愛媛~。
横断幕が秀逸だな、みかんの人。友近が見られなかったのが残念。
愛媛とチームに関して言うと、4-4-2の3ラインが整い、球際の寄せが速く、非常にディシプリンのある良いチームだ、という印象。結果としてヴェルディが1-0で勝ったゲームだが、内容に関して言えば、申し訳ないが「技術の差」がフィニッシュの精度の差になってしまったゲームで、例えば愛媛の2トップが力のある外国人選手だったとしたら、まったく違うゲームになっただろう。

ヴェルディついては結果オーライ。以上。他になし。

というのも寂しいので、それなりに個人的感想も少し。
前半、相手ボールキックオフなのに、風下をチョイスしたことが、まず「?」だった。このときから後半勝負だと考えていたのであれば、それは消極的な態度だろう。そこまで考えずに、「普段どおりの位置から」というのなら、それは無責任な態度だろう。結果的に愛媛に足の長いボールを使って押し込まれ、リズムを奪えなかったのだから、現実的にはこのチョイスは誤りだった。苦戦の要素のひとつ。もうひとつはサイド側の芝の荒れを気にしてか、パスを中に寄せてしまったこと。サイドの使い方にまだ答えが見えていない。
初出場の喜名については、とりあえずGood、ぐらいの評価。久しぶりのゲームという要素を考えれば、まずまずといったところではないか。前半、平本に出した左サイド長めのパスは、バウンド時に、急に変な減速をしたように見えた。バックスピン?あれが意図した球質とコースだったのなら、それはセンスとしては面白い。少なくとも平本がファーストモーションの裏への飛び出しを忠実に実行していたら追いつけたボール。金澤ほどのアジリティはないが、金澤よりも体幹に強さがあり、人を背負ったプレーでもキープする力がある。やや迂闊な飛び込みが目立ったが、後ろの戸川、萩村の力を考えれば、受けて下がるよりは無難かも知れない。現状では、金澤と同等ないし、もう少し高いレベルで評価を与えて良い選手だと思った。
斎藤も運動量を発揮して、アシストだけでなく、全体に良い仕事をした。点を取れればなお良いが、現状ではオプションとして及第点だろう。
永井については、「最初の10分でその日の調子が分かる」。今日は最初の5分で「これはいけそう」という感じ。ゲームに「効く」時間は短いものの、キープ力とタメでゲームの流れを変えた。
得点につながったカウンター時、中央に作られたスペースに忽然と現れ、充分に相手DFラインを引き付けてから、ウェーブして右サイドに流れた斎藤に完璧なタイミングでのパス。斎藤がドリブルでのタメから中央に折り返すと、低いボールにきちんと合わせて決勝点。
さすが永井社長。まさに真骨頂。職人芸。なのにちっとも「いぶし銀」じゃない。そこが永井の永井たる所以か。
一方、永井に交代した大橋については、このゲームに関して言うと、何もしていないに等しい。セットプレーという観点でのみ彼をピッチに残すべきだ、というのは単なる過大評価であるし、実際、ゲームの中で機能性を発揮していないのならば、チョイスから外すべきだ。ただ大橋については、もう少し監督側で役割を整理しなければいけない。彼自身がピッチ上で戸惑っているように見える。サイドハーフとしての仕事を全うさせたいなら、逆にボランチに大野を置く必然性が無い。ラモスはそういう状況を判断すべき時期に来ている。
右サイドバック先発の藤田も、それほど悪くなく。ロングスローも踏まえ、柳沢と適度に競争させるべき。左サイド菅原が攻撃で機能することに関しては、まったく期待できないだろう。アナイウソンの負荷が大きくなるところを、大野が運動量で埋めようとするなら、やはり右の大橋の仕事をもっと単純化するか、あるいはFWとの関連性を明確にしなければ。それが出来てないから、無為に左サイドにボールが集まって、本来、開いて形を作りたい右からの攻撃の機能性を減退させている。
得点につながったカウンターの場面では、パス、ラン、意図が全体として上手く作れた。ボールを奪うところまではそこそこ行けているが、そこからの形をどうするか。バジーリオと平本が、サボらずに裏へのムーブに絞って仕事をしてくれるというならまだしも、FWに付けてから全体を押し上げたいなら、中央がもっと良い配球をしなければならない。が、その任を負う大野が、残念ながら機能していないと言わざるを得ない。重ねて言うようになるが、大野と大橋の仕事の役割をもっとシンプルに、明確にして、外国人2人との連携を構築することが重要になるだろう。
あ、平本はさっさと点取れ。あと、終了間際に押し込まれたぐらいでバタバタすんな。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-19 01:38 | サッカーとか。
<< 落穂拾い(笑) 少し遅れて。 >>