何だ。
やればできるじゃん。

というのが、札幌戦の感想。
久しぶりの西が丘。
チケット完売との報だったが、最初からSSを前売・当日とも販売せず、しかし席数だけは規定どおり確保すれば、メインに空きが出るのは道理であって。もう少し柔軟性は欲しいと思うが、とりあえず両ゴール裏とバックスタンドは満席に近い。
芝のコンディションも良し。さすが。
天気が悪いのが残念。強い風と雨がゲームに影響したか。
前半はヴェルディが風上、後半は風下だが、雨脚が弱まるのと同じように風も収まっていったので、その面ではヴェルディにとっては「天の恵み」という感じ。
メンバーとして見ると、右サイドバック廣山と、金澤・根占ドイスボランチ採用による大野の2列目配置。しかもアナイウソン右、大野左という並びは、なかなか秀逸。中に入るアナイウソンがあけたゲートを、ボランチのパスを使って廣山が上手く侵攻してくる場面が見られ、ある種テレビゲーム的というか。ラモスのオーソドックスかつ攻撃的なスタイルを如実に示した。
前半立ち上がりから、札幌はゾーンをコンパクトに出来ていない。球際もタイトさがなく、ヴェルディとしては楽してボールを持てていた、というのが率直なところ。楽にもてれば、つないで作る得意の形でポゼッションでき、結果として序盤から押し込んで、早々にセットプレー絡みから先制点。こぼれ球を大野が強シュートもポスト内側に弾かれるが、これを青葉が押し込む。自身、J初ゴールとのこと。おめでとう。
平本出場停止で、バジーリオが前半から負傷交代。斎藤に代わる。トップにキープ力がなくなる上に、バジーリオ特有の少ないタッチでボールを「流す」プレーがないので、前線の流動性がやや落ちる。その中で飯尾が小さい体でボールをキープし、踏ん張る。ここの我慢が、攻撃に厚みを与えた。斎藤も質の高いランで支える。
札幌は途中から多少盛り返してきたが、攻めに意図が見えず、ディフェンス陣は「個別に対応」すれば充分だったという感じ。チャンスでシュートを外してくれるのは、札幌に限らず、J2中位以下のチームでは普通の光景なのか、と思える。
大野は久しぶりの2列目で生き生きとプレー。開放感を感じる。本人も楽しめたのではないか。金澤、根占がワイパーとして効く。バイタルでの潰しと、前方へのつなぎの質。どちらも良い。
後半、風雨が強まるも、最初から積極的に攻めに出る。立て続けにチャンスを作るも決めきれず、大野、アナイウソンあたりの運動量が落ちてきたところで、ボランチに負荷がかかり始め、札幌に押される展開となる。
ただここを凌ぎつつ我慢していると、最終ラインからのなんでもない縦パスに斎藤が反応。札幌DFに挟まれながらも間を強引に抜け出すと、倒れこみながら右足を一閃。追加点を奪う。やったぜマーティン。こちらもJ初ゴール。東海リーグから来た苦労人、第一歩を記す。
ラモスが手を打って、飯尾→永井、アナイウソン→久場。
明らかに疲れが見えていた大野を、それでも残すところに、監督の意地を見る。
札幌は西谷、中山元気らを投入してきたが、PA付近でのセットプレーを除き、それほど怖さを感じず。
そのままタイムアップ。2-0。快勝。

個別評価としてまず青葉は、守備での実直さを見せた。得点は真面目さのおまけか。粗忽なところもあるが。斎藤は繰り返したランの末に得た実り。継続は力。
廣山のサイドバックはそこそこサマになっている。キープ力と出て行くタイミングの良さに経験を感じる。守備ではやはり本職ではないというか、甘さを見せて裏を取られる場面が目に付き、特に終盤に疲れが出てきたときにはどうか?という感じ。
根占と金澤は良い。ボールへのアプローチと球際での積極性。そして一歩目のパスの質。スタイルが似ている面もあるが、しかしボールをキープしたところでのミスから、札幌にボールを奪われてピンチを作られる場面が両者ともあり。完璧は無理にしても、状況判断には改善の必要か。
いずれにせよ、中盤の構成に、ひとつの答えが出た感じはする。大野、アナイウソンとも運動量があり、守備でも効く。あとはテンションとか含めて、良い状態がどれぐらい続くか、というところ。
疲れてきたときに、久場と斎藤が前線で動いて、後ろを助けている。全体の構成で考えると、大野を途中で下げるようなオプションも考えるべきも・・・、とは感じた。

失礼な言い方かも知れないが、楽勝というのが本音。
組織としての「ちょっとした差」の出た試合ではあるが、「ちょっとした差」があれば、個人の能力で上回れるな、と実感したのも事実。あとはそこをベースに、もっとミスを減らしていかないと。
ここで奢らずに、次を続けることが、もっと大事。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-04-30 22:06 | サッカーとか。
<< ひさかたぶりに これから >>