降格、ですか。
久しぶりのエントリーがこういう内容なのも、切ない話ですがね。

このところ、土日に仕事が入ることが増えてしまい、この日も柏へは行けませんでした。クラブの歴史的転換点に立ち会えなかった、という思いはあり、負けた悔しさよりも、そこに居られなかったことの方が辛い感じです。

試合の結果については、言うべくこともなく。こういう結果が、あるいは必然だったのかと思わずにはいられないのだけれども、要するに、余力がなかったのだろうな、と思ったりします。

色々な物が足りないのだと。チームとしても、クラブとしても、あるいはサポーターとしても。そういう現実を、もう一度見直さなければいかんのだろうと。ポジティブに考えることは難しいだろうけれど、「再び」ではなく、「新たに」という気持ちが必要なのだろうと。そういう風に捉えてみたり。

なかなか、頭の整理をするのが難しいところですが、来年に向けて、目的意識だとか、目標設定だとか、その辺を明確にして(と言っても「1年でJ1復帰!」とか、茫漠としたものではなく。それはあくまでも結果であろうと)、クラブとサポーターが取り組んでいかねばならんのでしょう。

人生と一緒で、勝つことも負けることもある。
負けることを恐れる必要はないけれど、負けたときに得るものがないと、人間は同じ事を繰り返す。負け慣れてしまう。それが怖い。

たくさん、たくさん、考えることはある。
ただJ2に落ちたからといって、死ぬわけでもなければ、サッカーが奪われるわけでもない。
僕らにはまだ、応援できるチームがある。

さあ、今日もこれから仕事です。
生活は続くのです。
昨日のことは昨日のこと。来年のことは、来年のこと。
毎日が大切で、継続して変えていくしかないんですよ。
「劇的な何か」を期待するのは、その向こう側なのだからね。
[PR]
by eixeix | 2005-11-27 10:04 | サッカーとか。
<< ラモス就任と、その他もろもろ。 重い。 >>