤と根占をボランチで組ませたいという個人的欲望もとりあえず充足されつつあるようですし。

しかし4バックのセンター2枚を、怪我などの不測の事態なしに2枚とも途中交代させる、というのは、私のそう長くはないサッカー観戦史の中とは言え、ちょっと記憶にございません。はっきり言っちゃえばバクチでしょうが、そういうバクチに勝ったのがラモスらしいと言うべきかも知れません。まともな監督がこんな交代策なぞやれば、「キサマ、レギュラーのザゲイロも決められないでベンチに座ってやがんのかこのクソタワケ」と、あらん限りの罵詈雑言を叩き付けるところですが、ラモスがこの手の根拠薄弱かつ思い付きというより妄想に近い系の交代策を繰り出すことに関しては、すでにあきらめているため、あえて四の五の申しません。当たるも八卦当たらぬも八卦。あの人なりの「勝負勘」に頼ってはいるんでしょうし、その感性にそれなりのロジカルな裏づけがあることも理解はしてますが、そもそも今のチーム状況はそれ以前の問題なわけで。まぁ実際のところ、そういう小賢しい感じがそれほど嫌いなわけでもないんですが。

前節、札幌に勝てなかったことが返す返すも痛いな、というのが今節終了時の順位表を見た際の偽らざる感想ではあります。しかし過去を振り返っても詮無き事ゆえ、次に続けて勝って取り返していくと思うしかないでしょう。

平本が出場停止から戻る代わりに、今度は青葉が出場停止。
人数だけはたくさん抱えているこのクラブの、こういうところが長所なのか短所なのか、答えはシーズン終了後、という感じでしょうか。

そうそう。
アビスパにレンタル中の飯尾が得点を挙げ、決勝点にも絡む活躍だったとのこと。よくやった。
しかし飯尾に佐伯に薮田ですか。いかにも川勝さん好みな雰囲気漂うよな、福岡。
[PR]
by eixeix | 2006-07-30 02:50 | サッカーとか。
<< やばい。 そうだ。 >>