少し遅れて。
湘南戦の感想など。

うーん。完敗。向こうの注文通り、という感じでしょうか。
シュートはかまされた2本も含めて、たぶん5~6本だと記憶してますが、こちらはその倍ぐらい打っても、「打たされた」印象が強く。
前半はそこそこボールをつないで崩しにかかれていたけれども、湘南が最後のところでよく集中していたし、それでも我慢してれば向こうが先に根負けするかなー?と思って粘ってたんですが、こちらが先に根負けしてしまった、という感じでしたね。
2失点ともカウンターから。1失点目は中盤の悪いボールの奪われ方から、佐藤に突破を許し、相手のブラジル人(ファビオ?)にダイアゴナルに入られてバックラインを「割られて」しまいましたね。水原が一度はストップしたものの、センターぽっかりで、横山に詰められました。横山にマークにつくはずの金澤が前のほうで痛んでましたんで、あそこはもう「水原お願い!」って状況ですから、仕方ないすね。終了間際の2失点目も玉砕覚悟でCKに人を集めてたところを拾われて縦につながれ、大野のマークミスもあってサイドを振り切られ、またも横山に中央で詰められて、万事休すと。
湘南が非常にコンパクトに中盤を作ってきていて、じゃあどうやって対抗するか、と考えると、そこは早いタイミングでパスをつなぎながら、中盤とFWのポジションチェンジを入れたり、中盤が中にカットインしながらサイドをオーバーラップさせるなり、という手が必要だけれども、選手たちはそこまで頭が回ってない感じだったなぁ。おかげで前は大渋滞、後ろは出し所がなくてプレッシャーかけられて苦しんだ挙句、意味もなく放り込んでくるような状況になり、「こらあかんわ」と。向こうのコンパクトなゾーンが崩れてないのに放り込んでも、セカンドボール拾われてカウンター食らうだけだろうに。
永井投入も、渋滞がひどくなっただけで、飯尾は何とか開いて受けようとしてもボールが出てこない始末。デジマールにもボールがまわらなかったし。暑さや疲労が若干は影響したかも知れませんが、その程度で終盤に止まるようでは、この先戦えないだろうと。
コンビネーションの問題はあるんでしょうけれど、やっぱり大野を中盤の底で使うのは無理があるな、と率直に思うわけで、あとは本人がどういう風に自分の位置を考えていくかと。大橋もセットプレーはともかく、流れの中ではあまり効いていないし。
あとはアナイウソンが周囲と連携やコミュニケーションがまだ取れてないのが見えますね。ここはもう少し我慢して改善するのを待ったほうが良さそう。バジーリオも、どうもアナイウソンが出てると、そちらばかり見てる感じがします。
そうやって見てると、攻撃面の問題が守備陣を圧迫するという典型例のような試合で、一歩進んで考えると、やはりサイドバックの質の低下が、状況を悪化させてる気がするなあ、と。
いずれにせよ、中盤の役割や戦術の整理はもう少し必要でしょうね。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-14 01:08 | サッカーとか。
<< 愛媛~。 ACL初戦 >>