ACL初戦
蔚山現代と国立にて。0-2で敗戦。

蔚山はお世辞にも良い出来ではなく、評価としては微妙なところ。
ヴェルディの出来も「それなりに良く頑張った」というレベルか。
前半はそれでもまずまず。立ち上がりに不安定なラインの裏を突かれて危険な場面を作られたが、それ以降はどうにか立て直したか。後半はさすがに地力の差というか、ディフェンスのミスという問題はあるにせよ、力押しに負けた、というのが事実ではないか。競った試合内容だっただけに、むしろ力の差が出てしまったかなあ、と。蔚山の方がパワーでもスピードでも上回っており、抑えきれなかった印象。

やっぱりボランチゾーンは問題かなぁ。大野が低い位置の時に見せる「はっきりしない」感じがどうも引っかかる。スピードがないという問題点が、DFラインに近い位置だと余計に顕著になる気がするし。金澤もプレッシャーを掛けられた時のバタバタ感が今ひとつ気に入らない。2人とも、もっと瞬間的な判断を早めてリスクを減らすようにした方が。どうせならデジマールも見たかったのだが。
右の柳沢が非常に良くないところを見せ、何だか自信がないようなプレーに終始。あれ?という感じ。菅原が少なくともディフェンスでは本領発揮していた(しかしポジショニングとかボール際に入るセンスはあるな、相変わらず)のと比べると、どうもね。センターの2人は立派なもんだ。DFの熟成が早いとこ進むのを希望する。
アナイウソンは攻撃より、むしろ守備面で意外とボールの奪い方が上手いなと、妙に感心した。体が小さくてもブラジルのトップでやれてただけのことはある。バジーリオはいつもどおり。廣山も久々だったが、こちらもキープ力でチームを助けた。蔚山のDFは、明らかに飛び込みづらい雰囲気だったしな、立ち方とか。ただ一時期よりだいぶスピードが落ちてないか?そこは気がかり。
斎藤は、ひとまずお疲れさん。運動量の豊富さ、動きなおしの意識の高さには見るべきものがあったが、点を取ってないので、今のところそれ以上の評価は難しい。技術的にも少し精度に疑問符がつくが、まあそこはいずれどうにかなるだろう。
大橋と平本を敢えて温存し、飯尾もそれほど使わなかったところを見ると、ラモスとしても「まあ、こんなもんだろ」という感想か。

ただなぁ、カウンターでしかチャンスを作れてないのに、カウンターで決めれないんじゃ、この先苦労するぞ、と。そういうのがまとめ。

蔚山もこれで全力というわけではなかろうし、やはりチーム全体として、パワー、スピード、強さとかそういうレベルのところで差がついてるのは確かだなぁ。

オフィシャル試合詳細
[PR]
by eixeix | 2006-03-10 00:32 | サッカーとか。
<< 少し遅れて。 開幕戦 >>