そうだ。
森本のことについても少し。

彼がセリエAに飛び込んで、いきなり活躍できるとは、恐らく(彼自身も含めて)誰も考えていないだろう。留学、という意味合いが強そうなこのレンタル移籍は、クラブとしてどういうメリットがあるのか、と問われると、少々厳しい見方になってしまわざるを得ない。

森本には、確かにポテンシャルがある。高校3年生という基準で考えれば、優れた技術とポジショニングのセンス、ゴールに対する意欲、そして速さと強さを持っている。ただあくまでも、それは高校生という基準であって、プロの質としては、まだまだ不足しているということに過ぎない。
しかし彼に人より優れた点があるとすれば、それはテクニックの部分ではなく、むしろ「日々、飽かずに努力できる」という類稀な才にある。
それゆえに、僕自身は彼に、「違った環境」を与える機会が必要だなと思っていた。彼は10歳の頃からランドの施設しか知らない、文字通りの純粋培養であって、良い環境であれ、悪い環境であれ、彼にとっては「未知の世界」の中で、自分の「努力する才能」をどのように磨くかを試されるのではないかと。温室でしか強化できないプレイヤーは、所詮、外の世界では生きていけない。彼が与えられた環境の中で、工夫し、努力し、周りと競うことで、新しい自分なりのスタイルを見つけ出すことが出来れば、それは彼にとっても、ヴェルディにとっても、ひょっとしたら将来の日本にとっても、少しずつ、良い結果をもたらすかも知れない。

今はただ、後ろを見ずに頑張りなさい。他の人に真似できないような環境に身を置けることを、彼が楽しんでくれることを祈りたいな、と。
[PR]
by eixeix | 2006-07-27 01:08 | サッカーとか。
<< やれやれと ざっくりと >>