開幕戦
ちゃんと見に行きました。4-1で勝利。ひとまず結果はOK。
チームの仕上がりを云々というより、これだけ寄せ集めだと未完成なのは承知の上で、じゃあ現段階でどこまで出来るか、J2中位レベルチーム相手だと、どこが通用してどこが問題なのか、その辺を知ろうというような感じで見てました。

前半は「だめだこりゃ」という感じ。球際での厳しさに欠け、相手のプレスに慌ててミスを繰り返し、ボールを丁寧に扱えず、ランの量も質も足りない、と。選手のコメントなど見ると、よほど過緊張だったのかも知れないが、パスはつながらない、競り合いには勝てない。ボールキープをしっかり出来ないとナイナイづくし。
一方の徳島、非常に出足が早く、プレスへの集散、ボールを奪っての切り替えとも、ヴェルディを圧倒。あまりに早い上、一見して必要のなさそうなエリアまで追い込んでくるので、「こいつら、90分もこれをやる気か?」と信じそうになった。徳島のアタックはいたってシンプルで、まずボールを奪ったら羽地を見る。羽地にあてられるようだったらハイボールを付けてくるし、それが無理ならアタックに切り替えた時に必ず動き出しているサイドハーフに対してボールを出してくるか、ハーフの前が抑えられていれば玉乃が動いて受けにいってる。そこでタメを作れれば、もうひとつ後ろからオーバーラップが入る。技術的にはともかく、リズムというか、テンポが良い。オーソドックスな分、単調とも言えるが。
玉乃がPKもらいに行って、シミュレーション取られたシーンは苦笑い。桜井だったら、相手が手を出してきたのを利用して、もう一歩中に踏み込むか、カットインして内側に切れ込んでいったはず。慌てる乞食は貰いが少ない。ペネトレイトしてきたなら、相手よりも前に踏み込む勇気が必要。修行が足らん。
結局、セットプレーから羽地にヘッドで叩かれ、水原がファンブルして得点。そこからもリズムが作れない。難しいなーと思ってみていた。特にボランチ2人の出来が良くない。金澤はプレッシャーのかかったところで細かいミスが多く、リズムを作れない。大野は守備に意識がいった分、最終ライン近くでプレーするような状況になってしまい、攻撃にほとんど関与できない。つなぎに入るはずの永井にいたっては、ピッチ上で存在を見つけることすら難しいような様子。さらに両サイドバックにミスが多く、で、当然のように2トップが孤立する。
ただ平本が途中、ドリブルから目の覚めるような、強烈なミドルを放ち、徳島の守備を少し慌てさせた。そこからちょっとリズムが取り返せたようで、前半終了間際に、右サイドFKから、ファーで萩村が合わせ、何とか同点に追いつく。

後半、永井社長を下げてアナイウソン投入。ていうか、最初からそうやってろ。
アナイウソンのポジショニングは抜群。小柄な体格に似合わず懐が深く、ボールを収める技術、パスのセンス、スピードとも申し分なし。今の中盤構成を考えると、大変ありがたい存在になりそう。そのアナイウソンが後半8分、平本の落しに反応してラインの裏へ。やはり一歩踏み込みが勝る。ファウルでPK獲得。これをバジーリオが決めて逆転に成功。後半早々から主導権を握ると、あとはほとんど、自分たちのペースで出来ていたのではないか。アナイウソンが入ったことで、中盤にひとつタメが出来るようになったことと、そのため下がり目の位置からから大野が前に出られるようになり(恐らく監督の指示も含めて意識的に)、アタッキングエリアを上手く使えるようになった。ディフェンスゾーンを充分にコンパクトにするところまではいかなかったものの、ある程度押し上げが出来るようになったことで、両サイドのポジション取りが高くなり、徳島のサイド攻撃をようやく少し押し返した、という感じ。3点目はバジーリオのキープからファウルを受けて、大橋の直接FK。「一番得意な角度だよな」と見ていたが、いや、見事見事。これで勝負あり、の感。徳島の足が止まった。ヴェルディも緊張していたが、どうやら徳島も入れ込み過ぎの部分があったようだ。4点目もペナルティエリア横右サイドからのFK。大橋のキックにニアに滑り込んだバジーリオがヘッドで合わせ、とどめを刺す。やはりヘディングはポジション取りとタイミングと勇気だ。
セットプレーからのみの得点だが、ともかく4得点を挙げて開幕戦の勝利を飾った。
選手個別の印象を幾つか。
水原は久々の先発。DFへの指示はともかく、まずキックのミスが多く、ボールの質にも問題があった。ここは高木と比べて劣る点であるのは分かっているのだが、もう少しどうにかしてもらわないと。飛び出しの判断、パンチングの判断も含めて物足りない内容。萩村はOK。得点の場面もそうだが、高さの面で心強い。ただ失点の場面の反省は必要。戸川はサイドに引っ張られる時に慌てる傾向あり。冷静に。それからセンターバックの2人はフィードの質をもっと改善してもらわないと戦えない。戸川は毎日、左足のフィードを自覚して練習すべき。
柳沢は前半、片岡への対処に忙殺されるも、後半は多少盛り返す。技術の精度には課題。藤田はやはり、判断が遅い。後ろからのボールに対して仕掛けていくのであれば、前への突破と、中に入ってのミドルという選択肢をきっちりと仕分けして、もっと早いタイミングでプレーチョイスすべき。しかし小柄ながらパワーを感じる。何気にロングスローも良い。金澤は前半少しミスが目立ったものの、後半は落ち着いてさばいた。守備の軽さが気になるが。大野はもっとやれる。チームを引っ張るプレーが特に後半は出てきたので、後はチーム作りの過程で、彼がどうチームの軸になるか。大橋は予想以上。3得点に絡んだこともそうだが、小柄ながら非常に質の高いボールを蹴る。ハートのあるプレーもできる。今後が楽しみだ。平本は、まあこんなもんだろ。早く点取れ。バジーリオの冷静さと献身、老獪さがチームを救った。アナイウソンも充分な働きだった。ああ、永井社長の評価は点を取ったときだけやろう。まあそんな感じか。

内容が悪かっただけに、点を取って勝てたことには大きな価値がある。
個人の部分で少し上回っていたのが結果につながった、という感がある分、もう一歩組織のステップを上げる必要が出てくる。
大橋、大野、バジーリオ、アナイウソンといった辺りが、攻撃面である程度機能することが確認できたのは収穫。グループとしての質はもっと上げていかないといけないが、少なくとも悲観的になる必要はなさそう。
ディフェンス面では、もう少しボランチとバックライン、サイドバックの関係を明確にして、コンパクトに守るのであれば、自分たちの守備エリアにもう少し責任を持たせないと。そこらへんが改善されてくれば、好守の切り替えにももっと早さが出てくるだろうなと。

オフィシャル試合詳細
試合詳細は良いのだが、スライドショーのスクリプト、なんか間違ってるぞ。Javascript埋め込んだAタグに[target="_blank"]を入れると、別ウインドウがもう一個開いちゃうぞ。直しといた方が良いと思うぞ。
[PR]
by eixeix | 2006-03-05 23:43 | サッカーとか。
<< ACL初戦 働く働く >>